ゆるおに 『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』4日目

【メニュー】



『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』4日目
『汝はプリン泥棒なりや? ぶっ殺すぞ』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目



楽天家になりたかった 刹那
けしからんことにま~たプリンが盗まれており、余談だが東雲の死体が見つかった。現在4人」


美少年 桐生
「はい。妥当な襲撃でしょう」

原宿ロール 右近
「なんかよっぽどのシロ要素出てこない限り、アタシはやっぱり桐生がプリン泥棒だと思ってるわよ」

美少年 桐生
「なぜ襲撃が東雲さんの方だったのか、考えてください。右近様はミスリーダーとして残されています」

原宿ロール 右近
「オウコラ? 西帝と東埜にそう思わせるために東雲襲撃したんだろコラ? プリン泥棒コラ」

サブカル青年 西帝
「右近様。まだ時間はあります。一度、フラットに考えてみてください。思考停止はいただけません」

バツイチ父さん 東埜
「私と桐生君の投票に限り、もう『お互い』で決定していますよね?」

サブカル青年 西帝
「一応、『俺』っていう選択肢もあることはある。
……桐生。昨日言ってた『俺が生きてる今日』が来たわけだが、俺がプリン泥棒って可能性は考えてるのか?」

美少年 桐生
「……まず『真占い師の判定も出てない時点で、此紀様が占いCO』で1特攻。
……『此紀様が先吊りされたのに、白威さんを襲撃しなかった』で2特攻。
……『14%に賭けて、西帝叔父さんが霊CO』で3特攻。
…………。
いや。無理だ。西帝叔父さんはプリン泥棒じゃない

原宿ロール 右近
「おいカラメルソース漏れてるぜプリン泥棒。『無理だ』って言っちゃってるわよ。『濡れ衣着せるのは無理だ』って諦めたのね?」

美少年 桐生
「曲解勘弁してください。西帝叔父さんも言ってましたが、右近様占ってくれた白威さん感謝です。右近様がグレーなら完全にプリン泥棒に見えます。『西帝叔父さんがプリン泥棒だとすれば無理がある』という意味ですよ」

バツイチ父さん 東埜
「2特攻めと3特攻めは、『合わせて1特攻』と考えるべきじゃないかな? 『14%に賭けるために白威さんを襲撃しなかった』という」

美少年 桐生
「いや、それは明確に非連携の特攻ですよ。『白威さんに占いで引かれない』と『霊襲撃を成功させる』は別の話なので。……え、というか東埜さん、『西帝叔父さん吊り』、諦めてないんですか? ガッツすごいな」

バツイチ父さん 東埜
「『霊襲撃が成功していれば、占いで引かれようが関係なかった』んじゃないかな? 霊能者の判定は、占い師の判定の後だった。『此紀様が真占い師、白威さんがプリン占い師』と言い張ればいいんじゃないかな」

美少年 桐生
「それは無理です。そうなった場合、白威さんも西帝叔父さんも両方吊りになります。あの時点で3縄残っていましたから。……なので、『2特攻め』と『3特攻め』は、別軸の話なんですよ」

原宿ロール 右近
「アンタ視点、東埜がプリン泥棒で確定じゃん。なんで東埜を説得しようとしてんの?」

美少年 桐生
「説得というより説明です。ぶっちゃけると『東埜さんが無理な解釈で西帝叔父さんをプリン泥棒に仕立て上げようとしてるから、東埜さんがプリン泥棒ですよ』と、右近様と西帝叔父さんに訴えてます」

サブカル青年 西帝
気持ちいいくらいのぶっちゃけだな」

原宿ロール 右近
「ちなみに東埜は、マジで西帝に投票しようとしてんの?」

バツイチ父さん 東埜
「いえ。……可能性として考えてはみましたが、桐生君の言っていることが正しいのでしょう。桐生君は『正しいことを言うプリン泥棒』だと思います」

サブカル青年 西帝
「……桐生と東埜なら、桐生がカラメルくさいんだよなあ。……」

美少年 桐生
「いや、待ってよ西帝叔父さん。それ『此紀様の作戦軸』からの推理なんだよね? 『プリン泥棒の此紀様が考えた作戦なんか、俺は知ったこっちゃない』んだけど」

サブカル青年 西帝
「お前は『占い師ラン』のとき、白威さんに投票してるよな」

美少年 桐生
「……そこなんだよ。そこ来られると痛い。……昨日吊られてたほうがマシだったかもしれないな」

原宿ロール 右近
「……やっぱ桐生投票固定。変えないわ」

美少年 桐生
東埜さん投票で変更しません

バツイチ父さん 東埜
桐生君投票です

サブカル青年 西帝
「…………。俺も桐生投票で変更なしだ。……なら、もう投票に入っていいだろう。全員、刹那様に投票先を送ってくれ」


楽天家になりたかった 刹那
「投票を受理した。結果はこうだ」


得票数:名前→投票先

■0票:右近→桐生
■0票:西帝→桐生
■1票:東埜→桐生
■3票:桐生→東埜


楽天家になりたかった 刹那
桐生が処刑だ。
この投票結果が正しくても誤っていても、これでゲーム終了。死んだプレイヤーを呼び戻し、勝敗を発表する」






















『エピローグ』


楽天家になりたかった 刹那
右近の無残な死体が見つかった。プリン泥棒は村を滅ぼしたし、プリンを食べ放題



プリン泥棒勝利



『役職一覧』

プリン泥棒:此紀―西帝
占い師:白威
霊能者:斎観
村人:万羽、典雅、右近、東雲、東埜、桐生




原宿ロール 右近
ハァ~~~~~~~~~~~~~~~!?

美少年 桐生
んあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!?

バツイチ父さん 東埜
「…………」

弱い方のメガネ 白威
「…………これは。…………そう来たか」

チンピラ 東雲
ビギナー向け回なのに容赦なしかよ!! なんだこりゃあ!!!」

サブカル青年 西帝
あーーーーーははははははははは!!

ドクター 此紀
オーーホホホホホホホホホホホホホ!!

美女 万羽
霊乗っ取りぃ!? うっそでしょ!?」

酔っ払い 斎観
「俺は隣の部屋で見てて、ゴジラに踏まれて行く蒲田だなと思ってた」

罪作りな男 典雅
「はあ……こういうゲームなのか」

美少年 桐生
「いやこういうゲームではないです。これはレアケースです」

美女 万羽
「でも『潜伏役職抜きからの乗っ取り』自体は、成功するのは珍しいけど、ちゃんとした作戦よね。プリン泥棒は、うまく動いて、うまく読んで、うまく襲撃しただけ。奇策でも何でもないと思うわよ」

サブカル青年 西帝
「『霊乗っ取り』は、0日目夜の相談で決めていました

ドクター 此紀
「そうよ。だから西帝は1日目に、霊潜伏進行を強く推したの。初日に霊に出て来られると、乗っ取りができないから。まあ出てきたら、もちろん普通の勝負で行くつもりだったんだけど」

サブカル青年 西帝
「もちろん真占い師からクロ打たれても、乗っ取り諦めて、普通の勝負で行くつもりでした。
別に『特攻』で此紀様が占いCOしたわけではありませんよ。『4縄2占い師で1クロ』打たれても、必ず吊られるわけではありません。いや、普通は吊られますが、そこはベシャリで切り抜けるのがこのゲームです。
幸いクロも打たれなかったので、完全に『霊乗っ取り』に舵を切りました」

美少年 桐生
「……『霊を確実に抜けてる』 『白威さんから占われてない』、この両方が成立しないと、2日目の乗っ取りって無理じゃん。相当リスキーだろ」

サブカル青年 西帝
「だから2日目朝にクロ打たれたら、乗っ取りじゃなくて、普通の論戦勝負に入るつもりだったんだよ。さっきも言ったが、そこでクロ打たれたからって、別に必ず吊られるわけじゃない。4縄……2日目の時点では3縄だな。このくらいなら、クロ打たれても、口八丁で抜けられる自信はあった」

ドクター 此紀
プリン泥棒だから言わなかったけど、2日目の判定は、『霊能者→占い師』の順番の方が良かったでしょ。万羽がこういうのに気付かないの、珍しいわね」

美女 万羽
「…………『2日目朝に灰襲撃』の時点で、どーせ白威は偽者だと思ってたんだもん。霊能者なんかどうでもいいと思ってたのよ、正直」

美少年 桐生
「……俺も気付きませんでした。『霊能者の判定は占い師の後』という、普通の構成のセオリーに慣れていたのがアダになりましたね」

弱い方のメガネ 白威
「それにしても……乗っ取りとは。……堅実な西帝君らしからぬド度胸だったな」

ドクター 此紀
「『斎観が霊能者である確率は14%』ったってね。プリン泥棒2人が本気出せば、けっこう見つけられるのよ。1日目の『霊潜伏』の話題への反応から、斎観は霊能者だと思ったわ。8割くらい。2割で外したら、まあしょうがないってことで。
私はこの夜に処刑されたから、この予想を西帝に伝えることはできなかったけど、西帝も読んだのね。
だけど一応、西帝はちょっと様子見をしてたわね。『真霊能者が出てこないかどうか』」

美女 万羽
「あ~、……言われてみれば、確かにちょっとだけ、西帝のCOは遅かったわ。……ちょっとだけ。……あ~~~~~~」

サブカル青年 西帝
『白威さんが襲撃されてない時点で、白威さんがプリン泥棒だろ。つまり此紀様にプリン判定出してるテメーは偽霊能者だ』と、桐生あたりがもう少し攻撃してくるかとも思ったけどな」

美少年 桐生
「いや、白威さん単体ならそう判断しただろうけどさ。『霊乗っ取り14%』とダブルで来られたら無理だよ。……西帝叔父さんが『此紀様はプリン泥棒』って判定出したのは、まあ、当たり前だね」

バツイチ父さん 東埜
「そこはよくわからないんだけど、当たり前なの?」

美少年 桐生
「さすがに『此紀様は真占い師だった』って霊判定が出たら、白威さんが『西帝イズ偽霊能者!』って叫びます。そしたら、あの時点でも言いましたが、『2縄目で西帝叔父さんを吊る→3縄目で白威さんを吊る』っていう進行が取れたんですよ。取ったかどうかはともかく。でも、少なくとも白威さんを敵に回さなければ、その確率が下げられます」

原宿ロール 右近
「どうなってんだよコレ!! もう!!!! 桐生スマンかったわ!!!」

楽天家になりたかった 刹那
「万羽も言ったが、プリン泥棒は、奇策を打ってきたわけでもないし、たいして運に恵まれたわけでもない。これはプリン泥棒の実力勝利だ。眼力と胆力で押してきたな」

ドクター 此紀
「ありがとう。別に運があったわけじゃないっていうのは、そうね。そもそも『占い師ラン』で先吊りされた時点で、当初の計画とはズレたもの。
あそこは白威を吊って、あとは予定通りに斎観を抜いて、霊乗っ取った西帝から、『白威が真占い師』っていう判定を出してもらうつもりだったわ。私はプリン泥棒CO。
これなら2日目夜に私が吊れるから、残り2縄。SGにするのは2人で済むから、もっとラクだったでしょうね」

サブカル青年 西帝
「『此紀様が占い師に出ず、プリン泥棒は2人とも潜伏の上で、同じく霊を乗っ取って完全勝利』というプランも、少しは考えたのですが」

弱い方のメガネ 白威
「あ、それは占い師視点でも気になっていた。なぜそうしなかったんだ? 狩人なしなのだから、占い師を確定させても、そこまでプリン泥棒には影響がなかったと思うけど」

ドクター 此紀
「『霊能者を絞るため』よ。私が典雅にシロ打ったのは、『典雅が霊能者かどうか』を反応から探るため。別に誰でもよかったんだけど、初心者の方が、こっちからアクション仕掛けないと、正体が読みにくいかと思って」

サブカル青年 西帝
「もちろん俺の『霊潜伏提案』も、さっきも言ったけど霊能者を伏せておくため、あともちろん、霊能者を探るためだよ」

酔っ払い 斎観
「俺が正体透かしちゃったのが敗因ですか……」

チンピラ 東雲
「いやあー、『2日目朝に灰襲撃』の意図を、もっと掘り下げて考えなかった俺たちのせいです。……ゲゲゲ乗っ取りって成功するんだなあ」

美少年 桐生
「だから霊能者は初日に出せばよかったのに……と言ってる俺も、非霊透かしてましたね。すみません。普通の構成なら、霊潜伏進行の方がいいと思うんですが、今回は初日FO(フルオープン=占い師と霊能者が全員出ること)がいいと判断したんですよね」

弱い方のメガネ 白威
「いや、というか、別に『霊乗っ取り』という勝負に出て来なくても、此紀様と西帝君なら普通に両潜伏で勝てただろう。なぜわざわざリスクのある作戦を取ってきたんだ?」

サブカル青年 西帝
男は度胸ですからね」

ドクター 此紀
「たまにはこういうのも面白いかと思って」

罪作りな男 典雅
「こういう遊びも、意外といいね。誰も傷つかない真剣勝負、という感じがいい」

バツイチ父さん 東埜
「これでも、かなり簡略化されたルールなのですよね? ……これよりも複雑なルールが普通、ということですか。……厳しいゲームですね」

美女 万羽
「ちょっと慣れたら、もっと色んなことがわかってくるし、強くなっていくわよ」

酔っ払い 斎観
「ですね。俺もちょっとずつは計算とかできるようになってきました。まだ全然強くはないですが」

弱い方のメガネ 白威
「ああ。俺もだんだん、初心者に多少の説明をできる程度には、計算や進行を理解できるようになってきた」

原宿ロール 右近
「アタシもまあ、最初よりはマシになってきた感じ。いや桐生にはスマンかったけどさ」

美少年 桐生
「疑い合うゲームですし、俺が真占い師に投票してしまったのも事実ですから、別に気にしていません。ゲームが終了すればノーサイドです。というか、ゲーム中も同サイドだったわけですが」

チンピラ 東雲
「役職一覧見て驚いたが、こういうケースもあるから、飽きなくていいのかもな」

ドクター 此紀
村人をキレイに騙して食べるプリンは最高

サブカル青年 西帝
たいへん甘美です

楽天家になりたかった 刹那
「ゲームマスターとしても、今回は面白かったぞ。ゴジラゲーとして。少人数村もいいものだな。気が向いたら、またやろう」

罪作りな男 典雅
「そうだね。よかったらまた誘ってくれ」

バツイチ父さん 東埜
「胃が痛くなるゲームですね……。機会があればまた」

美女 万羽
「みんなで集まって遊ぶの、それだけで面白くない?」

チンピラ 東雲
「ですね。無礼講ゲームですし」

サブカル青年 西帝
「では、また次のゲームで。ははははははは!!

酔っ払い 斎観
「これ見よがしに勝ち誇りやがって……」

美少年 桐生
「まあ、勝ち誇る権利があるだろ。次は負けたくないなあ」

ドクター 此紀
「じゃ、また次回ね。ホホホホホホホホホ!!



WEB拍手(メッセ~ジフォ~ム):ご感想や推理など教えてください



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』トップへ





スポンサーサイト