ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』3日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』3日目
『汝は人狼なりや?鬼だけど 第5ゲーム』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目



独身貴族 皇ギ
今日は誰の死体も出てないわ。現在12人」


弱い方のメガネ 白威
「……! 2回目の死体なしです! 各自、狩人透けに気を付けてください!」

村のインテリ 宣水
「遺言投票の通り、弥風を占った。『狼』だ

チンピラ 東雲
「宣水様度胸すげえ!!! 呪殺対応を自分で縛った上に、弥風様に黒出しかよ!!
キツネ狙いで斎観さん占って『人』です!

原宿ロール 右近
「狂人か背徳者の『弥風を噛み合わせてくれ』っていうメッセージで、失敗したから『遺言だった』ってことにしたんじゃないの?
豪礼占って『人』よ

中間管理職 刹那
「いや、弥風は人だとしても噛みにくいだろ。此紀が護衛……少なくともエア護衛をしている。
とことん『偽者ならデメリットしか発生しない行動』を続けているので、宣水はきわめて真目だ。……連日で死体なしということは、狼はそろそろキツネを把握したかな」

サブカル青年 西帝
「……沙羅さん『狼』でした

ドクター 此紀
「…………」

弱い方のメガネ 白威
「すみません、胃薬を飲んできてもよろしいでしょうか?

お嬢様 蘭香
「フエエエーーーーン」

荒くれもの 豪礼
「…………。……」

美女 万羽
「整理すると、東雲が2黒判明。
宣水が1、西帝が真なら2黒判明。
右近はまだ0、西帝が真なら1黒判明ね。
占い初日なら、西帝は真確定だから1黒死確定。

狩人保護したいから、仕事が半分くらい終わってる東雲を吊ってもいいと思うわよ。ローラーしきっても2縄残るし、2死体なし出てるから告発あるかも知れないし、GJ出たらもう1縄増えるから」

楽天家だったためしがない 弥風
「手順としては、東雲吊りからの宣水吊りで、この間に右近に呪殺を出させるのがいいんじゃないか。出せなきゃ、東雲真でいいだろ。ここで右近吊り。
残り2縄で狼1。東雲が白出した斎観以外からキツネ候補を吊って、最終日に宣水を吊る。

沙羅が狼なら、残りは2狼1キツネ。
沙羅が白なら、3狼1キツネ。
『背徳初日で、克己がキツネ』って線は置いておく。そうだったとしても考える価値はない。

3縄が占い師ローラーで埋まるとして、あと2縄。
沙羅が白ならたぶん西帝は狂人で、東雲か宣水が狼だろ。ローラー終了時点での損得計算は合う」

お嬢様 蘭香
「占い師ローラーを行うと……『克己様・沙羅さん・東雲さん・宣水様・右近様』の5名の中に、最低でも1狼がいないと、6日目に『狼3:人3』で敗北してしまいますが……」

楽天家だったためしがない 弥風
「あ? そのレベルで計算ができてないのか? そのケースはほぼないだろ。ギリギリあるとして右近真だから、一番長生きさせろと言ってる」

お嬢様 蘭香
「フエエエーーーン」

中間管理職 刹那
「……泣かせるな。蘭香はまだ5戦目のプレイヤーなのだから、村視点で喋ってやれ。

説明する。
まず沙羅が狼ならば、この時点で『5名の中に最低でも1狼』をクリアしている。

沙羅が白ならば、黒判定を出した西帝と東雲が人外確定。
この前提で説明する。

宣水真の場合。右近も人外確定。
前記5名の中に狼はいないという設定のため、『西帝・東雲・右近』の中身が『狂人背徳者キツネのいずれか』で確定。
狼は『黒判定の弥風+豪礼or斎観or万羽or俺』で3名。
村視点、このケース自体はありえるのだが、黒判定を食らった弥風視点ではそもそも『宣水真』が存在しない。

次に右近真の場合。
同じく『西帝・東雲・宣水』が『非狼の人外』という前提で、さらに占い判定から、狼は『弥風or斎観or万羽or俺』の中に3名で確定。
これもまあ、無くもないのだが。キツネ陣営と狂人がめっちゃ頑張っていて、狼は3潜伏ということになるな。

また占い初日の場合。
占い師3名は全員偽。沙羅が白という前提により、西帝も偽になってしまう。万が一の真霊潜伏としても、この時点で騙り4名。『非狼の人外』の数をオーバーするため、『前記5名の中に狼なし』ということはありえない」

酔っ払い 斎観
「ギリギリです。ギリギリわかります」

原宿ロール 右近
「ぼんやりとしかわからん」

楽天家だったためしがない 弥風
「はっきりわかれよそこは。
……『克己・沙羅・東雲・宣水・右近』の5人に2狼、もしくは1狼1キツネがいないと、呪殺が出ない限りはローラーすると縄が足りないが、まあ占い師は狼入りだろ。
2死体なしってことは、狩人が1GJは出したんだろ。占い師も呪殺を出せ。ついでに占い初日なら、確実に縄は足りてる」

お嬢様 蘭香
「う……占い初日の方が有利? なのですか? ……???」

楽天家だったためしがない 弥風
「その場合、占い師は全員人外なんだから、ローラーした方がいいに決まってるだろ」

弱い方のメガネ 白威
「す、少し補足します……。占い初日なら。つまり西帝君は真霊能者なので、沙羅さんが黒確定。
そして占い師が『狂人背徳者キツネ』の中から3名なので……『2狼か、1狼1キツネ』をクリアしていますね」

サブカル青年 西帝
Exactly(そのとおりでございます)。『占い初日なら、俺が真霊能者で、沙羅さんは狼』。この周知はお願いします」

楽天家だったためしがない 弥風
「話を進めるというか、戻すぞ。狩人保護のためにも、占いローラーをすべきだろうな。西帝が狂人かつ、偶数進行のまま生存すれば、最終日がRPPになるが、もう1GJ出れば回避できる。2死体なしから『狩人が欠けてない』と証明されたのは大きい」

村のインテリ 宣水
「狼のわりに、妥当な進行を提案してくるじゃねえか。言っておくが、俺は予告占いを続ける。右近が呪殺対応をしてきても、信用度の差は明白だろう。つまり俺が呪殺に成功すれば、お前は助からない」

楽天家だったためしがない 弥風
「偽占い師のお前には呪殺は出せない。……東雲も言ったが、度胸があるな。よくまあ、自分で呪殺対応を封じてきたもんだ。破綻を恐れないってことは、狼か背徳者だろ。

狂人なら、『対抗に狼不在』のケースに備える必要がある。この場合、東雲の偽は見えてるが、東雲がキツネなら、信用を持って行かれるのは厄介だ。
同じく東雲が背徳者なら、呪殺に対応できなかった時点で、右近が真確定する。狂人ならこの2ケースに対応するべきだ。
宣水自身がキツネ陣営なら、呪殺が出た時点で死ぬから、破綻も何もないが。宣水がキツネってのは、出方からして薄い」

ドクター 此紀
「……占い師3人で残り5縄。克己と沙羅が白なら、呪殺で占い師が死なないと占い師吊りきりは難しいわね」

酔っ払い 斎観
「ええと、それで占い師を吊りきって呪殺が出ないと……?」

ドクター 此紀
「沙羅が白なら、西帝は偽者。ここまではいいわね?
西帝が偽者ならまず狂人。
『背徳者ならろくでなし』っていうのは、きのう豪礼が丁寧に説明したし、『西帝が狼やキツネの場合は残すと勝てない』っていうことをそもそも言いたいから、まずは『西帝=狂人』の前提で行くわよ。

狂人が霊に出てるから、占い師の内訳は『狼2騙り』や『キツネ陣営2騙り』でない限り、『背徳者』か『キツネ』」

お嬢様 蘭香
「? 2騙りは切るのですか?」

ドクター 此紀
「せやから『占い師吊り切り』前提やさかいに、狼2騙りなら嬉しいだけやんけ。キツネ陣営2騙りやと話がちゃうけど、ほんなら今から説明したるから待っとれや。

……コホン。続けるわよ。

占い師が『背徳者』なら。
ローラー完遂後……6日目夜にキツネが吊れたとしても、7日目が4人で『狼狼狂:人』で狼勝利。西帝が襲撃されていたとしても、『狼2人2』で勝敗は変わりなしよ。
6日目夜に狼を先吊りできたとしても、結局は『+(狂人or)+キツネ』で、誰を吊ろうが、村は負けよ。

キツネ』なら。
桐生か克己か沙羅、もしくはこの先に襲撃されるのが背徳者じゃない限り、後追いによって奇数になってるから、6日目に『狼狼狂人人』のPPになるわ。
『もう背徳者は死んでるだろう』とか、『狼が背徳者を襲撃するかもしれない』とか、『狼が西帝をキツネ警戒で噛むかも』とか、そんな楽観視はできないでしょ。

ちなみに、キツネ陣営2騙りで『背徳者キツネ』なら、6日目の6人が『狼狼狼狂人人』で、やっぱり負けてるわ」

村のインテリ 宣水
「キツネ占い師を一番手で吊れたら、一応は行けなくもないな」

ドクター 此紀
「『行けなくもない』ってだけで、まず行けないでしょ。

キツネを一番手で吊れたら、背徳後追い死からの8人で『狼狼狼狂占人人人』。
占いによって、グレー1人の白黒がわかってるから、そこが黒なら村4人でそこを吊りに行く。白引きなら推理を頑張るしかないわね。
けど黒引けた場合でも、村視点では『占い初日』と『霊能初日』の可能性が等しいのが厄介よね。

対して、沙羅に黒出した時点で、狼には西帝偽が見えてる。そしてキツネ死亡確定。狼からは『西帝狂人』が確定。よって『霊能初日』だから残った占い師が真ってことが見えてる。
占い師が白引いたら、狼陣営4人は黙ってそこにブッ込めばいい。
黒引いたら、まあ狼が出て『我らが狂人~、吊り先はアイツにしようぜ~』つって人を指定すりゃいいわ。黙って占い師に投票してもいいんだけど、『狩人の可能性がある人』吊った方がいいから。

この時点でもう圧倒的に村不利なんだけど、それでも『残った占い師を信じて、なおかつ占いで黒が引けた』というラッキーがあったとしましょうか。ここで『:4』のRPP。
これに村が負ければ即敗北。勝てば翌日『狼狼狂占人人』でRPP継続(GJ出たら狼は負けるから、占い師じゃなくて狩人候補を噛む)。2連勝で『狼狂占人』。3連勝でやっと村勝利。

勝率は50%→25%→12%で、88%負けるわね。
『占い師が黒引ける確率』まで遡ると、6分の3だから、50%→25%→12%→6%で94%負けよ」

村のインテリ 宣水
「その確率計算は妥当じゃねえと思うが。占い師が黒を引き、最初のRPPに勝った時点で狩人が生存していてGJが出れば、投票によって狼が全露呈しているため村勝利が決まる。
2死体なしによって狩人欠けはなく、ローラー進行により、『昨日がGJ、今日がキツネ噛み、沙羅が狩人』のケースを除いて、狩人が死亡する機会は、キツネ吊りの日の襲撃1回のみだ」

ドクター 此紀
「……まあそうだけど、『今の時点でその希望にすがるのはダメでしょ』って意味よ。あらゆるケアを考える段階ってこと。
長くなったけど、どのケースでも結論はひとつ。
占い師の内訳が『狼2騙り』でない限り、霊能初日の可能性を考えるなら、占い師を吊り切るのは危険。
西帝が狂人でも上記の通り。西帝が狼やキツネなら、残すともちろん勝てない」

中間管理職 刹那
「GJが出ない場合。確率論で言うなら、『占い師から一番手でキツネを吊れる確率』からスタートすると、33%→16%→8%→4%→2%だな。98%負けだ」

楽天家だったためしがない 弥風
『霊能初日をケアするなら占いローラーはできない』の一言でいいだろ。なんでそう長々と喋れるんだ。ちなみにそれに対する回答として、僕は『東雲真なら狩人もう1GJ出せ』、『右近真なら呪殺出せ』と言った。
初日役欠けがありうる時点で、安全策はない。『占いローラー』と『霊ケア』の二者択一ってだけだろ」

酔っ払い 斎観
「すみません……。説明していただいても、8割くらいしかわかってない気がします……」

原宿ロール 右近
8割わかってるのすごくね?

美女 万羽
「弥風の説なんだけどさあ。沙羅が白で、西帝が狂人で、右近が真で、東雲が背徳者、宣水が狼だとするじゃん。これだと右近が呪殺出して、5日目が7人よね。『狼狼狂占人人人』で。『宣水を吊った次の日』に呪殺が出たら、そりゃ右近真確定だけど。
呪殺出るのが明日なら、『右近と宣水のどっちが呪殺出したか』はわかんないでしょ。そしたら『9人4縄』で、結局右近と宣水吊って、5人の時点で『狼狼狂人人』でPPでしょ」

楽天家だったためしがない 弥風
「呪殺が出たら『東雲真』と『占い初日』が切れて、自動的に『右近真』になる。9人4縄。右近は吊らない。右近の白判定が2つ生きてるから、残りグレー3。縄はむしろ余ってる

中間管理職 刹那
「いやそりゃお前視点ではそうだろうが」

楽天家だったためしがない 弥風
「宣水は呪殺対応を縛ってくれるそうだ。右近は他を占って呪殺出せばいいだろ。宣水が背徳者なら、そうさせるために『予告』と称してキツネを囲ってるんだろうが、『宣水が背徳者』の場合、そもそも万羽の指摘は無効になる。呪殺が出た時点で宣水が死んでる。

8人3縄、右近が白出してる此紀と豪礼が確定白。僕を入れてもグレーは4人。次の日のRPPを回避したいなら、西帝を吊りゃいいんだよ。翌日が6人2縄2狼。右近が襲撃されてなきゃグレー3人。3分の2を外すな。右近が襲撃されてても4分の2。外すな」

村のインテリ 宣水
「はっはっは。面白いほど妥当だ。狼とは思えねえな。『呪殺は隠れうる』ってのを考慮してねえ点を除けば」

楽天家だったためしがない 弥風
右近が真、お前が狼、東雲が背徳者とする。右近が呪殺を出して、襲撃かGJが重なる。10人4縄。お前と右近を吊って6人、『狼狼狂人人人』のRPP。だがそんなもん仕方ないだろ。
そもそも僕は西帝真で見てる。よって沙羅が狼で、このケースならローラー終了時点で2狼死亡だ。グダグダと『西帝狂人』のケースを話さなきゃならないのが、そもそも本意じゃない」

荒くれもの 豪礼
「…………同意しないわけでもない」

サブカル青年 西帝
「俺視点でも、そのテーマで話を続けられるのは不本意です。そもそも、きのう『霊判定を見るため』で沙羅さん吊っておいて、霊能初日のケアってのは悪手でしょう」

荒くれもの 豪礼
「……霊能初日のケアを考える。ただし、占い初日は切る。……少なくとも、此紀はそういうつもりで喋っていると思うが」

ドクター 此紀
「あら、意外にちゃんと伝わってるわね。そうよ。3COの占い師とは心中できるけど、1COの霊能者についてはケアを考える必要があると思ってるわ。呪殺が出ない場合、『3人目の占い師と西帝のラン』くらいは想定する価値があるんじゃないかしら」

美女 万羽
「そのへんがバランスよね。……弥風の予想だと、占い師の内訳は『背徳者』あたりよね?」

楽天家だったためしがない 弥風
「君が言いたいことはわかる。狂人が欠けた率と、霊能が欠けた率は等しいってことだろ。単に狂人潜伏中ってこともあるだろうし、占い師は『狂人背徳者』かもしれないが。この場合は右近真確定だな」

弱い方のメガネ 白威
「すみません……進行方針を決定する自信がありません。各自、占い師の内訳、グレーの内訳、吊り順の提案をお願いします」

お嬢様 蘭香
「共有、空気です……」

楽天家だったためしがない 弥風
「進行は前述だ。宣水は狼か背徳者濃厚、比較するなら背徳者寄りか。よって宣水に黒判定を出してる東雲が落ちて、右近真濃厚。
西帝は偽者なら狂人だろう。僕は沙羅を狼で見てる。そこから勘案しても、東雲は狼とキツネの確率が比較的高いか。占い初日は本命視してない。
僕視点ではもちろん宣水を先吊りすべきだが、村視点では2黒出してる東雲からがいいんだろ」

村のインテリ 宣水
「昨日の吊られ際からして、やはり沙羅は『吊られるつもりだった狼』だろう。西帝の真贋を見る試金石となるための。西帝の真贋に合わせて、残った狼が動き方を変えられる」

お嬢様 蘭香
「真贋を見る、という論旨ですから、前提としてもちろん『西帝さん非狼』ですわよね? 西帝さんが偽者でも、沙羅さんの判定を黒で出せば、狼視点での真贋は不明ですが……」

村のインテリ 宣水
「まず、西帝がキツネという可能性はそもそも薄い。運よく『霊能初日』でないと、ほぼローラー発生で生き残れない。西帝はこの狭い目に賭けてくるタイプじゃねえだろう。

西帝が背徳者なら、東雲とラインを繋ぐ意味がない。
キツネにとって第一の敵は『真占い師』、第二の敵は『真を乗っ取った狼狂占い師』だからだ。前者には占われて呪殺され、後者には黒を出されて吊られる。
真占い師とも、狼陣営の占い師とも、背徳者はラインを繋がない。

沙羅の判定出しの時点で、西帝は1CO。占い師よりも力が強い。敵陣営の占い師を切るべきだ。
よって西帝が背徳者なら、それは『東雲がキツネ』ということになるが、これは俺が東雲を占って呪殺されていないため否定される。

西帝が狂人でも、やはり正体不明の東雲とのラインは切るべきだろう。『東雲がキツネだった場合、東雲の信用を下げる』ために。
これは刹那も昨日説明してたが、狂人としての安定行動だ。1COの霊能者が、キツネ占い師の信用を上げると、狼は確実に不利になる。対して、狼占い師を切ってしまっても、自分さえ真霊能を乗っ取れば、狼を救うことができる」

荒くれもの 豪礼
「……本線推理は『西帝真』『沙羅狼』ということだな。……対抗のことはどう見ている?」

村のインテリ 宣水
東雲を背徳者。全白判定から、右近のことは狂人で見てるが、ここは逆かも知れんな。
狼は沙羅と弥風、『豪礼・刹那・万羽・斎観』にLW。キツネもこの中にいることになる。

まず東雲を吊る。これは『村視点でも仕事終了度が高いため』 『俺と右近の護衛率を上げるため』。右近は偽者だが、それでも噛まれない方がいい。右近が背徳者なら、呪殺が出た時点で後追い死し、全視点でほぼ偽確定するためだ。

東雲吊りの目的には『東雲が狂人だった場合のRPPケア』も含まれる。
東雲が狂人である場合、呪殺と後追い死が発生すれば、あと2回のうちに処刑しておかないと、生存者6人で『狂狼狼人人人』となり、RPPが発生しうる。前にも言ったように、狼がそれを行なうかどうかは不明だが、もちろんその盤面を避けるに越したことはない。

これは右近にも適用でき、さらに右近には狼の可能性もある。
『東雲が狂人・右近が狼』で、右近も弥風も吊らず、背徳者生存で俺が呪殺を出すと、後追い死が発生。6日目4人で『狼2(右近+弥風):人2』の即敗北になってしまうため、3手のうちに必ず吊らなければいけない。

呪殺が出なかったとして、同じ進行で問題ない。5日目夜までに右近を吊って残り2縄。
占い圧迫によってすでに確定しているキツネ(すでにキツネを処刑できている場合は『最後のキツネ容疑者』)を6日目に吊り、最後の縄で弥風を吊ってフィニッシュになる。

計算で言うなら、俺をローラーしないでくれる場合は、対抗吊りにも一手の余裕がある。しかし狩人保護の意味でも、ここは占い師吊りに入るべきだ。
対抗に狼不在である可能性を考えると、つうかそれを本線予想にしてるんだが、ローラー容認はできねえな。ローラーの順番を最後に回してくれりゃ、あと2回占えるが、キツネがこれを4分の2で避けると、6日目、キツネを吊った時点で狼に負ける」

中間管理職 刹那
「……ええと。確かにお前を吊らない進行なら、6日目夜までにキツネを処分できるな。呪殺が隠れなければ。というか、隠れても別にいいのだが。そこまでお前が生きているかどうかはわからんが、東雲からの黒だから、まあ噛まれないか」

美女 万羽
「グレー4人。キツネ処理日までに占い3回、1回吊りだから、きっちり足りてるわね。ただし『西帝=キツネ』の場合だけは負けるけど?」

村のインテリ 宣水
「前述のように、切れると考えてる。『霊能初日』『キツネ自殺の覚悟』の両方が噛み合わなければ成立しない事態だからだ。これを本命視するやつは、混乱狙いのキツネ陣営か狂人くらいだろ。ケアを考えるなら、占い師のローラー分1縄を西帝にあてるって手もあるが、俺は推奨しねえな」

楽天家だったためしがない 弥風
「……。……宣水の援護先には気を付ける必要があるな。対抗の右近、東雲と、白打ち先の此紀だけはキツネじゃない。背徳者が初っ端からキツネに白打つのは馬鹿の行動だからだ。あとの全員がキツネ候補だな。西帝については僕も切るが」

ドクター 此紀
「……宣水の言い方は、背徳者なら……『霊能初日で、西帝がキツネだったら村は負ける。西帝がキツネの可能性を考えるべきだ』って、バカには見えない言葉で言ってるわね」

楽天家だったためしがない 弥風
「そうだ。まさしく自分で言ってる『混乱狙いのキツネ陣営』だろ」

荒くれもの 豪礼
「……右近視点。西帝をどう見ている?」

原宿ロール 右近
「……対抗がガンガンに真で見てるっていうのが気になる。……偽者かも知れない。対抗の中身と比べて……偽者だとしたら西帝は狂人だと思う。で、沙羅はたぶん白。宣水が狼。宣水が西帝真で固めてきたのは、『西帝偽だとわかったから』って可能性あるから。東雲のことは背徳者で見てるわ」

酔っ払い 斎観
「ってことは右近様視点、『俺・刹那様・万羽様・弥風様』に2狼1キツネですか」

原宿ロール 右近
「そう考えるべきだと思ってるけど、克己狼って可能性もあるわよね。西帝偽なら」

サブカル青年 西帝
「右近様、ちょっと話の辻褄というか、順番が合っていませんよね? 『俺が偽だとわかったから、宣水様が俺を擁護してきた』なら、『沙羅さん白』と『克己様黒』は同じラインで語られるべき可能性でしょう。
『俺が偽者』っていう結論ありきで話しちゃってるから、時系列が混乱してる、という印象を受けてしまいます。右近様視点、俺の真贋は不明なのに、偽視が強すぎると思うんですが」

原宿ロール 右近
「あーわかってんだけど、ゴメン。言い方がまずった。『今日になって、宣水が西帝真で押してきたのは、沙羅の霊判定の時点で、初めて西帝偽がわかったからじゃね?』って意味。あんた軸じゃなくて、対抗が真視してるから偽なんじゃね? 的な」

サブカル青年 西帝
「その理論なら、『克己様が狼』の可能性はないじゃないですか」

弱い方のメガネ 白威
「西帝君、ちょっとその言い方は強い。右近様の説は結論ありきというより、『段階的に逆行し、検証している』と捉えることもできる。共有者視点、そう感じた。誰もが君と同じ速度で、多角情報を統括できるわけじゃない」

原宿ロール 右近
「サンクス、今までろくに口きいたこともないメガネのハンサム」

荒くれもの 豪礼
「……だが、右近が『思いついた嘘を口に出しているだけの偽者』であるなら。……西帝の指摘が正しいということになる」

お嬢様 蘭香
「正直、私も西帝さん寄りです……小声で言っておきます……」

中間管理職 刹那
「右近がどうも不穏だな。
……宣水も言ったように、『西帝は偽者でも狂人、また狂人ならば東雲とはラインを切る』と予測していたため、西帝は真霊で考えている。よって沙羅は狼。先程も言ったが、真目の占い師は宣水。
宣水からの白であるため、東雲は狂人か背徳者。……初日の行動からして背徳者だろうな。

相対的に、右近は狼か狂人の可能性が高いか。
宣水からの白判定により、キツネは此紀ではない。『共有対抗牽制』をキメた万羽でもなかろう。豪礼か斎観の二択、と考えるべきだろうか」

弱い方のメガネ 白威
「すみません、少し疑問が。『東雲さん―沙羅さん身内切り』が一種の定説になっているようですが、定説になっている時点で機能していません。無駄切りとなっています」

楽天家だったためしがない 弥風
「定説になってるか? 宣水の『沙羅は特攻』って声がでかいからそう聞こえるだけじゃないのか。きのう考慮してたのは此紀、宣水に乗ったのが刹那。そのくらいだろ。刹那はこれを今日捨ててるし、宣水視点では東雲が白だから、『身内切り』じゃない」

弱い方のメガネ 白威
「…………。言われてみれば」

ドクター 此紀
「きのう説明したように、東雲は真か狼だと思うわ。右近は真か狂人の可能性が高い。背徳なら黒特攻した方がいいと思う……真誤認で噛まれることを避けるために。

右近の0日目の占い先が『蘭香』っていうのも、狼やキツネの作戦なら、ちょっと手が込みすぎてる印象ね。
偽者なら、どこでも占ったことにしていいのに、わざわざ共有者占ったことにする?
『真だから素直に言った』 『狂人が灰を狭めたくなかった』の二択だと思うわ。

宣水については、キツネが切れないわね。
……噛みが来ようが『GJ』を言い張れる。破綻しても『人放置』を狙えれば勝てるかも知れない。右近から狙われさえしなければ」

お嬢様 蘭香
「変則COの宣水様がキツネ……ですか?」

ドクター 此紀
「全部が仮定なんだけど。占い師3人の相対パズルを行うと、宣水は真でも狼でもないのよ。
宣水が真なら、他の占い師は偽だけど、東雲は偽なら狼、と私は思ってる。でも宣水は東雲に白判定を出してるでしょ。
『初日占霊アーマー』からして、宣水は背徳者でもない。狂人かキツネになるわ。その宣水に黒出したから東雲は狼。右近真か、『占い初日』。強い確信じゃないけどね」

美女 万羽
「宣水がキツネなら、背徳者はどこで何してんの?」

ドクター 此紀
「弥風だと思ってるわ。『宣水人放置』の急先鋒だから。別に本命推理にしてるわけじゃなくて、宣水がキツネなら』の話よ。
東雲は狼、つまり右近が真で、他の狼は『沙羅or刹那or万羽or斎観』に2匹。
弥風が背徳者かどうかは置いておいて……『宣水がキツネ』っていう仮定で、『占い初日』『霊能初日』でも、ちょっと内訳を考えてみましょうか。

占い初日なら西帝真だから、沙羅が黒確定。前述の通り東雲は狼。仲間切りってことになるわね。
最後の狼候補は『刹那or万羽or斎観』に、右近の占い判定が無効になるから、豪礼も入るわね。2騙りなら右近自身も。……2騙りした狼が、最後の狼切るか? と考えると、右近は非狼でしょうね。
右近が背徳者なら、『キツネ陣営2騙り』になるわね。ありえなくはないとして、今の段階では、まだ本命視はしない。
宣水がキツネ占い初日』なら、右近は狂人と考えるべきでしょう。

霊能初日なら、西帝と克己も狼候補に入るけど、これなら沙羅の霊判定は白にした方がよかったと思うのよね。
『東雲と西帝が同陣営だと確定』してない限り、判定切って、東雲の信用は下げた方がいいでしょ。で、この仮説は『宣水がキツネ』前提だから、『西帝が背徳者、東雲がキツネ』っていうのはナシってこと。

『東雲と西帝が両方狼』っていうのは、可能性としてはなくはないけど、これなら沙羅は白ね。『初日霊能が確定してるのに、最後の狼を切る』って、本格的に意味わかんないし。
西帝が狼っていうことは、霊能初日だから右近が真。最後の狼はやっぱり『刹那or万羽or斎観』。
狼とキツネがこれだけ頑張ってるのに、狂人と背徳者は何やってんだか知らないけど」

美女 万羽
「いや~、狼が2騙りするにしても『占い2騙り』でしょ。西帝が出た時点で、霊能初日かどうかなんてわかんなかったわけでしょ。占霊2騙りって、『絶対にライン戦になる』って謎の確信がないとしんどいし、狂人が霊に来たら、真との3COで確実にローラーされるじゃん。東雲と西帝なら、そのくらい考えるでしょ」

ドクター 此紀
「ポッシブルよ。私もほぼありえないと思うけど、可能性がゼロではないっていうだけ」

酔っ払い 斎観
「『霊能初日なら西帝は占い師とライン繋ぐなよ』って説聞くの3回目かな」

楽天家だったためしがない 弥風
「此紀の『考えすぎ』がまた出てるな。今の時点で『占い初日』と『霊能初日』をそこまで追う価値があるとは思えないが」

ドクター 此紀
「それはオマケよ。主として言いたいのは『宣水のキツネは切れない』、そして『宣水がキツネだとすれば、考えられる内訳はこう』っていう話」

楽天家だったためしがない 弥風
「宣水がキツネなら、あの出方はどうなんだ。『占霊アーマー=非背徳者』を唱えるなら、『非キツネ』も適用するべきだろ。キツネ陣営は占い師を噛ませたいんだから」

ドクター 此紀
「あれは『自分へのアーマー』が主目的だったでしょ。狼がいきなり占い師を噛んでくれるとは限らないもの。……矛盾して聞こえるかもしれないわね。
『狼が初回役職噛みを行わない場合、自分の信用を上げる方が得』
『狼が初回役職噛みを行う場合、自分に来ることを避けた。真占い師にあてる確率を上げるために』
この両方を見込んだ、という可能性よ」

楽天家だったためしがない 弥風
「主旨は大体わかる。だがそれなら、『キツネがそれを行った可能性』と『背徳者がそれを行った可能性』は等しいんじゃないのか。背徳者だってそこで噛まれたくないだろ」

ドクター 此紀
「……それはそうね。……。……どうも固定概念と推理が入り混じって、ややこしくなるわね」

村のインテリ 宣水
「お前視点、『俺のキツネが切れない』っていう考え自体は別にいいんだが、『俺がキツネ前提』の考察が妙に執拗だな。ポッシブル程度で、なんでそこにだけ重点を絞ってくるんだ。
お前が潜伏白人外なら、『右近がキツネ:お前が背徳者』で、右近を残すため、占い師候補にキツネ容疑者を作りたいってことなんだろうが、まあレアケースのケアに気が行き過ぎてる村人だろうな」

チンピラ 東雲
宣水様は狼なんで、キツネじゃありません。メタ持ち出して申し訳ないんですが、1日目朝の襲撃が、0日目に『宣水様が初回襲撃じゃなけりゃ、宣水様狼なんじゃねーの?』と言ってた桐生君だった、ということも思い出していただきたいですね」

酔っ払い 斎観
「俺もそれはちょっと考えたが、言っていいのかどうか微妙なラインじゃねえか?」

村のインテリ 宣水
「0日目の襲撃先も狼の任意である以上、正当な推理材料だろ。別に言って構わねえと思うぞ」

美女 万羽
「あたしは宣水を真目に見てるんだけど。……東雲は宣水からの白だから、中身は狂人か背徳。……でも、これはやっぱりおかしいわよね。
初日の『自分は黒引いたけどナイショ、他の占い師は全員伏せろ』って、宣水と同じくらいの『自分アーマー』よ。自分のことも、他の占い師のことも噛みにくくさせてる。
『信用勝負に来た狼』ならわかるけど、宣水は東雲に白判定出しちゃってるのよ。宣水真なら、東雲の中身が説明できない。パズルが破綻してるわ。なんか見落としてる気がする」

楽天家だったためしがない 弥風
「例によって、君自身の行動ルールに当てはめすぎてると思うが。つまり『宣水真』という前提を外してる、という考えにはシフトしないのか?」

美女 万羽
「ん~……。いったん、宣水のことは置いといて、東雲を単体で見るわ。
東雲偽なら、『最後の狼を守るために沙羅を切って全特攻』の狼だと思う。狂人なら初日の動きが無駄すぎるし、背徳者でもそうだし、キツネなら2黒出しは自分の寿命を縮めてる……と思う。

だから東雲と沙羅が黒。東雲に白出した宣水は偽者で……狂人か背徳者だと思う。フツー、キツネが占い師に出て残るプランって無理目じゃない? 狙えるとして狼の飽和だと思うけど、それは狼がミスしないといけないし。

で、東雲が沙羅を切ったってことは、克己は白ね。あの時点で西帝偽がわかってたなら……つまり克己が黒だったなら、仲間切りからの『霊判定逆用』にならないもの。西帝から白出されたら無駄切りよ。
っていうか、『克己が黒だったんなら、あそこで最後の狼の沙羅を切る』っていうのがイミッフだし。やっぱり無駄切り。克己は白よ。

沙羅はあの日に吊られる確率が低くはなかったし、しかも、東雲がそこを丁寧に説明してたもの。
これで東雲・沙羅陣営が特攻したのは、『西帝が黒出してくれることに賭けた』か、『最後の狼がめちゃんこ強い位置にいる』んだと思う。

でも、東雲はともかく、沙羅は『正体不明の西帝に賭ける』って手を選ばないと思うのよね。
だから『最後の狼は沙羅よりも強いところにいる』と思ってて、これは此紀・豪礼・弥風・刹那あたりだと思うんだけど、右近はこのうち此紀と豪礼に白出してるから、最後の狼は弥風と刹那のどっちか。キツネ候補には斎観も入るわね」

村のインテリ 宣水
「『仲間切りからの東雲信用上げに賭けた』って目的と、『最後の狼が強い』ってバックボーンは、同列じゃなくレイヤードで語るべきだと思うが」

楽天家だったためしがない 弥風
「どうあれ万羽は、宣水真でも右近真でも、僕を人外濃厚と見なしたわけか」

美女 万羽
「ってことになるわね。それか、桐生が背徳者で克己がキツネなら、東雲が真、宣水が狼、右近が狂人で、東雲から白出された斎観と、宣水から黒出された弥風は白かもしれないけど。これなら刹那が最後の狼ね」

楽天家だったためしがない 弥風
「まあ、ポッシブルだな」

チンピラ 東雲
「『俺―沙羅さん身内切り作戦』のデメリットについて言及してるのが万羽様と白威だけか。
沙羅さんが吊られたら、次に俺が吊られるってのは、昨日の時点で見えてる可能性だろ。俺が狼で、西帝君真に賭けたなら、西帝君から俺の黒判定も出ちまうだろ。仲間切りも何もあるかよ。沙羅さん無駄に切っただけじゃねえか」

楽天家だったためしがない 弥風
お前はそれを言うのが遅いんだよ。昨日、僕は『沙羅特攻』を疑問視したろ。お前自身がそれを言わない時点で、沙羅吊りは西帝の様子見も兼ねようとしてたってことだろ。よってお前が狼なら、沙羅の白黒に関係なく、克己は白だ」

荒くれもの 豪礼
「……東雲の言うことは、その通りなのだがな。東雲と沙羅が両狼ならば、宣水と弥風に畳みかけられたため、想定外に、『身内切り』が無意味になったということだろう。
……今日東雲を吊るかどうかは考えものだと思うが。東雲真ならば、終盤が厳しい。
……呪殺が出ないため、キツネ吊りを挟む必要があり、これに成功したところで、狂人が生存していればRPPとなる。……弥風がこれを軽視しているのはどうなんだ」

楽天家だったためしがない 弥風
「だから言ったろうが。そこまで狂人が残ってる率と、これから1GJ出る率は、五分程度に見て構わないと思ってる」

酔っ払い 斎観
「メモ帳がないと計算しんどい。俺だけアホなの?」

原宿ロール 右近
「安心しな坊主。アタシも計算はあっぷあっぷよ」

チンピラ 東雲
「威張るなよニセ占い師。コイツに『消去法で真』つって謎の信用持って行かれるの悔しいなあ」

ドクター 此紀
「少なくとも私は、あんたと右近の信用度はイーブンだと思ってるわよ。弥風もそうでしょ。宣水の真も切れるわけじゃないけど……判定と東雲の動きが食い違ってるのよね」

中間管理職 刹那
「いや。『自分縛り』からして、もう宣水は真だろう。此紀の言い分は『東雲は真狼』という推理に基づいているが、俺は東雲のCOの仕方を『背徳者ムーブ』と解釈している。別に東雲の真を切るわけではないが、此紀が東雲を真狼でほぼ決め打つ理由に納得が行かない。
宣水の白であるし、此紀は人ではあろうが、潜伏狂人が無くはないな。宣水の信用を下げる理由が薄弱だ。『霊能初日』のケアを提唱というのも、いかにも狂人の仕事だろう」

原宿ロール 右近
「それよ。あんたが宣水真を妄信してるのは間違ってるけど、此紀の『東雲は真狼』ってのはメッチャ納得行かない、ってのだけは激しく同意よ。東雲は背徳者でしょ」

ドクター 此紀
「決め打ってるわけでも何でもなくて、私の本線推理っていうだけなんだけど? ……あんたたちにとって都合の悪い推理をしてたら、潜伏狂人扱い? 落とし方が安直すぎるわ。私の推理をどうこう言えたもんじゃないと思うわよ」

美女 万羽
「熱くならなーい。あんたたち全員いい年なんだから、身体に悪いわよ」

チンピラ 東雲
「弥風様は俺の真をきっちり見てくれるだろうし、宣水様からの黒だから噛まれないだろうが。ただ弥風様がキツネだと、俺が吊られた時点で、もうどうしようもなくなる気がするんだよな。弥風様を吊れそうな宣水様が狼っていう、わりと絶望進行なんだが」

中間管理職 刹那
「そう思うなら、お前は今朝、斎観ではなく弥風を占うべきだったのではないか? 2黒を引いた時点で、寿命が短いことはわかっていただろう」

お嬢様 蘭香
「あの……吊りはグレランで行くべきでしょうか? 1黒の弥風様か、お仕事終了度の高い東雲さんを指定すべきでしょうか?」

ドクター 此紀
「狩人を保護した方がいい進行だから、弥風を吊るくらいなら東雲を吊るべきだと思うけど」

中間管理職 刹那
「道理だな。宣水真視点でも、弥風はキープ対象だ。また、今後もし弥風が死体で上がれば、宣水が破綻するというメリットもある」

サブカル青年 西帝
「霊能者から言わせてもらうと、『全域ラン』でいいんじゃないかと思うね。1狼死亡。狂人に狼は見えてない。キツネも連携不可能。狼はキツネを処分したい。今の段階なら、ランは有益に機能すると思う」

村のインテリ 宣水
「明日以降の進行の見通しを立ててるのは、弥風、刹那、豪礼だけか? まあ、西帝の提案も手だろうな。村視点なら、西帝と右近は外すべきだと思うが」

原宿ロール 右近
「なんで対抗にフォローされないといけないのよ! 鬱陶しいわね!」

中間管理職 刹那
「宣水は徹底的に行動を『村利』に寄せている。人外だとしたら、自分の首を直接締めに行っているわけであり、意味不明だ」

楽天家だったためしがない 弥風
『信用勝負に来てる狼』ってだけだろうが。宣水真派は、僕を狼扱いしてるわけだな? 覚悟しとけよ

美女 万羽
ウエイト。熱くならない!」

弱い方のメガネ 白威
「ああ、時間が……『西帝君・右近様以外の全域ラン』でお願いします! 西帝君が真なら1狼が吊れているので、キツネ狙いが最善ですが、狩人保護のための安定進行なら、東雲さん……でしょうか」

村のインテリ 宣水
「キツネ狙いで斎観を占う。斎観が吊られてたら豪礼だ」


独身貴族 皇ギ
「はい、結果よ」


得票数:名前→投票先

■0票:弥風→刹那
■3票:刹那→斎観
■1票:豪礼→刹那
■0票:宣水→東雲
■0票:此紀→東雲
■0票:万羽→斎観
■2票:斎観→東雲
■0票:右近→東雲
■6票:東雲→豪礼
■0票:白威→東雲
■0票:西帝→東雲
■0票:蘭香→刹那

独身貴族 皇ギ
東雲が処刑よ。5分のスマホタイム」


3日目終了

【現時点での推理・感想投稿フォーム】

4日目へ つづく



スポンサーサイト