ゆるおに 『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』1日目

【メニュー】



『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』1日目
『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』

0日目 1日目 2日目 3日目 



楽天家になりたかった 刹那
村の名産であるプリンが盗まれており、ついでに俺の死体も見つかった。現在10人」


サブカル青年 西帝
「げるとー(棒読み)」

酔っ払い 斎観
「? どうした?」

サブカル青年 西帝
「なんでもない。ただの狂人アピール(狂人がプリン泥棒に『俺が手先だよボス!』と呼びかけること)だ」

チンピラ 東雲
狂人なしだろ」

ドクター 此紀
刹那を殺したことはともかく、プリン泥棒は許せないわね。
私が占い師よ。
典雅を占って『シロ』だったわ。
占い理由は『ビギナーの正体は見えにくい』のと、典雅はこう見えて甘いものが好きだから。
初回占いは外れたけど、必ずホシを挙げてみせるわ。狩人は今夜、私を護衛してちょうだい!」

美少年 桐生
狩人なしです」

弱い方のメガネ 白威
対抗占い師CO。本物の占い師は私です。
東雲さんを占って『シロ』でした。
占い理由はグレーに置いておくと逃げられそうなため、そして一番ドロボウっぽいからです。
ここは俺と此紀様の両吊り……占いローラーで構わないと思います。処刑数は4回。全員の視点で、2回で確実に1プリン泥棒を排除できます」

バツイチ父さん 東埜
「占い師が2人……ということは、どちらかはプリン泥棒だから、ですね。ここはルール説明で把握しました」

原宿ロール 右近
「はーん。両方シロ出しか。つまり典雅か東雲のどっちかは確実にシロね」

ドクター 此紀
「本物の占い師は私。白威はニセ占い師よ。白威はどう見てもプリン泥棒丸出しじゃない。肉食一族には珍しい草食系男子だものね。どうせあれでしょ、オシャレなカフェで、ケーキとラテアートを並べて、インスタにアップしてるんでしょ?
つまりあんたの素行は、プリンとの親和性が高いのよ!」

酔っ払い 斎観
違うゲームになってねえ?

サブカル青年 西帝
「でもまあ、ビギナー向けの流れを説明してるからな。こういうイチャモンのつけあいから入って、本格的な推理になっていく、っていうのがスタンダードなんじゃないか。白威さんがこのノリを受け入れてくれたらいいんだけど……」

弱い方のメガネ 白威
「此紀様の言い分は、曲解と印象操作で固められています。
まず『素行』というのが事実無根の言いがかりですし、次にプリンはスイーツとしてオシャレとは言えません。
これは多少暴言になってしまいますが、インスタに上げるのはせめてグラスに盛られたプリンアラモードです。インスタに『ただのプリン』をアップして『いいね!』を稼げるのは、女子大生だけです

美少年 桐生
メッチャ受け入れてる

ドクター 此紀
「あら、これは視点漏れ(プリン泥棒にしか視えないものを明かしてしまうこと)じゃない?
盗まれたプリンの仔細を私は知らないわ。でも少なくとも白威は、『アラモードではない』と証言してる。これはプリン泥棒しか知りえない情報だわ!

サブカル青年 西帝
ハイ。自称占い師は2人ですね。
初日役欠けルールではない(初日犠牲者の刹那様は占い師でも霊能者でもない)ため、占い師のどちらかは本物。
そして処刑回数は4回で、占い師が3人出てきたら、『真占い師プリン泥棒占い師プリン泥棒占い師』で、全員を処刑でき、プリン泥棒は確実に負けますから、これ以上は出てきません」

チンピラ 東雲
「ここはプリンの形状を確定させるのが先決なんじゃねえの? 此紀様の仰る通り、盗まれたプリンがアラモードじゃねえ場合、白威が視点漏れをした、って線はかなり強くなるだろ」

楽天家になりたかった 刹那(死者)
「知らん。おのおのが好きなタイプのプリンを想定しろ

酔っ払い 斎観
「俺はなんかさあ、とろける~とか、なめらか~みたいなのとかより、固めのプリンの方が好きなんだよな」

美少年 桐生
「親父オブ斎観が作るプリンってそうだよな。白威さんのプリンは、なんかオシャレであっさりしてる」

サブカル青年 西帝
「俺も白威さんの作るプリンの方が好きだな。で、進行はどうするんですか?」

美女 万羽
「ま、ローラーでいいでしょ。真占い師にも犠牲になってもらうけど、『確実にプリン泥棒1を処分できる』からね。
そしたら少なくとも『4日目4人の時点で、【プリン泥棒2村陣営2】になっちゃって村が負ける』ことはなくなるわ。
先にプリン占い師吊れたら、真占い師か霊能者が襲撃されるから、占いローラーに使う予定だった処刑回数が1回浮くかもしれないわね。お得。

霊能者はさっさと出していいんじゃないの?
占い師が2人出た時点でもういらないし、グレー見やすくなった方がいいでしょ。
霊能者は『残りプリン泥棒カウンター』なんだけど、占い師を両吊りした時点で『残りプリン泥棒は確実に1人』だし、その『最後の1人』を処刑できた時点で、ゲームはもう終わってるから、もう何も仕事はないのよ」

バツイチ父さん 東埜
「…………? ……すみません。少しご説明いただきたいのですが」

美女 万羽
「えっ、今かなり丁寧に説明したんだけど」

酔っ払い 斎観
「『処刑回数』についての話は、初心者だとちょっと把握しにくいですよ。そこも説明してやった方がいいと思います」

美女 万羽
「あ~、そこね。OK~。

あのさ、プリン占い師……たとえば白威の方だとして。
白威を先に吊ったとするじゃない?
そしたら明日の朝、霊能者から『きのう吊った白威はプリン泥棒だった』っていう判定が出るのよ。
そしたら本物の占い師(此紀)が生き残ってる上に、此紀がシロ判定を出してるから典雅も『確実にシロ』だってことが、全員にわかっちゃうわけ。

この時点で此紀と典雅の2人は『シロが確定』。
プリン泥棒が濡れ衣を着せられる相手が2人減るの。

しかも『此紀が今夜、最後のプリン泥棒を占ってたら』プリン泥棒は早くもジエンドよ。
片方(白威)はもう吊られて、片方は本物確定の占い師に見つかっちゃったからね。

だから、これなら白威の相方……残った方のプリン泥棒は、今夜、これゲームでは『明日の朝』になるんだけど、とにかく今回『此紀か霊能者』を襲撃したいのよ」

バツイチ父さん 東埜
「プリン泥棒からすれば、『本物の占い師にシロだと判定された典雅様』も、もう濡れ衣を着せることはできない以上、生かしておいても無意味、ですよね。
ならば『典雅様も襲撃候補に入る』のでは……?
自分が占われていたら、もちろん助かりませんが、必ず占われているとは限りませんし」

美女 万羽
「いやいや。……え? これも説明しないとわかんない?」

サブカル青年 西帝
「慣れてくると忘れがちですが、完全な初心者にとっては、敷居が低くはないゲームです。説明は必要かと。俺が話しましょう。

ええとな東埜。
仮に『此紀様は絶対に自分を占ってない』っていう謎の確信が、LPT(ラストプリンシーフ=最後のプリン泥棒=俺が今作った言葉)にあったとする。

でもこれ、『此紀様が本当にLPTを占ってない』としても、別のやつを占ってるわけだから、隠れ蓑が1つ減ってる。此紀様と典雅様にプラスしてもう1人、シロ確定が増えてる。
この時点、グレー(占われていないからシロクロ不明のやつ)は、あと5人。
このうち1人が自分だから、隠れ蓑は4人。あと3回も処刑が残ってる。

『LPTが此紀様に占われた時点でもちろんアウト』だし、『此紀様が4連続でシロを引いたボンクラ占い師』だとしても、最終日は『隠れ蓑1自分』の2択になるわけだよ」

バツイチ父さん 東埜
「ええと、1減って1、1減って1……」

美少年 桐生
「最初のうちは、そういう計算も少し複雑に感じますよね。
今の流れを、メモ帳に書き出します。

占←占い師
霊←霊能者
←グレー
〇←白判定

白威さんがプリン占い師として、白威さん吊り。
東埜さんが言うように、LPTは、此紀様の〇である典雅様を襲撃したとします。
さらに、此紀様は2連続でシロを占います(LPTが占われていたらもうプリン陣営敗北確定です)。

2日目の朝、霊能者によって『此紀様が真占い師』ということが確定しているので、此紀様の〇は『確実に潔白』です。
1人目の〇である典雅様は襲撃されましたが、昨晩の占いにより、〇がもう1人増えています。

『2日目朝』8人
占霊〇□□□□□(□の中にプリン泥棒1)

『2日目夜』に、また〇襲撃。
LPTはもう、霊能者を襲撃しても同じなんですが、わかりやすくするために、〇襲撃ということで続けますね。
此紀様は3連続でシロを引きます。

『3日目朝』6人
占霊〇□□□

『3日目夜』も、また〇襲撃。
此紀様は4連続でシロを引きます。

『4日目朝』4人
占霊□□

この時点で占い師と霊能者は村陣営で確定しているので、もちろん処刑対象ではありません。
なので最終日の処刑は『LPT最後のグレーの村人』の2択です」

サブカル青年 西帝
「だな。で、もう一回言うけど、これ『此紀様がめちゃくちゃセンスのない占い師で、4連続で占いを外す』っていう前提だからな。途中でLPT当てたら、もうそこでプリン陣営は負けだ」

バツイチ父さん 東埜
ばかり襲撃せずに、此紀様を襲撃すればいいのではありませんか?」

美少年 桐生
『どのみち此紀様を襲撃する』なら、今日すべきでしょう。遅らせれば遅らせるだけ、『自分が占われる』『隠れ蓑が減る』っていうリスクが積み重なるだけです」

美女 万羽
プリン泥棒からすると、プリン占い師の白威が先吊りになった時点で、真占い師の此紀か、霊能者を即襲撃したいのよ。なんかドチャ奇策かましてくるタイプなら、違う襲撃するかもしれないけど」

バツイチ父さん 東埜
「…………。
あ、はい、おそらく理解できました。すみません」

酔っ払い 斎観
「最初はそんなもんだよな」

サブカル青年 西帝
「万羽様が仰ったように、先吊りされた白威さんがプリン占い師なら、襲撃先は普通『此紀様か霊能者』の2択。

此紀様を襲撃したら、『此紀様から〇もらってる典雅様のシロが確定する』けど、まあそれだけで済む。
霊能者を襲撃したら、『吊った占い師と、残った占い師の、どっちが本物なのか』はわからないから、典雅様がグレーに戻って、『プリン占い師かもしれない此紀様』も吊りってことになる。
どっちにしろ、LPTは、差し迫った危機にはさらされなくなる」

罪作りな男 典雅
「順番が逆で、本物の占い師を先に吊った場合というのは?」

チンピラ 東雲
「おし、俺も説明に参加しましょう。

えー、引き続き、『此紀様が真占い師』で仮定しますね。
で、此紀様を先に吊ったら、やっぱり霊能者から『処刑した此紀様はシロだから真占い師プリン占い師は白威』って情報が出ます。

こっちなら、プリン泥棒は誰を襲撃したっていいんですが、まあ『自分の隠れ蓑を狭めない』っていう意味で、グレーには行かないでしょう。普通は『此紀様の〇である典雅様』か、霊能者を選びますが……まあ霊能者の方が得っすね。
此紀様の霊能判定が隠れたら、どっちの占い師が本物かはわからねえから、典雅様を『シロクロ不明の隠れ蓑』に戻せます。

ここで霊能者を襲撃しないメリットがあるとすれば、『霊能者がすげえミスリードしてて、LPTをメッチャ支援してくれてる』みたいな時ですかね?」

罪作りな男 典雅
「つまり、『真占い師』『プリン占い師』の、どちらを先に吊っても、プリン泥棒にとっては襲撃先は霊能者がいいのか?」

弱い方のメガネ 白威
プリン占い師を先に吊った場合は、特にそうですね。
霊能判定が出なければ、占い師の真贋は闇の中。『あと3回』の処刑のうち、1回を『真占い師』に使うことができます。村視点では、これが安全策なので。

この真占い師が、今夜の占いでLPTを捉まえていたところで、村から見れば『嘘をついているプリン占い師』という可能性もありますから、LPTにとって、真占い師はさしたる脅威でも……あ、いや」

酔っ払い 斎観
「え? メチャクチャ脅威じゃねえか?
『2日目夜』は、安全策で、残った方の占い師を吊る。ここまでは白威の言う通りだな。
けど、処刑回数はあと2回ある。しかもこの時点、『真占い師プリン占い師』の両方を処刑済みだから、『確実に1人はプリン泥棒を処分できてる』
3回目の処刑の使い道が『片方の占い師からクロ判定出たなら、一応そいつ吊ってみっか』ってなる可能性は充分あるだろ。これだと、3日目夜でプリン泥棒が全滅だ」

原宿ロール 右近
「あー、そうか。……あ、だと逆に、真占い師が先に吊れたら、『プリン占い師があした、村人にクロ判定を出して、3回目の処刑を村人に使わせる』っていう戦法で来るのもアリかもね。
霊能者が死んでるって前提だから、クロ判定を出した占い師が本物かどうか、村にはわかんないから」

ドクター 此紀
「プリン泥棒は2人しかいないから、確かにグレーの中からクロ引いた時点で、真占い師は仕事終了なわけだけど。もう1人のプリン泥棒は、ニセ占い師として処刑済みなわけだし。
でも2回目と3回目の処刑順番は、逆でもいいわよね。『処刑される3人』は固定されてる以上。

『占い師1』→『占い師2』→『占い師2からクロ判定出されたやつ』
『占い師1』→『占い師2からクロ判定出されたやつ』→『占い師2』

『占い師2が本物』なら、後者だと最速勝利で、3日目の朝にもう勝ってるわ」

美女 万羽
「ダ~メ~。『真占い師の白威を先吊り』 『プリン占い師は此紀』 『此紀が村人に濡れ衣を着せて、LPTを守ろうとしてる』なら、此紀が3日目までにメチャクチャ濡れ衣工作を重ねてくるじゃない」

原宿ロール 右近
「それはそれで情報になると思うけど? 『此紀がプリン占い師だから、村人に濡れ衣を着せることに必死』みたいな」

チンピラ 東雲
「そりゃそうなんだが、『此紀様に濡れ衣を着せられたのが自分』って考えてみろよ。此紀様に反論できんのか?」

原宿ロール 右近
「イエーイ無理

罪作りな男 典雅
「クロの判定が出るかどうかはともかく……『両占い師を吊るのは、1日延ばす』というのもいいのじゃないか?
4日目朝の時点で、2人の占い師を処刑済みでさえあれば、もう『プリン泥棒2村陣営2』で負けることはない。3回の処刑で、『プリン占い師』は確実に吊れているのだから』」

美少年 桐生
「あ、鋭いことを仰いますね。手順としては、それでもOKです。あと1日、両占い師を生かすことはできます。
灰のプリン泥棒が占いに捉まることを恐れて、真占い師を襲撃すれば、占い師ローラーに使うはずだった吊り縄が1つ浮きますから、村にとって得ですね。俺ならそんな襲撃はしませんが」

バツイチ父さん 東埜
「? 君は占いに捉まらない、という自信があるからか?」

美少年 桐生
「ちょっと違います。この場合、『もう別に捉まっても致命傷じゃない』んですよ。
処刑回数は4回。両占い師を1日生かすので、今晩は村人を吊ったとします(ここで灰のプリン泥棒が吊れたら、もう両占い師を吊ることで村勝利確定なので、それはとりあえず考えません)。

村人吊りからの、両占い師を吊って、ここまでの処刑が3回。
残りの処刑回数は『1回』。

つまり、俺がLPTで、占い師にクロ判定を出されてたとしても、もう『一応吊っとこうか』とか言えないんですよ。
俺にクロを出したのがプリン占い師で、俺が村人だった場合、俺を吊った時点で村敗北ですからね。
そして『俺が真占い師に捉まったLPTなのか、プリン占い師から濡れ衣を着せられた村人なのか』は、他の村人には区別がつきません。
ここまで霊能者が生きていることは、まずないでしょうから」

バツイチ父さん 東埜
「ああ……ああ。なるほど。…………。

……え? 俺が特別に頭が悪いのかな? この説明の前に理解できていなかったのは、俺……私だけですか?」

酔っ払い 斎観
「初心者だとそう思っちまうよなあ~! でも大丈夫だ。慣れてくると、こういう進行計算ももうちょい早くできるようになる」

美少年 桐生
「話を戻すと……両占い師をもう1日生かすとして。
今回の襲撃が占い師でなかったとすれば、『両占い師のグレー』が、もう1つずつ狭まることになりますね。情報は増えます。噛み合わせがなければ」

バツイチ父さん 東埜
「かみあわせ、というのは?」

美女 万羽
「『占い先襲撃先が重なること』よ。
プリン泥棒は仲間割れをしない、できないってルールだから、『朝に死体で上がったやつは必ずシロ』。そいつへの占い判定がシロなのは当たり前、ってこと。
これだと、生存者のグレーは狭まってないわよね」

罪作りな男 典雅
「疑問があるんだが。
『どうあれプリン泥棒からすれば、霊能者は襲撃対象』ということだろう?
それなら少なくとも今日、霊能者を表に出す必要はないと思うが。まだ誰のことも処刑していない以上、霊能者は何の判定も持っていないだろう」

チンピラ 東雲
「ザッツラーイト。
いっつもそう思ってるんですよ。なんで初日に霊能者を出すのかと。どういう意味があるのかと」

美女 万羽
英語の発音が宣水よりヘタね。『狩人あり』なら、霊を初日に出すメリットもあるけど、今回は狩人なしだから、え~とね」

美少年 桐生
「今回は『霊能者潜伏進行』は反対です。霊能者も今日のうちに出すべきでしょう」

酔っ払い 斎観
「なんで? 『占い師両吊り』がほとんど決まってる以上、別に最悪霊能者がゲゲゲったとしてもいいじゃん。霊能者の判定が出ようが出まいが、占い師はどっちも吊るだろ。
プリン泥棒は2人なんだから、『真占い師プリン占い師』の両方を吊り切った時点で、あとプリン泥棒は1人だけ。そいつを吊った時点で終了するから、霊能者の出番なんかねえだろ。

先にプリン占い師吊れたら、LPTが襲撃するのは『真占い師か霊能者の2択』だろ。
『真占い師に今晩の占いでLPT引かれる可能性』考えたら、真占い師襲撃の方がいいだろうな。そしたら『真占い師に使うはずだった吊り縄』が浮いて、村も得する。

で、先に吊ったのが真占い師なら、やっぱり襲撃先は霊能者1択だろ。わざわざ殺させるために霊能者を出す意味がわからん」

サブカル青年 西帝
「俺も斎観兄貴に同感だね。
ここで霊能者を出して襲撃されると、『占い師の真贋がわからなくなる』し、そのせいで両占い師のシロ判定が無効になって、灰が狭まらなくなるだろ。

今日は占い師吊りがいいと思うよ。ここでプリン泥棒に『霊能者を探す灰襲撃チャンス』を与えてやれる。
プリン泥棒が『ピンポイント霊能者抜き』に失敗すれば、霊能者は生きてるから、占い師の真贋がわかる上に、『霊能者以外の村人』が襲撃されてるから、灰が狭まってる。

仮に『ピンポイント霊能者抜き』が成功したところで、たいして関係ないだろ。
どうせ両占い師は吊りなんだし、霊能者は今回、いつもに増して重要じゃない」

原宿ロール 右近
「……? 『チャンスを与えてやれる』って、なんでプリン泥棒に肩入れしてんの? あんたプリン泥棒なの?

チンピラ 東雲
「お前はちょっと2分だけ黙って西帝君の説明を聞いてろ」

美少年 桐生
『霊抜きが成功しても、たいして関係ない』なら、なんで霊能者を伏せるの?」

サブカル青年 西帝
「霊能者出したらプリン泥棒のミスが確実に発生しなくなるだろ。灰が狭まらない」

原宿ロール 右近
「いややっぱり何言ってるかわかんねえんだけど」

バツイチ父さん 東埜
「……俺にもよくわかりません。すみません」

美女 万羽
「西帝が言ってるのはね~。
きょう占い師吊ると、あした霊能者が『どっちが本物の占い師か』の判定を出して、『そのせいで真占い師が〇判定出した先が、シロで確定するから、灰が狭まって、隠れ蓑が減る』ってことよね。
これだとプリン泥棒は損。

だからプリン泥棒は霊能者を襲撃すれば、占い師の真贋がわかんないままだから、〇出された先も『隠れ蓑』に戻る。今日の〇である典雅と東雲も、グレーに逆戻りよ。
こっちだとプリン泥棒がお得。

『プリン泥棒にわざわざ得をさせてやる理由はない』って意味でしょ?」

サブカル青年 西帝
「ザッラーイ。

霊能者を灰に隠しておくとします。で、まあ『真占い師が先吊りになった』としましょうか。
ここでプリン泥棒は『隠れ蓑として役立たずになった、真占い師の〇』を襲撃してもいいんですが、プリン泥棒が『真占い師に〇出されたやつのことも、隠れ蓑として利用したい!』っていう欲を出したら。

プリン泥棒は『隠れてる霊能者』を狙いに行くかも知れない。
本当に霊能者を当てられても、村としては別に構わない。
村視点、これは『初日に霊能者を出して、殺された』のと同じになるだけだ。

でも、ここでプリン泥棒が、隠れてる霊能者を外したら?
生き残った霊能者は『どっちが占い師なのかわかる』から、『真占い師の〇』が容疑者から外れるし、しかも『霊能者と間違えて襲撃した村人』の分だけ、隠れ蓑が狭まってる。

ってこと」

原宿ロール 右近
ザッツライトが流行語になってるってことと、まあ、やりたい作戦も、なんとなくわかった」

美少年 桐生
「……ああ。西帝叔父さんが言ってることは、まあわかったんだけどさ。
先吊りしたのがプリン占い師で、残った方が真占い師、霊能者は潜伏』。
これだと『せっかく生き残った真占い師が、霊能者を占っちゃう』っていう、占いが無駄打ちになる可能性あるよね?」

サブカル青年 西帝
灰襲撃で村人削れてる分、残りグレーの数はイーブンだろ。
2シロ判定霊襲撃』と『1シロ判定霊生存1シロ襲撃』は同じだ」

弱い方のメガネ 白威
「……。……あ! すみません、やっとわかりました!
霊能者探しの灰襲撃が起き、ここでプリン泥棒が霊能者を外した場合』!

3縄残り2プリン泥棒、その片方がニセ占い師として露呈している以上、LPTが霊対抗に出ることはできません。
ここで出てくる霊能者は、必ず本物。
先吊りした占い師が真ならば『1シロ判定1シロ襲撃』により、グレーが2狭まる。
先吊りした占い師がプリン泥棒ならば、『2シロ判定1シロ襲撃』により、グレーは3狭まっています!」

バツイチ父さん 東埜
「……はい? …………。……」

原宿ロール 右近
「ビギナー向けなんでしょ!? もっと簡単に行こうぜ!!

チンピラ 東雲
「別にこれ、そんな難しいこと言ってねえんだが。俺も西帝君の『霊潜伏』に賛成だな」

酔っ払い 斎観
「頭の中で整理するとゴチャゴチャするよな。メモ帳借りるぞ。

はい、まず西帝が言ってる『今日から占い師を吊って、霊能者を隠して』 『プリン泥棒が灰から霊能者を探して、それを外した場合』な。
『今日吊った占い師が真かプリン泥棒か』の情報は出ねえと、さすがに面倒だから、霊能者は明日には出るべきだ。

【ケース1】
先吊りしたのがプリン占い師なら、生き残った霊能者からその判定が出るから、残ってる占い師が真確定。
しかも真占い師の判定が増えた上に、確定してる。LPTが運よく占われてなかったとして。

『2日目朝』8人
占霊〇〇□□□□

まあ『プリン占い師先吊り』なら、LPTは、霊能者なんか探してねえで、真占い師を襲撃するべきだと思うが。ここで真占い師に占われてたら、もう助からねえんだから」

ドクター 此紀
「そこはプリン泥棒の性格次第なんじゃないの? 『占われてない』ことに賭けて、霊を探して、占い師両吊りで2縄稼ぎ狙い。別になくはない範囲でしょ」

酔っ払い 斎観
「ま、そのへんは水掛け論ですね。

えー、【ケース1】を続けます。
『2日目夜』は、まあもちろん処刑、真占い師襲撃です。

『3日目朝』6人
霊〇〇□□□
『3日目夜』は、処刑、襲撃『霊〇〇』の3択は誰でもいいんですが、まあ桐生と同じように、わかりやすく〇襲撃としますか。

『4日目』4人
霊〇□□
で、LPTはグレー2択です」

美女 万羽
「いやー、プリン占い師先吊りなら、1日目夜は霊能者なんか探してないで、真占い師襲撃でしょ」

酔っ払い 斎観
「さっき言いましたが、俺もそう思います。まあそのへんは『プリン泥棒次第』ですよね。

【ケース2】
先吊りしたのが真占い師なら。
引き続き『プリン泥棒が霊探しを失敗して、ただの村人殺しちゃった』って前提です。

『2日目』8人
霊〇□□□□□
霊能者によって、先吊りした占い師が本物ってことが確定するんで、前日の占い先の〇がシロ確定。
ただし真占い師は死んだから、もう〇判定は増えねえ。

『2日目夜』の処刑はもちろん『確定プリン占い師』です。
襲撃は真占い師の〇でしょうね。残しても意味ないんで。
つか、もう霊能者が出てるんで、霊襲撃しても同じなんですが、とりあえず〇襲撃だとしましょう。
ここで……LPTを処刑できたら、村勝利で終了。
LPTが首尾よく逃げたら、次の日に続きます。

『3日目朝』6人
□□□□□
『3日目夜』、もちろん処刑、襲撃は『もう隠れ蓑にならない唯一の生存者』である霊能者でしょう。

東雲の言う通り、これそんな複雑な話じゃないんですが、慣れてねえと進行もわからんよな。
ここまでは大丈夫か、ビギナーズ?」

バツイチ父さん 東埜
「ええと……大丈夫です。理解できます」

罪作りな男 典雅
「わかるよ。メモで説明されると把握しやすいね」

酔っ払い 斎観
「そりゃよかったです。メモあると、自分でも考えを整理できて便利だな。

『4日目朝』4人
□□□□
グレー4人で最終日ですね。

ここでLPTを処刑できたら『プリン泥棒全滅』で村勝利。
ミスして村人を処刑すると、LPTはまたプリン盗んで人を殺して、プリン泥棒1村陣営1』で同数になるんで、プリン泥棒勝利。
どっちにせよ、『4日目夜』の処刑でゲームは終了します」

弱い方のメガネ 白威
「西帝君が反対している『初日に霊能者を出した場合』も説明しましょう。
メモ帳を借りる。……。

【ケース3】
まず、プリン占い師(此紀様です!)を先吊りした場合。
LPTの襲撃先は『真占い師(俺です!)か、霊能者』の2択。

さっき桐生君が『LPTが占いに捉まっていたら危険』と言いましたが、捉まっていなければ関係なし、捉まったからといって必ず吊られると決まっているわけでもなし、俺……私はやはり、プリン泥棒は霊能者を襲撃した方が得だと思います。
霊能者が死んでいれば、『どちらが真占い師かわからない』ため、『真占い師で吊り縄を浪費させる』ことができますから。

よって霊能者を襲撃、と仮定。
こうすれば占い師真贋不明により、『真占い師の〇もに戻る』 『以降、〇が増えることもない』ので……。

『2日目朝』8人
占□□□□□□□
『2日目夜』は真贋不明の占い師を処刑。襲撃はの中からひとり。

『3日目朝』6人
□□□□□□
『3日目夜』、吊りも襲撃も

『4日目朝』4人
□□□□
最終日のグレーはやはり4人です。

【ケース4】
次に、真占い師(私です!)を先吊りした場合。
プリン占い師の此紀様にとっては、どのみち自分も吊られることは確定しています」

バツイチ父さん 東埜
「『自分が吊られることが確定』……していますか? 霊能者を襲撃して、霊能判定を隠せたら、『自分が真占い師だ』と言い張って生き残れる可能性は、ゼロではないのでは?
『両吊りが安全策』ということは理解していますが、その『安全策』は必ず採用されるのですか?」

弱い方のメガネ 白威
「この人数構成なら、ほぼ必ず採用される。霊能者が消えた時点で、残った占い師が『真占い師』なのか、『プリン占い師』なのかは不明だから、ここは残った占い師も吊るべきだ。

残ったほうがプリン占い師だった場合、4日目が『プリン占い師灰のプリン泥棒村人村人』で同数。プリン泥棒勝利になってしまう。
占い師視点でさえ、これを回避するための安全策は採用すべきだ。なので『ローラー提案』を行なった」

バツイチ父さん 東埜
「皆さんがそう言うのなら……そうなのでしょう。話の腰を折ってしまって、失礼しました」

弱い方のメガネ 白威
「話を戻すと、ええと……ああ。

真占い師(マイセルフ!)を先吊りした場合、やはり襲撃は『霊能者』です。
もちろん『敵占い師の〇』をわざわざ襲撃し、灰を狭める必要はありません。
真占い師の〇も、プリン占い師の〇も、に戻ります。

【ケース4の続き】

『2日目朝』8人
□□□□□□□
霊死亡により、占い師の真贋不明。
『2日目夜』の吊りは、そのため『残った方の占い師』です。襲撃は

『3日目朝』6人
□□□□□□
『3日目夜』、処刑と襲撃は□□しかありませんね。

『4日目朝』4人
□□□□
やはり、グレー4択です」

原宿ロール 右近
「つまり西帝は【ケース1】の、『最終日を2択まで絞る』のを見込んでるってこと?」

サブカル青年 西帝
「違います。それは可能性としてはありますが、本命視はできません。斎観兄貴と万羽様に同感で、これは期待できないでしょう」

原宿ロール 右近
「? そのケース以外なら、どのみち最終日はグレー4択じゃね? 何が違うわけ?」

サブカル青年 西帝
「俺が言っているのは『2日目の時点でのグレーの数』です。
初日に霊能者を出してしまうと、どちらの占い師を先吊りしようが、ほぼ霊襲撃固定で、2日目のグレーが7人になるんですよ。

対して、霊能者を潜伏させれば、2日目のグレーは4人まで狭められる可能性があるんです。まあ4人というのは、斎観兄貴の言うように、まずないでしょうが。
俺が見込んでいるのは【ケース2】『グレー5人』です。もちろん、【ケース1】に越したことはありませんが」

チンピラ 東雲
「俺もほぼそう思うんだが。何をもって桐生君は、その可能性を潰したいんだ?」

美少年 桐生
「え、これ気付きませんか?
あのさ、西帝叔父さんは『占い師が霊能者を占っても別にいいじゃん』って言ったけど、真占い師が霊能者を占って、その霊能者が襲撃された場合、全っっ然良くないよね。もう何もかも無駄じゃん。

『両吊りした占い師の判定なんか意味ない』と思ってる?
違うだろ。片方は確実に真占い師、片方は確実にプリン泥棒なんだから。
『死んだ占い師の出した情報』、もっと言うなら『死んだプリン占い師の情報』だって、LPTを探すための大事な推理材料だろ。

だから『残った方の占い師が霊能者を占っちゃう』ことを確実に防ぐために、霊能者は出すべきだと思う」

ドクター 此紀
「あらまあ。一丁前のこと言うようになったじゃない」

原宿ロール 右近
「あとさ? 霊能者潜伏させるじゃん。プリン泥棒がそれを見抜いて霊能者襲撃したとするじゃん。次の日にプリン泥棒が霊能者乗っ取ってきたらどうすんの?」

チンピラ 東雲
相方は占い師ローラーで吊られるのが決まってんのに、LPTが『絶対に霊能者殺したはず! 乗っ取ってやる!』って博打打ってくるの、どんな低確率だよ

罪作りな男 典雅
「それは無視していい確率なのか?」

サブカル青年 西帝
「いいですよ。というか、万が一それを気にするんなら、3回目の処刑を霊能者に使ったらケアできます」

美少年 桐生
「『霊能者に3縄目を使うほどゲゲゲ乗っ取りケア』を気にするんなら、『霊能者が偽者かも=占い師の真贋不明=全員グレー』じゃん。西帝叔父さんの『グレー狭めよう作戦』と矛盾してるよね」

サブカル青年 西帝
「だから、俺はそんな可能性は無視するよ。3回目の処刑を1COの霊(1人しか出てきていない霊能者)に使うなんてことは考えてない。
相変わらずお前は、黒塗りなんだか、相手の正体を見るために挑発してきてるのか、よくわからない来方をするなあ」

チンピラ 東雲
「もういっこ『霊潜伏』のメリットを言うんなら、『真占い師を先吊りしちまったときのニセ黒対応』にも使えるよな。
霊能者出して襲撃されると、プリン占い師(たとえばまだ俺を占ってない方の此紀様)が明日『東雲を占ったらプリン泥棒だったプリ!』とか、ウソの判定打ってきたら、ローラー終了後の3縄目で『此紀様が真占い師だったのかもしれないし、東雲を吊っとこう』とか言って、吊り縄を無駄遣いしちまう可能性がある。
霊能者を隠しとけば、こういう線は潰せる」

楽天家になりたかった 刹那(死者)
「あのな、実はビギナー回ということで、1日目の今日だけは時間をオマケしてやっているが、さすがにあと3分で投票時間とするぞ」

ドクター 此紀
「ここまで霊能者が出ないってことは、西帝や東雲の『霊潜伏作戦』に、霊能者も賛同してるってことね。まあいいわ。成功したら、確かにグレーは狭まるんだし」

バツイチ父さん 東埜
「思った以上に、先のことを考えるゲームなのですね。……私の頭が悪いのですか?」

原宿ロール 右近
安心しろや! もっと難しいルールで5戦やってるのに、アタシまだイマイチわかんないからね!」

罪作りな男 典雅
「意外に面白い。西帝や桐生の意見が割れているように、経験者でも色々な考え方をするんだな」

酔っ払い 斎観
「そうですね。桐生の言ってることも、決して間違ってない以上、『桐生だけ意見が違うからプリン泥棒だ』ってことにもならないんですよ。プリン泥棒は2人だけ。1人はニセ占い師として出てる以上、残りはもう1人だけなんで、桐生みたいな目立ち方するかっていうと、そうでもない気もしますしね」

弱い方のメガネ 白威
「そう思わせるための作戦、という解釈もあるが」

バツイチ父さん 東埜
「え、結局、投票先というのはどうすればいいのですか?」

美少年 桐生
「霊能者は出ないのか。……じゃあグレラン(グレーランダム=占い師と、〇である典雅様と東雲さん以外を対象にした自由投票)だと、霊能者が吊れちゃう可能性あるからダメだ。占い師のどっちかに投票だね」

美女 万羽
「ハイ、じゃあ全員、刹那にラインで投票先を送ってね~」


楽天家になりたかった 刹那
「投票結果はこうなった」


得票数:名前→投票先

■6票:此紀→白威
■0票:万羽→白威
■0票:典雅→此紀
■0票:斎観→此紀
■0票:右近→此紀
■0票:東雲→此紀
■4票:白威→此紀
■0票:西帝→白威
■0票:東埜→此紀
■0票:桐生→白威


楽天家になりたかった 刹那
此紀が処刑だ。
此紀は隣の部屋へ行っていてくれ。
3分のスマホタイム後、プリン泥棒は襲撃先、占い師は(=白威が真占い師であるならば)占い先を俺に送るように。
その後、占い師と霊能者に判定を送る」


1日目終了

2日目へ つづく




スポンサーサイト