ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第6ゲーム 3日目

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第6ゲーム 3日目
『汝は人狼なりや?鬼だけど 第5ゲーム』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目



永世名人 宣水
刹那と白威の無残な死体が見つかった。現在9人」


美少年 桐生
「2死体! 理想的です。占い師、判定どうぞ。克己様の相方が1白にいたであろうことをお忘れなく!

原宿ロール 右近
刹那占って『人』よ! 
刹那で呪殺、白威が背徳者。もしくは沙羅がキツネで、白威は同じく後追い死、刹那は襲撃死。白威が狂人で襲撃死ってことはないでしょ」

チンピラ 東雲
刹那様占って『人』だ!
まあ右近と内容考察はかぶる。たぶん呪殺だろうな。沙羅さんがキツネなら、背徳者はまったく仕事してねえから」

美少年 桐生
「はい。沙羅さんは『人』です。
……沙羅さんがキツネという線は、両占い師が言う通り、かなり薄めです。背徳者がド役立たずだったので。
よって、これは呪殺。『刹那様=キツネ』『刹那様をすでに占っていた白威さん=騙り』を確定と見なすべきでしょう。偽占い師のほうは呪殺対応お疲れ様です。
白威さんの正体は、ほぼ背徳者。まあ初日か沙羅さんが背徳者で、狂人の白威さんに襲撃が重なった可能性はありますが。この場合の囲い候補は豪礼じいちゃんのみですね」

まじない師 克己
もう一人の共有者は豪礼だ

荒くれもの 豪礼
「認める。共有者だ

美少年 桐生
「ここで解除しちゃうのもったいないけど、まあいいか。はい、白威さんの占い判定は無です。どのみち狂背占い師の判定なんかは情報量として『限りなく無』なんですが。
残り4縄2狼、両占い師が1黒挙げてる! これは大変良いコースです!」

美女 万羽
「占いローラー完遂可能おめでとう、のコースね。ローラーが終わっても5人。1狼が吊れてるから、占い師が『真+狂人』だとしてもPPは完璧に防げるわ」

酔っ払い 斎観
「ですね。両占い師、呪殺完了で2黒判明。もう8割がた仕事は終わってます」

荒くれもの 豪礼
「……蘭香は右近と東雲のパンダだ。……蘭香を吊り、占い師を決め打つという手もある」

美少年 桐生
「俺が確実に噛まれるからダメ」

荒くれもの 豪礼
「……ニセ占い師が狼であり、先吊りすれば、結局はお前が噛まれるだろう」

美少年 桐生
「…………。そうだった。……黒ラン入っちゃうか。
キツネが死亡した以上、もはや難易度イージーの『狼早吊りゲー』になりました。
今日の吊りは『東雲さんの黒である蘭香さん』『右近様の黒である万羽様』の2択ランがいいと思います」

チンピラ 東雲
「異議なしだ。両狼かも知れねえし」

原宿ロール 右近
「蘭香は確実に白だから、ランに異議なしとは言えないけど。万羽吊れたなら、アタシの信用度も上がるわね」

サブカル青年 西帝
「霊襲撃を警戒するなら、万羽様指定吊りのほうが安定じゃないか? 蘭香さんが吊れたら、結局は狩人ゲーになる」

美少年 桐生
「投票見たいってのもあるんだよね。蘭香さんが吊れて、俺が抜かれても、2黒情報は出てるんだし、最後の1匹くらいは推理で当てに行ってもいいだろ」

まじない師 克己
「3死体ではなく、2死体だったということは……狼はミスを犯したんだろうね。刹那のことは噛まないだろう。白威を噛んだか、あるいは……」

酔っ払い 斎観
「GJ出たか、ですね」

サブカル青年 西帝
「どこでGJかって考えると、『桐生か占い師』しかないな。死んだのが『初日・襲撃柱・沙羅さん』だけの偶数進行で、桐生狙うか? 占い師をベグりに行ったと見るね」

酔っ払い 斎観
「その場合、占い師はたぶん『真+狂人』だろうなあ。占い師に狼入りなら、もう1狼吊られてて、どこ占われてるかもわかんねえのに、占いローラー促進は怖いだろ」

美女 万羽
「蘭香の漂白狙いで、右近噛みだったんじゃない? 東雲は噛めないでしょ」

お嬢様 蘭香
「こちらにも同じことが言えますわ! ……ですがたぶん、万羽様が噛みに行ったのは、『逆張り』目的で右近様。東雲さんは護衛が厚そうです」

まじない師 克己
「片黒は、どちらも『右近襲撃』で予想しているのか」

チンピラ 東雲
「俺噛みGJだと思いますよ。俺に最後の狼が捉まったら、もう狼の勝ち筋は厳しいです。LW逃げ切り狙いだったんじゃねえかな」

美女 万羽
「誰が見ても、護衛は桐生とあんたの2択でしょ。噛むなら右近か白威よ。狼は『呪殺が出るとは思ってなかった』んでしょ。あんたに捉まったところで逃げ切れる、って考えたんじゃないの?」

酔っ払い 斎観
「占い師が『真+狂人』なら、可能性としては『翌日以降のための狩人狙い襲撃』もあると思いますが。つまり『刹那様噛み』」

原宿ロール 右近
だっさ

サブカル青年 西帝
「はい。宣水様ならば『もっともセンスのない襲撃』とでも言いそうです。まあ、狩人とキツネは動きが似ますからね。狼が誤認しても、仕方ないとは思いますが……それでもダサいですね。占い師が当てに行ったのに、狼は大外しということです」

美少年 桐生
「噛み合わせ狙い、って解釈もできるけどね。それなら狼もそう悪い目をしてない。真占い師の占い先を当ててはいる」

荒くれもの 豪礼
「……狼が愚鈍か聡明か。……この襲撃からは、どちらとも言えんな」

チンピラ 東雲
「どうせ占い師を決め打つなら、『万羽様→らんこちゃん』の片黒ローラーでもいいとは思うが。逆だと俺が噛まれるが、この順番なら1日寿命が延びるかも知れねえ」

原宿ロール 右近
「……? 対抗の提案が村利でキモいんだけど?」

美少年 桐生
「東雲さんはどの役職を引いても、いつもそこそこ妥当なことを言いますから、東雲さんが偽者だとしても、そう不思議でもありません。……片黒ローラー終了で5人。残り1狼で、あと2縄ありますね。
5人の夜にミスしてしまうと、翌日3人が『狼狂』のPPになる可能性がありますが、これはまあ、よっぽど村の目が節穴じゃないと起きないと思います。今日の2死体が『GJ重複』の結果なら、狩人生存中。あと1GJでPPが防げます」

美女 万羽
「? なんで『5人の夜にミスしないで済む』と思ってるのか、よくわかんないんだけど。明後日までの右近の判定はどうせ2白よ。右近は『此紀とあたしと東雲が狼』って言うでしょ。もちろん桐生を噛めなかったら、右近は詰むけどね」

まじない師 克己
「うん? 桐生を噛んで、そう右近が主張する。それで?」

美女 万羽
「だから。村視点、『右近真なら5人の日に1狼残り、狂人行方不明』で、メチャクチャ不気味でしょ。吊るでしょ東雲を。そしたらPPで負けになるのよ」

酔っ払い 斎観
今気付いた。万羽様視点、ほぼLWは俺っすか」

美女 万羽
今気付いたわけないでしょ! 東雲真右近が狂人なら、あんた視点でもあたしがLW。右近真なら、あたしは狼確定、LWは東雲か西帝よ!」

酔っ払い 斎観
「ええー、そんな怒られるようなことでした? いや、占い師が『真+狼』なら、もう灰に狼いねえなと考えてたんですよ。まあ『灰』は俺だけなんで、そりゃそうなんですが」

チンピラ 東雲
「つうか、万羽様はそのへん踏まえた上で、『だから片黒ローラーなんかしたら、5人の日に占い師吊りになっちゃうだろバカッ』って仰ってるんだと思いますよ。それで真占い師が負けるとPP確定、っつう」

荒くれもの 豪礼
「……万羽の言っていることはわかる。……ニセ占い師が狂人ならば、『真占い師を狼に見せようとする』と。……そこでの決め打ちに自信がないのならば、片黒ローラーよりも占いローラーのほうが安定だと。そう言っているのだろう」

美女 万羽
「判定と行動と発言からして、そりゃ今は東雲優勢よ、どう見ても。でもこういうの、終盤になると『右近の方が必死で真っぽい』とか、『東雲は小狡いから上手くやってる偽者』とか言われるでしょ。右近から黒出されてる、『右近偽が見えてる唯一の灰』のあたしがローラーされてるんだから」

酔っ払い 斎観
「…………。おお。『明後日までの右近様の判定はどうせ2白』って、なんでそんなことわかるんだろう? 視点漏れかな? と思ってたけど、そういう意味でしたか」

美女 万羽
「気付くの遅い! っていうか、視点漏れなら『右近―あたし―蘭香―此紀』で狼4になってるでしょ!」

まじない師 克己
「……万羽はずいぶん生存意欲が強いね」

荒くれもの 豪礼
「……だが、万羽の提唱するビジョンも、過去のゲームを振り返ると、充分なリアリティがある」

サブカル青年 西帝
「カタカナ語似合わねえなー」

チンピラ 東雲
「……妙に生存欲が強いんで、俺も『あれ? 此紀様―万羽様―らんこちゃんで全露呈かな?』と思ったんですが、確かに万羽様が白で、『万羽様→らんこちゃん』の片黒ローラー遂行しちまうと、そういうビジョンは見えなくもないですね。
順番を逆にして、俺が万羽様を占ってみたところで……結局は今夜、俺か桐生君が噛まれるわけだし。GJ出たら勝ち確定ですが、通ったら……ああ、確かにまずいっすね。右近が狼でも狂人でも」

酔っ払い 斎観
「片黒の万羽様を吊って、占い師ローラーして、3人の日に『パンダのらんこちゃんを吊るかどうかゲー』にするのはどうなんですか?」

お嬢様 蘭香
泣いてしまいます

美女 万羽
右近が狼で、潜伏狂人いたら、『蘭香狂人村人』でPP負け。
あとマジのレスするけど、斎観が狼なら、村負け確定進行よ。『蘭香(狼)斎観(狼)村人』で、もう狼勝ってるじゃない。これ狙ってるとは思えないから、たぶん気付いてなかっただけでしょーけど」

美少年 桐生
「片黒ローラー、占い師決め打ち、LW吊り、が残り4縄の使い道としては丸いと思いますが。俺が片黒ローラー中に噛まれるとしても」

サブカル青年 西帝
右近様が狼ってのもどういう仮定なんだろうなあ。……ああ、でも『地雷だらけの中で、仲間に白、非共有透けてる村人に黒』ってのは安定判定か。……ん? ……これけっこう困るな。右近様の中身、思った以上に見えないぞ。
万羽様はグレーとしても、蘭香さんは東雲さんの初手黒。ここに白かぶせに行くのって、狂人でもイマイチよくわかんないムーブだ。狂人よりは狼目。そして狼と真、どっちに見えるかって言うと……あ、これ本当に難しいな」

美女 万羽
「そうよ。右近の『蘭香白判定』は、絶対あとで響いてくるやつなのよ。わかった?」

チンピラ 東雲
「……確かに狂人なら、相当どうかと思う動きだな。俺が真で、らんこちゃんが狼なら、らんこちゃんが吊られた時点で、自分が破綻して、俺の信用度が上がる。……右近は狼目か。
……あー、マジだ。これ、狂人居所不明で、村から見るとメッチャ気持ち悪いっすね。右近は真か狼と考えると、5人の日に俺を吊りたくなるの、俺でもなんとなくわかる」

酔っ払い 斎観
「『白威が狂人』って主張するのも、状況からして厳しいからなあ。今のとこ、俺と西帝が意見をすり合わせといた方がいい感じなのかね?」

サブカル青年 西帝
「占い師が『真+狂人』なら、あんたはどっち真でもLW濃厚なんだけどな。まあニセ占い師は斎観兄貴に白出すだろうね。兄貴視点でも同じだ。東雲さんが俺に白出したからって、俺が白ってわけじゃないんだよな。右近様真『此紀様―万羽様―俺:東雲さんが狂人』っていう可能性もある。俺と東雲さんの正体は逆かもしれないけど」

酔っ払い 斎観
「灰はメチャクチャ狭い、っつか俺ひとりなのに、思ったよりも疑心暗鬼になるなあ。……狂人欠けならいいんだが、そんな楽観視もできねえか」

まじない師 克己
「…………ああ。ずっと『地雷原で占い師が3CO、この中に狼がいる可能性=狂人がいない理由』を考えていたけれど。……『狼が狂人欠けを危惧した』のなら、そういうこともあるのか。初日、狂人は様子見。2日目に右近が出て3CO。ならば狼の邪魔をしないために、狂人は潜伏続行。そう考えた、というような線。この場合、潜伏狂人が生きていると、終盤に不利になるね」

美女 万羽
気付くのがおっそい……

サブカル青年 西帝
「今回は『頭の回転速い組』が、処刑(此紀様)、襲撃(弥風様)、処刑(沙羅さん)、呪殺(刹那様)で、ほとんど消えましたからね。我慢してお付き合いください」

美少年 桐生
「『狩人欠け』だと、俺チャレに来られた時点でしんどいから、片黒ローラーか占いローラーかくらいは決めておきたいんだけど……よりによって『片黒』に、万羽様が入ってるのがなあ。
万羽様の仰る通り、万羽様が白、東雲さん真なら『残ったメンツで戦えるのかよ』という不安はありますね……。まだしも戦える西帝叔父さんは東雲さんの白ですが、まあ噛まれるでしょうし」

原宿ロール 右近
「いや聞いてたけど、あんたら万羽ひとりにどんだけ引っかき回されてんの?
こいつ単に『片黒ローラーで轢かれたくないだけ』の狼よ! それをアタシが2白出すだのなんだの、勝手なこと言って混乱させてるだけじゃない」

お嬢様 蘭香
「そうです。……せめて『片黒ローラー』でお願いします……。私が最終日に残されても、村を負けさせてしまうだけかと……」

サブカル青年 西帝
「ここまで生存欲がないってのも、それはそれでどうなんだ? 占い師2択で、自分には真が見えてるんだから、もっと喋れることあるだろうに。万羽様を一緒に轢きたいだけだろ、と思っちゃうんだけど」

チンピラ 東雲
「余計なこと言って仲間の足を引っ張らないようにしてる、健気な狼なんだろうよ」

美女 万羽
「『真生存状態のパンダで視界が開けない』って、完璧に狼じゃん。あたし視点じゃなくても東雲真よ。……って、5人の日まで覚えておいてくれるといいんだけどね」

酔っ払い 斎観
「……こういう畳み掛けは『らんこちゃん吊ろうとしてるライン』に見えるんだが、別に畳み掛けなくても吊れるんだよな、らんこちゃんは」

美少年 桐生
「万羽様の仰った通り、今回は右近様の『蘭香さん白判定』がかなり厄介だよ。どっちが真でも。狼もそこを軸に来そうな気がする。宣水様なら、この要素一本でどっち勝ちにも持って行けるくらいには、キーになる部分だね」

原宿ロール 右近
「あいつは別に何もなくたってどっち勝ちにも持って行けるでしょ!」

美少年 桐生
「蘭香さんの『片黒ローラー希望』が、西帝叔父さんの言うように『どうせ自分が捉まったなら、万羽様を一緒に引っ張りたいだけだろ』って感じに見えちゃうんだよね」

まじない師 克己
「狩人生存にかけて、まずは蘭香を吊る、というのがシンプルで良いのじゃないか。日数を延ばすほど、狩人が抜かれる可能性が高まる」

チンピラ 東雲
「確かにそういう考え方もできるんですが、今日らんこちゃん吊っちまうと、俺か桐生君が必ずチャレ対象になるんですよね。桐生君が抜かれて、3縄で1狼1狂人残りとして、万羽様が白だと、『片黒ローラー』完遂時点で5人。
万羽様が危険視してるのはこれです。ここで俺が吊られると、次の日3人が『狂人村人』になってPP負けです。
つうか右近を吊れたとしても、右近が狂人だと、次の日3人が『狼(斎観さん)村人』で、この『村人』が俺を信じてくれるかどうかっつうと、なんかもう怪しい感じがするよなあ。と」

美女 万羽
「『あたしと東雲』『右近と斎観』の、どっちが狼っぽいって、絶対あたしたちの方でしょ。役職に関係なく、絶対そう見えるでしょ」

サブカル青年 西帝
「で、さらに『俺が狂人』とかだと、5人の時点ですでに手に負えないだろう、と」

美女 万羽
「あんたはさすがにわかってるわね。そういうことよ。向き不向きのあるゲームで、不向きなのばっかり残ってる、残されてるのよ。あたしが言いたいのはそういうこと」

酔っ払い 斎観
「まあ事実ですね」

まじない師 克己
「そうだね。『GJや白威襲撃でないなら、狼が選んだ襲撃先が刹那』というのも……そう考えると、いかにも『邪魔なところを狙った』ように見えてくる」

原宿ロール 右近
「だっから、万羽はあんたたち言いくるめるためにそういう襲撃したんでしょ! 片黒ローラーから占い師決め打てばいいだけの話を、ごちゃごちゃ言って、自分が吊られたくないだけじゃない!」

荒くれもの 豪礼
「……右近の真贋はどうあれ、右近に理があると思うが。片黒ローラーで、残り狼を確実に1にする。この時点で5人。占い騙りが狼で、潜伏狂人がいようが、数ならば村陣営の方が多い」

美少年 桐生
「俺もそう思う。……蘭香さんと万羽様のどっちを先に吊るか。俺と真占い師の寿命が縮まるのは蘭香さん吊りなんだけど、明日に回すと、そのぶん狩人抜かれる可能性が上がるんだよな。……どうせ吊るなら、狩人が生きてるうちだろう。2択頑張ってもらおう。
ちなみに蘭香さんが狩人の場合は、この吊りを撤回する。蘭香さん、狩人COありますか?」

お嬢様 蘭香
「COありません。……狩人の方、どうかよろしくお願いします」

美女 万羽
「ふうん。徹底的に抵抗しないのね。……」

美少年 桐生
「では、今日は蘭香さんを指定吊りです。よろしくお願いします」


永世名人 宣水
「投票時間だ」


得票数:名前→投票先

■0票:豪礼→蘭香
■0票:万羽→蘭香
■0票:克己→蘭香
■0票:斎観→蘭香
■0票:右近→蘭香
■1票:東雲→蘭香
■0票:西帝→蘭香
■8票:蘭香→東雲
■0票:桐生→蘭香


永世名人 宣水
蘭香が処刑。5分のスマホタイムだ」


3日目終了

4日目へ つづく




スポンサーサイト