ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第5ゲーム 7日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第5ゲーム 7日目
『汝は人狼なりや?鬼だけど 第5ゲーム』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目



独身貴族 皇ギ
蘭香の無残な死体が見つかったわ。現在4人」


村のインテリ 宣水
「襲撃は悩んだだろうな。そこに来たか」

中間管理職 刹那
「お前を護衛していたのだが。外したな。すまん」

楽天家だったためしがない 弥風
「……此紀護衛だ」

ドクター 此紀
「ま、両方が外した以上、信用度はイーブンね。……弥風と刹那が狼と狂人っていう可能性はどうなのかしらね」

村のインテリ 宣水
「誰の目線でも、弥風は真狩人じゃなかったろ。キツネでもあのタイミングでは出ない。刹那が俺を真と目していたなら、弥風は狼確定だから、出控えるはずだ。
刹那が狂人だとすれば、『豪礼がキツネ豪礼吊りを回避させに出た弥風が背徳者東雲真、もしくは占い初日』を見込んだんだろう。この場合、今日はRPPだな」

中間管理職 刹那
「弥風には悪いが、狩人だ。RPPは起こせない」

ドクター 此紀
「豪礼が消えて今日がある時点で、弥風視点、私が狼になったわけ?」

楽天家だったためしがない 弥風
「…………」

ドクター 此紀
「あんたを信じられないのは、昨日の時点で狼予想を出さなかった点なのよ。『刹那と宣水をキツネ陣営で見てた』なら、狼は誰なのよっていう」

楽天家だったためしがない 弥風
「途中までは右近真、つまり刹那狼で考えてた。が、宣水が刹那を援護してるところから、『ここが両キツネ陣営』に予想が変わった。
宣水が背徳者で、刹那がキツネ、豪礼が狼、占い初日。豪礼をあそこで吊るとキツネ勝ちになる、と考えてた」

ドクター 此紀
「それならあんた視点、今の内訳は『狼(私)狩人(弥風)背徳者(宣水)キツネ(刹那)』なのね。
刹那を吊れたとして、あんた視点、敗北確定だわ」

楽天家だったためしがない 弥風
「いや。…………。……豪礼が死んだのに今日が来たってことは、僕が間違ってたわけだ。
狼(刹那)狂人(宣水)狩人(僕)村人(此紀)』なんだろう。右近が真だ」

ドクター 此紀
「あら。あれだけ『宣水はキツネ陣営』って言ってたのに」

楽天家だったためしがない 弥風
「お前は狼には見えない。全日、動きが安定してて、吊り誘導もない。ということは、宣水か刹那のどちらかが狼だが、まあ『西帝襲撃の時点で、宣水は狼じゃない』とは僕も思う。三者比較で、もっとも狼的なのは刹那だ」

ドクター 此紀
「宣水がキツネ、という可能性は考えないわけ?」

楽天家だったためしがない 弥風
「宣水がキツネなら、『狼殲滅』を早めるのが勝ち筋ってもんじゃないのか。
……言いたくないが。宣水は僕よりも推理力はあるんだろう。東雲から黒打たれた時点で、宣水視点『真占い師は右近か初日』。此紀と豪礼は右近の白だ。つまり『占い初日でない限り、5日目の時点で、狼は万羽か刹那、あるいは両方』なんだよ。
この時点で宣水は、『刹那が狼』くらいは見切ってただろう。

宣水がキツネなら、5日目朝の時点で、刹那に白を打つのがおかしいんだよ。
キツネの勝ち筋は厳しい。まして1狼(沙羅)は死んでるんだ。西帝が沙羅の判定を東雲と割らず、西帝が襲撃された時点で、それが確定した。
狼の飽和勝ち狙いは厳しい。まして『吊られた対抗に狼入り』の可能性を考えたら、キツネが目指すべきは『狼殲滅』で、狼に白打ったら動けなくなるだろ。

2日目、宣水は沙羅を吊りに行ってた。狼だと思ってたんだろ。序盤から『狼殲滅』に動いてる。
沙羅吊りと、刹那援護は、キツネの動きとして矛盾してる。『こいつは狼くらい見切るだろう』っていう『対利根川式』で考えるなら」

ドクター 此紀
「可能性としては『占い初日で、宣水が背徳者で、私がキツネ』っていうのもあるんじゃないの? それならどのみち勝てないとしたって」

楽天家だったためしがない 弥風
「前も言ったが、それなら宣水は2日目にお前を囲わないだろ。第1ゲームで『背徳者が初手でキツネをピックアップするのは悪手』つってるやつが、自分でそれを実行するかよ。よりによって『脅威度が高いから占っておこう』とか真占い師に言われそうなお前を」

中間管理職 刹那
「……頑張るなお前も。……。……宣水真を妄信するなら、弥風を吊って終了。
時間はある。それぞれが狼というケースについて考慮すべきだろうな。

『此紀が狼である場合』
占い初日が確定。
宣水は言うまでもなく、右近も此紀に白判定を出しており、東雲は宣水に黒判定を出している。宣水と此紀が狼なら、『狼2:人2』ですでに負けているため、全占い師が破綻。

宣水と弥風は切れているため、この2人がキツネ陣営ということはない。
『昨日の時点での狩人騙り』からして、弥風がキツネというのは切るべきだろう。よって、『宣水がキツネ、弥風が狂人』だ。
キツネが生きている時点で村負け確定乙だな。

……あの狩人騙りの意図は、証言通りに『宣水が背徳者、俺がキツネだと誤認した』ためだろう。狂人がキツネを排除するためにファイト出したということだ。
結論:このケースだともう敗北が確定。

『宣水が狼である場合』
真占い師は東雲か右近。
右近真なら、占い判定によって豪礼が白。『宣水―東雲』の2騙りでない限り、狼は沙羅と万羽だったことになる。
また此紀と弥風も右近に占われているため、キツネではない。
よって、すでにキツネは死んでおり、残り1狼であることも確定しているため、狩人騙りを行なった弥風の正体は『狂人』で自動確定。行動意図は先のケースと同じだろう。
結論:考えられないこともないが、そもそも宣水は非狼要素が多いため薄い。

東雲真なら、沙羅が狼確定。残る狼候補は万羽と豪礼だが、キツネ陣営は居所不明。
背徳者やキツネが、昨日の時点で狩人騙りを行うメリットはないため、やはり弥風は狂人。
『豪礼がキツネ、弥風が背徳者』は昨日の時点で考えたが、弥風が後追い死していないため、これは消えた。

此紀がキツネならもう勝てないので置いておく。
豪礼と万羽のどちらかが狼で、どちらかがキツネだった、と考えるべきか。『右近がキツネで、初日か克己が背徳者』という可能性も、一応なくはない。
結論:先に同じ理由で薄い。

『弥風が狼である場合』
宣水に黒判定を出した東雲と、弥風に白判定を出した右近は破綻。
宣水が真確定。というか占い初日だとしても、もはや真と区別がつかない。
障害があるとして『占い初日なら、宣水と此紀にキツネの可能性がある』というくらいだが、これならやはり村敗北乙なので置いておく。

よって、宣水真で仮定する。
『狩人騙り』の意図は、狂人の場合と同じく、俺をキツネ誤認し、排除することだったのだろう。
西帝がきわめて真目であるため、残り狼は『沙羅と豪礼』。

『東雲がキツネ、初日か克己が背徳者』は、2黒出しから否定される。そんなバンバン黒出しちゃうと、仕事終了で吊られちゃうだろ。
『右近がキツネ、初日か克己が背徳者』は、まあ別になくはない。『右近がキツネ、東雲が背徳者』も、なくはない。これらの場合、万羽が素村ということになる。

だが、キツネ陣営の本線は『万羽がキツネ、東雲が背徳者』だ。
振り返ると、万羽はすべての占い師を吊りたがっていた。東雲吊りを言い出し、宣水については説明不要だろう。『宣水・右近ラン』の日には、きっちりと右近の信用も落としていた。
結論:これが本命だ。

……俺の投票先は宣水と弥風の2択だが、もっとも可能性の高いものを採用するのが堅実というものだろう。やはり『宣水真』で合っていると思う。弥風に投票する」

ドクター 此紀
「……キツネがいたらもう勝てない、だから『キツネ生存中』のケースは考えない、ね。
……狩人がCOさえしてなきゃ、キツネが生きてても、キツネ吊れてGJ出たら、明日が『狩人+人』の3人で続いたんだけどね。残念だけど今日の襲撃は狩人。真狩人がもういないとしても、とにかく『狩人COした人』が噛まれるわ。
キツネが狩人COをしてて、もう片方が非狼で吊られたなら、キツネ噛みになるでしょうけど、1縄増えたところでどのみち村は勝てない。
もう牽制しても意味ないから言うけど、狩人じゃないわ

村のインテリ 宣水
「まったくその通りで、だから真狩人なら、昨日出るわけがないんだ。刹那は『俺が真の場合、あそこで吊られたら、その時点で村敗北』だった以上、出ざるを得ないと判断したんだろうが」

楽天家だったためしがない 弥風
「狼が『キツネ生存』と目しているなら、今日なんとかキツネを吊りたいわけだろ。刹那の諦め方は何なんだ」

中間管理職 刹那
宣水真を本命視、よってキツネは死んでいる。……ああ。お前が『俺=狼』だと思っている狂人なら、その推理は外れている」

ドクター 此紀
「宣水は非狼でしょうね。だから吊りは、狩人から2択。『弥風が狂人で、刹那が狼』っていう可能性もあるけど、刹那がめっちゃハシゴ外してるから、これはまあ無いもんとして。
どっちかが真狩人で、どっちかが狼だと考えましょう。……中立が私ひとりしかないって、きついわね。……。

2回の死体なしがGJだとすれば……というか、少なくとも片方はGJでしょう。
弥風視点では『西帝→宣水』のどちらか、あるいは両方で起こってる。
刹那視点では『右近→右近』ね。……まあどっちも、意図を聞かなくてもわかるっちゃわかるわ。

弥風が狩人COをしたのは、真狩人なら好手とは言えないと思うけど……『ここでキツネ吊らないともうダメ』っていう焦りは理解できる。
ただしこれは狼と狂人も同じ焦り方をするのよね。
狼なら特に。キツネが生きてた場合、『なんとか吊らないと絶対に負ける』し、キツネがどうだろうが『一手の無駄吊りを挟めば、縄が増えない限りは、村には確実に勝てる』。

……ただねえ。『無駄吊り狙い』については、『今日でよかった』と思うのよ。弥風が黙ってても、昨日の吊りは豪礼だったでしょうし。
だから行動意図は『本気でキツネを警戒して焦ってた』。狼でも、狂人でも、真狩人でも。でしょ」

楽天家だったためしがない 弥風
「そうだ。豪礼がLWだったら、キツネ陣営濃厚な宣水と刹那がいる状態で、吊らせるわけにはいかなかった」

ドクター 此紀
『豪礼を狼だと推測した狂人』の場合は、また違う焦りがプラスされてたわけよね。東雲真、あるいは占い初日を睨んでた狂人なら、働き者ね。

……刹那が対抗に出た以上、刹那が狼だとしたら、豪礼は白ね。両狼なら、どっちが吊られようが、必ず今日に繋げたわけだし。刹那がLWで、自分に吊り縄飛んできそうな流れになったから、焦ったんでしょ。

この場合、宣水はキツネ狂人。真占い師は右近。残りの狼は、沙羅と、東雲か万羽。
弥風の『宣水がキツネなら刹那に白打ちはしんどい』は、宣水の方針と推理による、としか言えないと思うけど。……」

楽天家だったためしがない 弥風
「知らんが、宣水は『狼にだけわかる狂人アピール』でも打ってたんじゃないのか。『宣水がキツネだった場合のケア』について、刹那は意識が薄すぎる」

ドクター 此紀
「あんたは『そのケアについて意識が分厚い』わよね。狼でも村人でも、厚いのが正解だと思うけど」

中間管理職 刹那
「『初動にもっとも正体が出やすい』という持論がある。宣水がキツネならば、1日目の『占霊は明かさないがCO』というのはなんなんだ。『狼は自分を噛むな』というアピールは、他の占霊の護衛率を上げている」

ドクター 此紀
「『自分への襲撃率を下げて、真占い師への襲撃率を上げている』っていう解釈もできるんじゃないの? ……いえ、……。どうかしらね。あんたの言い分の方が合ってる気もする。……ああ、いえ、……序盤で占い噛みが通っちゃうと、占いローラーが完遂されやすくなるのよね。だからあれは、どっちかというと『背徳者ムーブ』なのかしら」

楽天家だったためしがない 弥風
「3日目だかにも、そのへんのことを言ってたな。僕もそう判断した。宣水は背徳者で、援護を送ってる刹那がキツネだと。違ったわけだが」

村のインテリ 宣水
「弥風が狩人だというのなら、昨日『絶大なデメリットを背負って出る』ほど刹那をキツネ視していたのに、今日が来たからつって『刹那は狼』に切り替えるのが早すぎるだろう。『とにかく刹那を吊りたいだけ』ってのが透けてる。

弥風が本当に白なら、『占い初日で、此紀狼』を、もっと考えるべきだろ。こいつの行動理念からして、『刹那がキツネで、此紀が狼ならもう勝てねえから、推理放棄』っていうのは不自然なんじゃねえのか。まして『此紀を護衛していた』ってのは何なんだ。

弥風の本命予想は『俺=背徳者:刹那=キツネ』だったはずだろう。
よって、豪礼吊りで今日が来るとすれば、弥風視点は『此紀が狼』になる。弥風視点、此紀でGJが出るわけねえだろ。
その予想なら、GJが出てキツネを吊れたところで、背徳者の後追い死でどのみち負けるにせよ、ともかく5人になった時点で『狩人生存を蘭香にアピールした上で、キツネもしくは背徳者の死亡を再考し、勝利の可能性を探る』ことができただろ。

そのうえ『刹那が背徳者』なら、『キツネ(俺か此紀)』を吊った際、狼が後追い死する刹那を狩人誤認で噛んだ場合、『狩人(お前)共有者(蘭香)』という、理想的な最終日までも望めた」

楽天家だったためしがない 弥風
5分でそこまで考えるのはお前くらいだよ。
昨日は豪礼をLWだと見てたから、豪礼吊りの時点で『キツネ勝ち』での負けを覚悟してた。だが翌日があるなら、それは僕の推理が外れてたってことだ。実際そうなった。
この場合に備えて、『残り3人から新しく狼を探す』ってのは当たり前のことだろ。ニセ狩人の刹那が狼だと判断した」

ドクター 此紀
「……宣水と刹那の票が動かない以上、弥風が真狩人なら、私がRPP狙うしかないのよね。…………。……」

楽天家だったためしがない 弥風
「……そろそろ時間だな」

ドクター 此紀
「…………。

昨日の時点での狩人COについて。
弥風がキツネなら、あそこで出る意味はまったくない。黙ってりゃ狼か村人が吊れそうなのに、なんで出たの? 
真狩人なら、あそこで出たのは最善手じゃない。これはそう。でも、弥風にもそんなことわかってるわよね。
だけど出た。それは本当にキツネを危惧してたから。

『狼のキツネ危惧』 『狂人のキツネ危惧』 『真狩人のキツネ危惧』のどれか。
同じように見えるけど、細かく考えると結構違うわ。

まず落ちるのが『狼』。
特に『豪礼を仲間とする狼』なら、昨日やる意味がない。どっちが吊られても今日に繋げるんだもの。キツネは最後に吊ればいい。
『背徳者とキツネでRPPになる』のは、キツネを噛んで今日を『5人』にすることで防げた。
よって弥風が狼だとしても、豪礼は白。さっき刹那についてこれを言ったけど、これは弥風にも適用できるわ。

つまりあの狩人COが出た時点で、豪礼に黒打ってる以上宣水は偽者なのよ。
時間ないから巻きで『宣水は偽者、豪礼白』の前提で続けるわ。

豪礼が白、弥風が狼』なら、弥風がキツネを狙うのは今日でいいのよ。占い初日なら、豪礼がキツネの可能性もあるんだし、吊っときゃいいのよ豪礼なんて。
弥風がキツネでも、豪礼は吊り得。
よって弥風は、『キツネ危惧の真狩人』か、偽者だとして『キツネを危惧した、あるいはLWであろう豪礼を守ろうとした狂人』になる。狂人吊ってる場合じゃないから、弥風は吊らない。

対して、『刹那が対抗した理由』は、『対抗しなければ吊られるから』 『吊られたらもうおしまいだから』じゃないの?
だから、刹那はキツネLW。

弥風がキツネでも狼でもない以上、宣水は狂人キツネ
1日目の出方は真占い師を噛ませる気がないから、キツネではないと思う。西帝襲撃から、狼の線も薄い。

本命予想『刹那=狼』 『宣水=狂人』 『弥風=狩人』で、刹那に投票。

以上よ。私の票は動かないわ」

楽天家だったためしがない 弥風
お前にはあとで黒飴やる。RPPだが、お前が正解に辿り着いた時点で、まあ良い」


独身貴族 皇ギ
「はい、時間よ」


得票数:名前→投票先

■1票:弥風→刹那
■3票:刹那→弥風
■0票:宣水→刹那
■0票:此紀→刹那


独身貴族 皇ギ
「はいはい『2:2』のRPPだからサイコロを……え? ……あ、3票で刹那が処刑よ。5分のスマホタイム」


7日目終了

【現時点での推理・感想投稿フォーム】

8日目orエピローグへ つづく


スポンサーサイト