ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第5ゲーム 4日目

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第5ゲーム 4日目
『汝は人狼なりや?鬼だけど 第5ゲーム』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目



独身貴族 皇ギ
西帝の無残な死体が見つかったわ。現在10人」


酔っ払い 斎観
「え? 西帝噛むの?」

ドクター 此紀
「あら。……東雲の結果を隠したかったというよりは、西帝を真だと思わせたかったのかしら? それも安直かしらね。一応、呪殺GJか、呪殺襲撃の可能性もなくはないけど、西帝占う占い師は絞首刑でしょ」

村のインテリ 宣水
「呪殺じゃねえよ。予告通り、斎観を占って『人』だ。キツネは豪礼か刹那か万羽、もしくは死亡。右近がキツネってのはねえだろうな」

原宿ロール 右近
「ゴメン、弥風占って『人』よ。まったく引けなくてビックリしてる」

弱い方のメガネ 白威
「ええと……残り4縄。
『克己様・沙羅さん・東雲さん』に2狼がいる場合、最後の狼はまだ吊るわけには行きません。キツネ狙いを挟む必要があります。キツネが死亡している可能性もありますが、楽観視はできません。

克己様が黒でありえるのは『霊能初日』の場合。この場合は西帝君が人外になります。
沙羅さんが白なら、やはり『霊能初日』で、西帝君と東雲さんが人外です。
東雲さんが黒なら、宣水様が人外です」

楽天家だったためしがない 弥風
「狼の占い2騙りはないだろ。今日は宣水を吊る。明日までに呪殺を出せなきゃ、東雲真と判断して右近を吊る」

原宿ロール 右近
「手順としてアタシを吊るのはわかるけどさあ、呪殺出してないのは東雲も一緒じゃん! なんであっちが真になるのよ」

楽天家だったためしがない 弥風
「あっちは西帝と繋がってる判定出しただろ」

原宿ロール 右近
「ウッ。……でもさあ、もしキツネ死んでたら、絶対呪殺出せないじゃん!」

楽天家だったためしがない 弥風
「ローラー終了地点で、村がお前真だと判断しようが、東雲真だと判断しようが、お前視点でも、さして問題ないだろ。キツネが死んでるなら尚更だ」

原宿ロール 右近
「ああん?」

荒くれもの 豪礼
「……ローラーを完遂するのなら。……東雲の黒である『沙羅・宣水』の両方を吊り終えている。
……偽者の東雲を真誤認したとして。今後に影響があるとすれば、『東雲の囲いである斎観を白誤認する』ことくらいだ。……そしてこれは、お前が斎観を占うことで対処できる」

原宿ロール 右近
「…………。……なるほどな

楽天家だったためしがない 弥風
理解が遅い

弱い方のメガネ 白威
「『死者と占い師に2狼陣営』を見込むのであれば、占い師ローラーが可能です。実施する場合、バランスとしては、1黒を挙げている宣水様を先吊りすべきかと思いますが」

酔っ払い 斎観
「『西帝を真だと思わせるために襲撃した』なら、西帝が狂背、沙羅ぴっぴ白の可能性があって……占い師が『真+狂背+キツネ』なら、ローラーした時点で『狼3:人3』で負けるな」

ドクター 此紀
「それきのう刹那が説明したけど、あんた視点では『宣水真』で、狼は『弥風+豪礼or刹那or万羽のうち2人』になるわよ」

酔っ払い 斎観
どのみち勝てねえ

弱い方のメガネ 白威
「共有、せめて判定結果をまとめます。敬称略で失礼します。

○=白判定 ●=黒判定

【宣水】
東雲○ 此紀○ 弥風● 斎観○ 刹那? 豪礼? 万羽?

【右近】
蘭香○ 此紀○ 豪礼○ 弥風○ 刹那? 万羽? 斎観?

【東雲】
宣水● 沙羅● 斎観○ 弥風? 刹那? 豪礼? 此紀? 万羽?

【西帝】
克己○ 沙羅●

【処刑】
克己→沙羅→東雲」

お嬢様 蘭香
「弥風様が、宣水様と右近様からのパンダ。豪礼様が右近様からの1白。此紀様が、宣水様と右近様から2白。斎観さんが、宣水様と東雲さんからの2白。刹那おじいさまと万羽様が完グレーですわね」

酔っ払い 斎観
「宣水様の占い先の俺を噛み合わせずに、西帝のほう噛んだんだよなあ」

中間管理職 刹那
「東雲が死んだ以上、確定白が出るとすれば、お前だけだな。呪殺を出した占い師の判定などは、問答無用で確定するが」

美女 万羽
「共有者以外の確定白ナシっていうの、地味にめんどいわよね」

村のインテリ 宣水
「村視点でも、右近は斎観を占って、確白作りを狙うべきだったんじゃないか? 少なくともキツネの可能性を潰せた。斎観がキツネなら、『言い訳のきかない呪殺』も狙えた。もし弥風が背徳者なら、俺が破綻して、右近が真確定。俺が背徳者であっても、ここで占いを噛む狼はいないため、やはり右近が真確定だ。
これを選ばなかった時点で、右近の真贋は察せそうなもんだが」

ドクター 此紀
「あらそう? 狼がそう読んで、斎観を噛み合わせてくるかと思って、私は斎観をエア護衛してたけどね」

原宿ロール 右近
「それよーアタシも噛み合わせられると思って斎観を外したのよー」

荒くれもの 豪礼
「……後付けは信用が落ちるぞ。お前視点、斎観が白かどうかもわからんだろう」

原宿ロール 右近
「だって弥風がキツネなら呪殺しないと勝てないじゃん! 弥風占っておきたかったのよ!」

ドクター 此紀
「素直にそう言いなさいよ。……『確定白になるかもしれない斎観』が噛まれなかった理由については、『狼だから自分を噛めなかった』って可能性もあるわね、もちろん」

酔っ払い 斎観
「2白の此紀様も、比較的噛まれ対象でしょうから、似たようなことが言えると思いますが」

ドクター 此紀
「私は死んだ占い師のグレーよ。2白とはいえ、確定白になる機会はないわ。東雲が破綻でもしない限りね」

美女 万羽
「ローラーするとキツネケアに手が回らない気がするんだけど。まだ生きてるでしょ多分。……けど右近がここまで黒引けない以上、右近視点でも、占い師に狼入りってことなのかしらね。それで全占い師、沙羅は黒っていう」

村のインテリ 宣水
「沙羅は狼だろうな。右近は狂人だろうが、人放置できる期限は明日だ」

ドクター 此紀
「LWが弥風で確定してるあんた視点では、わりと余裕があるわね」

村のインテリ 宣水
「決め打ってもらえて、襲撃もされなけりゃ、グレーに占いが回りきるからな」

酔っ払い 斎観
東雲真なら宣水様が狼なんで、宣水様を残すのは難しいですね。……。……おおお。東雲が偽者なら、このために宣水様に黒打ったのか」

中間管理職 刹那
「背徳者として完璧な仕事、と言うよりないな。……ただし宣水が狂人東雲が狼ならば、今日の西帝襲撃は必要な一手だ。西帝から『東雲黒』の判定を出されると、白判定を出している宣水が破綻。狼はもう占い軸からの勝負を諦めるしかない。……あるいは宣水ならば、『西帝偽』のド論破劇場を開始できたかもしれないが」

美女 万羽
「『必要な一手』っていうのはどうかしらね~。東雲が狼なら。宣水がキツネだった場合が怖いから、あたしはむしろ西帝を生かして、宣水を破綻させた方がいいと思うわ。右近が呪殺出せなきゃ、『霊能初日』も使えるんだし、使えなくても右近噛めば逃げられるし」

荒くれもの 豪礼
「…………。つまり、右近が狼、宣水が真か」

原宿ロール 右近
「あぁん!? なんじゃワレェ急に!」

ドクター 此紀
「ああ! ……東雲が狼の場合、宣水偽は見えてる。ただし両狼でない限り『宣水が狂人なのかキツネ陣営なのかは不明』。宣水がキツネで、ローラーすり抜けられると、狼はもうほぼ勝てない。
だから東雲が狼だったなら、このケースに備えて、狼は宣水を破綻させるべきっていうことね。

西帝が偽者だとしても、真である可能性があるのなら……東雲にそう判断できたのなら、西帝は残すべきだった。
余談だけど、狼に『西帝の真贋区別がついてない』なら、克己は白沙羅は黒ってことね」

楽天家だったためしがない 弥風
「そのあたりは狼によるんじゃないのか。東雲と沙羅が狼なら、残り狼はもう1。これで『狂人かもしれない宣水』を捨てるか? 西帝襲撃が安定だろ」

ドクター 此紀
「まさしく『狼による』のよ。襲撃筋から狼の性格が見える。……今のやり取りからも、かなり透けるものがあったんじゃない? もちろん演技もしてるでしょうけどね」

荒くれもの 豪礼
「……東雲が非狼とすると。…………。
……狼2騙りを考えないのならば。……右近が狼である場合、宣水に黒を出している東雲の偽は確定。よって『占い初日』でない限り、宣水が真だ。……狼は右近と弥風。

西帝が偽者ならば沙羅は白かも知れないが、ならば西帝の正体は狂背で確定。
前日処刑の東雲は偽占い師だが、宣水から占われているため非キツネ。
そして西帝は占われていないため、呪殺ではなく、襲撃死だ。
……よって。『東雲がキツネで、西帝が背徳者』というケースはない。『西帝がキツネ』でもない。

宣水が真ならば、狼は『右近―弥風―沙羅or刹那or万羽』。沙羅が白である場合、東雲と西帝が狂背で確定。キツネは生存している。
沙羅が黒ならば、狼は『右近―弥風―沙羅』で全露呈。『背徳初日で、克己がキツネ』でない限り、やはりキツネは生存している。

右近が西帝を襲撃した理由は、『西帝と宣水の判定を繋げたくなかったため』か。

……あるいは。 占い初日も推測できる。
西帝が真霊確定で、狼は『沙羅―?―?』
東雲を非狼とするのなら、宣水と右近は『狂人背徳者キツネ』のいずれかだ。……キツネ陣営の占い2騙りは、狼占い2騙りと同程度の確率であろうから、『狂人キツネor背徳者』と考えるべきだろう。
……東雲がキツネでありえるのは、桐生か克己が背徳者であった場合のみ。
東雲がキツネ、あるいは背徳者ならば、宣水と右近は『狂人』となる。
東雲が狂人ならば、宣水と右近は『キツネor背徳者』。

……宣水が狼ならば、西帝を襲撃する理由はないだろう。よって宣水も非狼。宣水に黒を出した東雲は偽者。
自動的に、『宣水真にせよ、占い初日にせよ、右近は狼』ということになる」

村のインテリ 宣水
「ははは。お前が人外なら、なかなか見事な誘導だ。そして村人だったとしても、その意見は面白い。お前は右近の白だな。……『右近がキツネの場合のリスクヘッジ』か、あるいはお前がキツネで、狼狂占い師を消したいのか。右近が背徳者なら、ご主人様から撃たれたな。
なるほど。西帝襲撃の真実、少なくとも理由のひとつに、『西帝と俺の判定を繋げたくなかった』というのは考えられそうだ。
右近を狼と提唱、なおかつ『占い初日』まで挙げてる。占い師への殺意がすごいな、豪礼」

酔っ払い 斎観
「……俺も『占い師をメッチャ吊りたいだけなんじゃねえの?』と思うんですが。……トンデモ理論に聞こえる俺がアホなの? なんで『右近様真』のケースを無視してるのかわかんねえし」

中間管理職 刹那
「…………。……いや。…………案外、豪礼の説は馬鹿にできない。
右近真のケースについては省略しただけだろう。俺が説明する。

此紀の言う通り、東雲が狼ならば、白判定を受けた時点で『宣水偽』が判明している。
狼は『宣水=キツネ』のケースに備えて、西帝を生かし、宣水の破綻を狙った方がいい。
しかし西帝が襲撃された。よって、東雲は『真か狂人か背徳者』だろう。

『東雲がキツネ』の可能性については、以下の理由で排除。
後追いが起きていないため、背徳者候補は、桐生・克己・沙羅のみ。西帝が背徳者で、襲撃かGJが重複した可能性は無視。なんなんだよこのキツネ陣営という話なので。
沙羅が背徳者なら、霊能判定で黒を出したため西帝が狂人になってしまう。なぜ西帝が狂人だとエラーになるのかは、前述かつ後述。
桐生か克己が背徳者なら結果オーライだが、『2黒出し』というのは、実際そうなったように、自分の寿命を縮める行動だ。キツネが2日目から取りうる行動の中で、相当ダメなジョブだろ。

さて。
宣水が狼ならば、豪礼も言ったように、ここで西帝を襲撃する理由がない。
東雲への白判定が西帝と繋がる。『西帝は3人目の占い師とのラン』という意見さえ出ていた。宣水は西帝を使うことによって、自身の逃げ切りさえ狙えたのだ。西帝襲撃はこれを潰している。
宣水が狼ならば、この襲撃は自分を不利にしている。
よって、宣水に黒判定を出している東雲の真は薄くなる。

ここで、真は右近か宣水の2択になる。そして『宣水・東雲は非狼』ということは前述だ。
まず右近が真ならば、『西帝が狂背・東雲が狂背キツネ・宣水が狂背キツネ』である場合のみ、沙羅が白でありうる。
残り狼は『克己―万羽―斎観』で確定だが、さすがにこれは金魚すくいのポイより薄いと思っている。

別に狼の内訳はいいのだが、『4CO中2人がキツネ陣営』というのがもともと薄い。
東雲がキツネという可能性は、このケースにおいては本格的に切るべきだろう。
白人外全露呈の前提により、『背徳者候補は西帝のみ』であるためだ。西帝の死が後追いで、襲撃かGJがかぶったのは良いとしても、1日目の動きが不可解すぎる。
霊に出た西帝は真占いビームも浴びられず、以降の護衛幅も広げられず、東雲も西帝も露呈するだけして、真占い師を噛ませる気はゼロで、さらに2黒出しで寿命を縮めている。もう一度言うが、このキツネ陣営馬鹿なのか。

東雲が狂人背徳者という可能性については、普通にある。
しかしこの場合、西帝と東雲の陣営が違っている。『同陣営だと確定していない限り、西帝は、沙羅の判定を東雲と割るべき』という、もう何度言ったかわからん説をもう一度提唱する。これは『東雲狼なら西帝を生かすべき=西帝襲撃のため東雲非狼』という説の土台にもなっている。
東雲と判定を繋げた時点で、西帝はまず真だ。

以上から、右近が真ならば、西帝も真であり、沙羅は黒。
占い圧迫により、残り狼は万羽と斎観で確定。非狼である弥風に黒判定を出しているため、やはり狼視点、宣水は偽確定。
だがこのケースにおいても、やはり狼は西帝を襲撃しない方がいいのだ。西帝は吊り稼ぎに使え。

さらに。狼視点、東雲も宣水もニセ占い師で確定しているが、宣水が斎観に黒を打つとまずい。
宣水がキツネなら2黒は打つまいが、狂背ならキメられてしまう可能性がある。よりによって宣水からの黒判定は痛いだろう。昨日の予告の時点で、狼はそれを恐れたはずだ。

西帝を襲撃するのがそもそも狼不利であり、それをするくらいなら、宣水を襲撃した方が圧倒的に良い。西帝と宣水の判定を繋ぎ、弥風を黒くするためにも。しつこいようだが『西帝襲撃=東雲・宣水が非狼』という前提がある。
斎観が狼ならば、西帝襲撃は、『クソ襲撃』以外の何物でもないのだ。仲間の万羽はこれを容認しないだろう。
よって、右近の真も否定される

原宿ロール 右近
「このクソ若作りが!!!」

中間管理職 刹那
「お前に言われたくない」

弱い方のメガネ 白威
宣水様が真ならば……狼陣営は『弥風様―右近様or沙羅さんor豪礼様or刹那様or万羽様』で……ええと」

ドクター 此紀
「宣水が真で沙羅が白なら、『西帝が狂背』だけど、これは右近真のケースと同じ。私も刹那の説に賛成で、これなら西帝は沙羅の判定を割ったと思うわ。だからまず、沙羅も黒でしょ」

弱い方のメガネ 白威
「一応、推理は除外で、判定だけをまとめていきます。
宣水様が真なら、狼は『弥風様』と『克己様or沙羅さんor右近様or豪礼様or刹那様or万羽様』に2人。
東雲さんが真なら狼は『宣水様―沙羅さん』と『弥風様or刹那様or豪礼様or此紀様or万羽様or右近様』に1人。
右近様が真なら、確定狼はまだなしで、『克己様or沙羅さんor宣水様or東雲さんor刹那様or万羽様or斎観』に3人。
占い初日の場合、西帝君が真霊能者であるため、狼は『沙羅さん』と、他の全員から2人」

村のインテリ 宣水
「1日目の動きからすると、東雲は背徳者だろうな。そうでなくとも『背徳初日・克己がキツネ』でない限りは、キツネ生存中だ。
しかし『狼2騙り・キツネ陣営2騙り』は、そりゃ薄いとは思うが、完全に切ってるやつが多すぎるってのは気になるな。豪礼の『占い初日の示唆』なんかも、ややキナ臭い」

楽天家だったためしがない 弥風
「納得できない説がちょいちょいあるな。そんなもん人外の性格次第だろ、っていう恣意要素を前提にしてるやつが多すぎないか? 特に『宣水が狼なら、西帝で縄を使うべき』って、その理論で推理した結果、第3ゲームはああなったんだろうが」

ドクター 此紀
「さすがに『恣意』の使い方が合ってるわね。でも、その説についての解釈はちょっと違うわ。第3ゲームは『狂人での縄消費』の話だったけど、今回は『霊判定を悪用できた』っていう方が主軸で、縄消費の話はオマケでしょ。決して小さくないオマケだけどね」

中間管理職 刹那
「そのつもりで話している。まあ、弥風は宣水に捉まっている。解釈を曲げでもしなければ、勝ち抜けるのは辛かろう」

楽天家だったためしがない 弥風
「ずいぶん宣水妄信が強いな。君の言い分をまとめると『東雲が非狼、宣水が非狼、右近真なら狼は西帝を襲撃しない』。これを認めたとして、『占い初日』を考慮せず、『宣水真』のみ採用するのはなぜだ? 君と比べるなら、視野を広く取ってる豪礼の方が、まだ村っぽい」

原宿ロール 右近
言ってやれえい!!!

楽天家だったためしがない 弥風
「お前が真なら呪殺を出せ。出せないんなら東雲真で見る。この意見は変わらない」

原宿ロール 右近
こんちくしょう!!!

楽天家ではなくなかった 弥風
「……まさか刹那は『宣水を残す』とか言わないだろうな? 宣水が狼かキツネなら、真乗っ取られて『キツネは死亡』と言い張って僕を吊って、村が負けるぞ」

美女 万羽
「刹那は宣水妄信だけど、この『妄信の仕方』は切れてる気がするわね。『キツネ陣営同士』と『両方狼』は無い感じする。
沙羅は黒でしょ。それで宣水・刹那が両方狼だと、右近が真でも東雲が真でも、狼全露呈よね。
あと4縄あるのに両方が露呈する? こんなわかりやすい形で。しかも宣水はローラー候補なのに。キツネならもっとやばいじゃん。右近真なら今日呪殺されるかもよ」

楽天家だったためしがない 弥風
「……まあそうだな。……刹那は人ではあるだろう。キツネなら真贋不明の占い師を敵に回して呪殺されること、狼なら『宣水がキツネだった場合』への配慮が足りてない。何人かの言い分を採用すると、『東雲が狼ならなおさら』ってことになるのか」

美女 万羽
「いえーす。もし『東雲―沙羅―刹那』が狼なら、ここで西帝を襲撃して、しかも宣水を援護してる場合じゃないのよ。狼視点、宣水は偽占い師だけど、キツネだったらどうするの? 西帝は残して、宣水を破綻させなさいよ」

楽天家だったためしがない 弥風
「……宣水がキツネだった場合のリスクヘッジとして、むしろ西帝襲撃だったんじゃないのか? 西帝がいれば占い師ローラーが約束されなくなる。『占い師と西帝のラン』とか言ってるやつまでいたんだから。刹那はここについて正反対の見解を示してるが、そこが特に胡散くさい」

ドクター 此紀
「……………。…………ああ。…………ん? …………これ弥風の方が正しいんじゃないの?
東雲が狼だったならともかく、そうじゃないなら。西帝を生かしたところで、宣水の援護になるだけ。刹那の『西帝襲撃=右近偽』については、論拠が弱いわね。『右近真=狼が斎観と万羽なら、宣水を襲撃するべきだった』って、刹那視点の話だし。斎観が白なら適用されない説よ」

美女 万羽
「けど、あたしと刹那の視点では有効。……あたし視点でも、右近真はほぼないわね。

右近真なら、狼は『克己or沙羅or宣水or東雲or斎観or刹那』。
西帝はたぶん真霊宣水は狼だろうけど狂人かもで、なら東雲は背徳者? ニセ占い師の中身は自信ないけど。

でも東雲が狼なら西帝を襲撃しない。宣水を破綻させるために。
宣水が狼なら、2騙りじゃない限りは東雲が非狼だから、やっぱり西帝は襲撃しない。判定を繋げるために。
だから狼は『沙羅―斎観―刹那』だけど、斎観が狼なら、やっぱり襲撃するのは宣水でしょ。東雲が破綻するけど、宣水に黒出されるよりはマシだと思うから。
襲撃と狼が合ってないから、右近はほぼ偽者だと思う。

宣水真も、あたし視点では薄め。
狼が『弥風―沙羅―右近or豪礼or刹那』で、右近キツネはほぼないとして、『豪礼か刹那の狼じゃない方がキツネ』
でも刹那と豪礼の今日の言い分、右近にも宣水に占われやすいでしょ。どっちがキツネでもアウトじゃん。じゃあキツネはもう死んでるかっていうと、その可能性は低いと思うし。

東雲真が本命かしらね。
狼は『宣水―沙羅―此紀or豪礼or弥風or刹那』ね。
……でも『宣水が狼なら西帝は襲撃しない』なら、やっぱり東雲真もちょっとおかしい。

『占い初日』、けっこう無視できないかもね。
右近はまだ黒出してないから、進行的には、今日は宣水吊った方がいいと思うわ」

村のインテリ 宣水
「俺のグレーが、俺を吊りたがってるわけか。随分わかりやすく動いてくるじゃねえか。弥風ももちろん俺に投票するだろう。
共有に提案だ。ランだと、狼とキツネ、さらにこれに煽動されていると思わしい者の票が俺に集まる。指定してくれ」

弱い方のメガネ 白威
「うっ…………」

楽天家だったためしがない 弥風
「村視点の手順でも、ローラーすべきだろ。宣水に惑わされるな」

お嬢様 蘭香
「ですが、ローラーを終えて呪殺が出ないと、ノーミスでキツネと狼を吊らなければならず……さらに、その時点で『狼陣営2』が死亡していないと、『:3』のRPPになってしまいます。安全策とは言えません」

ドクター 此紀
「『沙羅は黒』で見なすべきだと思うわ。だから『キツネ陣営2騙り』でない限り、ローラー終了時点で狼陣営2は死亡してるわね。2狼死亡か、1狼1キツネ死亡じゃないと、狼かキツネのどっちかに負けるけど」

楽天家だったためしがない 弥風
「そうだ。東雲真なら、ローラー終了時点で2狼が死んでる。右近真なら呪殺を出せ。狩人も生きてるだろ。GJを出せ

美女 万羽
「さすがにそれは横暴じゃないの?」

弱い方のメガネ 白威
「………………」

酔っ払い 斎観
「白威の胃に穴が空いてしまう」

お嬢様 蘭香
「……。……し、指定ランです! 『宣水様・右近様』の、偽者だと思う方に投票してください! 残った方の占い師をローラーしきるかどうかは、明日改めて考えます!」

中間管理職 刹那
「それがいいだろうな。右近に入れる」

村のインテリ 宣水
「ここで吊られるときついな。東雲は非狼だ。西帝は真だろう。吊れた狼は沙羅ひとり。
俺が吊られた場合、ケア吊りで、明日は弥風を吊ってくれ。あとの2縄を『右近・豪礼・刹那・万羽』から、キツネ目を先、最後に狼だ。
俺が吊られ、右近を吊って、弥風を残すと、右近がキツネでない限りは縄が足りない」

ドクター 此紀
「あんた視点、その手順は当然ね。…………。『ケア吊りができるから宣水投票』なんて考えが一番まずいのよね。そこをケアできたところで、宣水真なら、結局はノーミスでキツネと狼を吊ることを強いられるわけだし。決め打ちとほとんど一緒だわ」

酔っ払い 斎観
「……刹那様や豪礼パピあたりの言い分にイマイチ納得できてねえから、宣水様に投票してえ気持ちもあるんだが、単体で見ると宣水様真っぽい!」

荒くれもの 豪礼
「……右近が狼だと思うが。…………。……」

美女 万羽
「宣水投票。間違ってないはずよ。『キツネが今日の段階で勝ちを諦めてない』なら、宣水真の内訳はかなり説明が難しいのよ。右近がキツネ? 『キツネ陣営2騙り』じゃなければ東雲が狂人で、キツネが崖っぷちなのに、背徳者は何やってるのよ。『西帝が背徳者』でも言い出してみる? 『背徳者はキツネ以外とラインを繋がない』って言ってたのは宣水自身よ。

豪礼か刹那がキツネ? これ占われに行ってるようなもんじゃない。落とした右近はもちろん、上げた宣水だって、『自分を上げに来る灰』を占うタイプでしょ。豪礼は特に、宣水が絶対占いに行くでしょ。
豪礼がキツネなら、右近偽だってわかってるわけだけど。ここで『占い初日』言い出して宣水にも噛みつくのは……狼要素ではあるわね」

村のインテリ 宣水
「お前の『俺が真ならキツネ候補がいない、だから偽』って説はガタガタだろ。

刹那と豪礼を非キツネとする根拠が希薄、右近が非キツネとする根拠もかなり弱い。さらに一応はそれを認めたとしても、『西帝が狂人で、沙羅がキツネ、初日背徳』なら成立しない。まあ、これは『西帝が狂人なら東雲と判定を割る』という、俺自身の考察発言にも基づいて、お前は切ったのだとしよう。

だが『克己がキツネで背徳初日』についてはどうだ?
この村幸運ケースを本気で睨むこと自体はナンセンスだが、『キツネ軸からの消去法』で真特定を行うなら、これを選択肢に入れないのはおかしいだろ」

酔っ払い 斎観
「あ、これは宣水様が合ってる……。さすがにこれは俺にもわかる。万羽様は宣水様を落とすために曲げてるっぽいな」

弱い方のメガネ 白威
「ああ胃が……。『豪礼様はキツネではない』とは思います。……弥風様提唱の『西帝君襲撃は、占いローラーを完遂させるため』が事実であれば、ローラーしてしまうのは狼の思惑通りということで……」

中間管理職 刹那
「そこについてなのだが。キツネはともかく、狼が占い師をローラーしたいのは、『真占い師が強い』からだろう。……この時点でもう、真占い師が透けているのでは」

お嬢様 蘭香
「実は心の中でそう思っておりましたが、完グレーの刹那おじいさまの口から聞いてしまうと、つい懐疑的になってしまいます……。ああ……もう……」

村のインテリ 宣水
「吊られてなかったら、豪礼を占う」


独身貴族 皇ギ
「時間よ。投票して」


得票数:名前→投票先

■0票:弥風→宣水
■0票:刹那→右近
■0票:豪礼→右近
■4票:宣水→右近
■0票:此紀→右近
■0票:万羽→宣水
■0票:斎観→右近
■6票:右近→宣水
■0票:白威→右近
■0票:蘭香→宣水

独身貴族 皇ギ
右近が処刑よ。5分のスマホタイム」


4日目終了

【現時点での推理・感想投稿フォーム】

5日目へ つづく



スポンサーサイト