ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第8ゲーム 3日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第8ゲーム 3日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第8ゲーム

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目



独身貴族 皇ギ
沙羅の無残な死体が見つかったわよ。現在12人」


サブカル青年 西帝
「万羽様の1白噛みですか。……万羽様に囲い候補なし、漂白でもなし。どちらも1白の『沙羅さん・父豪礼』で前者に行った理由は、狩人狙い、万羽様支援、そう見せるため。
もしくは『狼狂の弥風様が仲間の父豪礼を囲ったから、噛める1白がこっちだけだった』……いや、これなら対抗の1白は噛まないよな」

村のインテリ 宣水
克己が背徳者ならば、弥風による呪殺GJ、襲撃重複の可能性はある。占い師と霊能者は少し判定を待ってくれ。全員、占霊判定前に、襲撃先に一言コメントしてくれ。進行見通しもあれば併せて述べて構わない」

美少年 桐生
「はい? 対抗の提案の意図が読めません」

中間管理職 刹那
「悪くない、というか、デメリットなしでメリットが生まれる提案だと思うが。灰を見やすくなろう。占い騙りの中身が何であれ。

普通の狂人占い師ならば、ぜひ判定前に灰コメントを見たいところだろうが、今回はそんな必要もない。狼の位置を事前に知っているのだから。狼占い師ならば言うまでもない。
確霊が生きている間に真占い師が黒を引いていたら、確黒にするしかないため、今回のゲームだと純粋に、判定の遅い方が偽目になるな。まあ最後の狼を引かれた時点で、狼としてはほぼゲームセットだが。

黒が出た場合、吊って10人。蘭香を噛もうが噛むまいが、4縄のうち桐生の吊りは確定している。
斎観の判定が白で、共有騙りも白としても、2狼1キツネを吊れる縄はある。引き分けがない以上、今日の段階では、狐盾の発動による阻止なども不可能。

占い騙りがもしキツネ陣営であっても同じだ。白出し安定だが、真が狼を引いていたらパンダとなってしまい、斎観が白ならば即吊り、そうでなくとも最終日のラン入りが確定。
前者なら、狼が霊か真占い師を噛んでくれなければ破滅。弥風がニセ占い師ならば、沙羅に白判定を出すのが安定だな」

ドクター 此紀
「呪殺と後追いが出ると縄が減るわ。
斎観が白で、ニセ黒出されてそれ吊って、真占い師が噛まれると、8人3縄。
ここでまず『狂人推理』を行う必要があるわね。つまり『斎観が狂人か背徳者か』。
共有騙り、占い騙りの両方が狼だとしても、LWの居所は不明なんだもの。この中から吊れるのは2人。狂背入りなら1人だけ。

狂人が残っても最終日4人が『良くてRPP』になるけど、騙りの狼を残せば最終日『狼2村2』で完全に負けるから、黒出たら占い師は『狼目』を狙ってほしいのが本音だわ。蘭香が噛まれても、狼が全露呈。10人4縄。真占い師の黒を吊って『両占い師視点で狼1排除』。

8人3縄で『桐生+占い師』の中から、やはり狼推理をする。ここに狼がいないと判断できたら、灰の狼目を吊る。次の日6人でキツネ狙い吊り」

村のインテリ宣水
「お前の共有騙り内訳予想は『狂人』だったろう。共有噛みはおそらく起きない。つまり4人中、『狂人認定を受けた者』と『LW目』が残る計算だ。やはり『良くてRPP』だが?」

ドクター 此紀
「今が偶数だからそのまま計算したけど、キツネ噛みか1GJで奇数進行になる。2-1だから、その確率は低くないと考えてるわ」

なかなかのメガネ 白威
「此紀様の見通しには『背徳者の居所が完全に不明』という点が無視されていると思うのですが」

ドクター 此紀
「絶妙に痛いところ突いてくるわね。はいその通り。ただし『キツネ陣営は最大2人』で、PPは起こせない。というか『狼陣営圧迫』を警戒するなら、『キツネ陣営圧迫』を警戒してるリソースがないのよ。
すでに宣水で占いを無駄打ちさせられた以上、村は1つ負けてる。ニセ黒パンダ吊ったら2負け。どこかを割り切るしかないと思ってるわ。
私の場合、それは『背徳者の居所』。もちろん状況によって重要度は変わるけど、現段階では優先度を下にしてる」

村のインテリ 宣水
「今回の此紀は割り切りのバランスが良いな。お前が村陣営であるならば。刹那と此紀は、ニセ占い師に対して噛み合わせ牽制を行った。やや白く見る」

荒くれもの 豪礼
「……キツネならば、『村人のふりをして生き延びる』ことが必須となる。……お前にしては白打ちが安易だと思うが」

村のインテリ 宣水
「だから『村陣営であるならば』つったろう。さらに、あくまで『やや』だ。『ニセ占い師が嫌がる行動』を率先して取ってきたから、他の灰との相対で印象が上がった、という話だ。こういうところを見るために、灰からの襲撃先見解を募ってる。
特に此紀は、いつも本線推理を絞り切れない傾向がある。今回『比較的主観を絞ってきた』のは良いことだと思ってる」

なかなかのメガネ 白威
「人外による誘導のため、あえてそうしてきた、という可能性もあるとは思うのですが」

村のインテリ 宣水
「もちろんある。誰がそこを突くのか、というのも見る。お前と豪礼は此紀から目を外していないな。そのあたりも見てる。
もちろんこれは、お前と豪礼を怪しんでいるというわけじゃない。灰がどういう相関図を作るのか。まずはそれを見る目的がある」

チンピラ 東雲
「完全村利行動をありがとうございます。宣水様が確定共有だったら、すでに人外涙目進行って感じですが、宣水様が人外なら村人涙目ってことですかね。
襲撃先にコメントと言われても、これ『普通の1白襲撃』だと思うんですが。『豪礼様じゃなく沙羅さんだった理由』は、『狩人目の高さ』あたり考えるのが妥当で、『豪礼様が囲い』とかまで言い出すと、村勝手に迷走コースに入る気がします。
襲撃には、そりゃ必ず意味があるんでしょうが、『本来の意味』以上のものを見出す村人は、ミスリードまっしぐらじゃないっすかね」

サブカル青年 西帝
「思考停止ではなくて『迷走防止』という観点なので、東雲さんはまあ村目ですかね。少なくとも狼ではない感触があります。
俺はつい『なぜ2人いる1白のうち、そっちが選ばれたのか』を考えちゃう方なんですが。『弥風様がキツネ陣営で、狼の父豪礼がたまたま囲われてしまったから、噛める1白は沙羅さんしかいなかった』ってのも可能性としてはあるかな、とか」

チンピラ 東雲
「可能性がなくはねえだけで、ええと、これ誰だったっけ? 弥風様か豪礼様が、今までのゲームで『肯定要素が多く、否定要素が少ないことを信じるのは迷走』みたいなこと言ってたと思うが、まさにそういう迷走コースだと思うけどなあ。占い師が『キツネ陣営』なら、共有騙りの中身は?」

サブカル青年 西帝
「その場合は……共有騙りは『狼』が本線でしょうね。狂人なら『占い師に狼が出ていない』ことがわかり、共有に出ている場合ではありません。『狼は占いを狂人頼みにしている』ことが見えているわけですから」

美少年 桐生
「西帝叔父さんの迷走を確認しました。宣水様が白確定している以上、俺を狼だと名指ししてるね」

サブカル青年 西帝
「ポッシブルのひとつであって、別に『必ずそう』って言ってるわけじゃないんだが。しかもお前視点、俺は灰なんだから、迷走じゃなくて強誘導かも知れないだろ。吊り濃厚な共有候補に強誘導かける意味もないが」

村のインテリ 宣水
「よし、そこそこ実りのあるやり取りだった。以下、判定を『占い→霊能』の順で。占い師の順番に指定はしない。ただ刹那の言った通り、早い方が真目にはなる。
しかし例外を述べておく。斎観は狼だろうが、桐生がもしキツネ陣営、かつ占い騙りが狂人なら、狂人占い師には『狼へ黒判定』を打つ余裕がある。『残り狼の弱い方』に黒判定を打ち、蘭香との判定を繋げるかも知れない。この場合に限り、判定の順番は関係ない」

ドクター 此紀
「はいド牽制お疲れ様」

美女 万羽
「真占い師だからさっさと判定出すけど、西帝は『人』だったわよ

楽天家だったためしがない 弥風
「確定黒警戒で自爆があるかと思って、万羽に判定を先出しさせた。西帝は『人』だ。
印象が悪いのはわかってるが、占ったもんは仕方ないだろ」

サブカル青年 西帝
「あえて後出しにして、なおかつ判定重ねは、無意味に信用を下げていることになりますから、むしろ印象の悪さは緩和される気もいたしますが。というか、俺がお弁当確定か」

村のインテリ 宣水
「1白が噛まれ、白確定が3人。うち1は俺だが、まあ悪くはねえ状況だ。順調にグレーが狭まってる。万羽視点では5、弥風視点では4だな」

美少年 桐生
「今回どうも西帝叔父さんと噛み合わないな。判定重ねが無意味ってことはないだろ。狼や狂人ならそうだろうけど、キツネならここで誤爆すると、真占い師噛まれた時点でボロ雑巾になって吊られるのが見えてる」

サブカル青年 西帝
「だが、背徳者なら真と判定を重ねるべきじゃないよな。真噛ませてボロ雑巾になりに行くのは、本来の理想業務だ。
弥風様が『狼・狂人・背徳者』なら、判定重ねは特に意味がないムーブだ。
対して『真・キツネ』の場合のみ、そうじゃない」

楽天家だったためしがない 弥風
「僕がキツネなら、共有騙りは何を考えてるんだよ」

チンピラ 東雲
「占い師が『キツネ陣営』で、共有騙りも『キツネ陣営』……いや、キツネの共有騙りには意味がねえな。共有騙りは『狼陣営』でしょうね。
んで、それが占い師のあとに出てきた以上、占い師も『狼陣営』でしょう。占い師に狼陣営不在なら、共有騙ってる場合じゃねえだろ。さっき西帝君も言ってたな」

サブカル青年 西帝
「ですね。なので今のところ、弥風様を真目に見ていますが。ここで白確定を作ると、今日はグレランになります。グレー2を狭める行動なので、騙り占い師には採用しにくい判定だと思うのですが」

美女 万羽
「西帝が言ってることもわかるんだけど、弥風は偽者なのよね。目的はわかんないんだけど。あんたを噛みやすくしたとか?」

サブカル青年 西帝
「俺はすでに1白なんですから、別に確白にしなくても、噛みたいなら噛めばいいと思うんですが。吊れるかどうか様子見してから。確白にしたら、絶対に吊れなくなってしまうでしょう」

美女 万羽
「そしたら、あたしの1白が2人噛まれることになっちゃうんだけど。さすがに弥風の信用が下がるんじゃない?」

なかなかのメガネ 白威
「というか霊判定がまだ出ていないのですが

お嬢様 蘭香
「私も少し様子見をしておりました。出します。

斎観さんは『狼』でした。

つまり『宣水様がキツネであるケースをケアしに来た狼柱』で、ほぼ確定と見なして良いかと思います」

中間管理職 刹那
「あ、素直に狼か。……となると、次の黒はキープだな。明日、蘭香が襲撃死していた場合に限り、共有ローラーに入ってもいい気はする」

ドクター 此紀
「『今日のグレランで2匹目の狼が吊れたら、LWを吊りに行くわけには行けない』って意味なんでしょうけど、今日狼吊れて、桐生が狼だったらどうすんのよ」

中間管理職 刹那
「非狼確定の宣水を先吊りすれば、少なくとも1日延命は保証される。8人の日、桐生が狼かどうかを考える。そうでないと判断できたら放置。残り3縄を、キツネ目、キツネ目+狼目、狼目で使う」

チンピラ 東雲
「いやーーーーー人確定の宣水様吊りに行くくらいなら、さっさとキツネ狙って吊りましょうよ」

村のインテリ 宣水
「刹那から迷走の気配が漂ってきたが」

荒くれもの 豪礼
「……今日と明日はグレラン。次に桐生を吊る。残り2縄で、残り人外を捉える。……この進行を守るのが手堅いだろう」

なかなかのメガネ 白威
「今日、蘭香さんが抜かれなかったのはまだしも幸いですね。斎観が狼で確定しなければ、膨大なパターンを考えなければならないところでした」

村のインテリ 宣水
「狼も同じことを考えた、って可能性もあるな。狼だって『斎観が非狼』ってパターン考察を出し続けるのは面倒だろう」

チンピラ 東雲
「あー、絶妙な視点ですね。『狼だって面倒』ですか。わかるっちゃわかるな」

原宿ロール 右近
「最終日の判定係に決まってるからあんまコメントしないけど、今の宣水のは、なんかスゲーわかる。アタシが狼でも、斎観の霊判定は出しときたい」

村のインテリ 宣水
「もし狼が『面倒』という理由で斎観の霊判定を出させたのなら、狼は『その手のことを面倒くさがる者』の中にいることになるな。まず此紀と豪礼が外れる。この2人は狼なら司令塔だろう」

中間管理職 刹那
「ああ……まあ。そこには異議ないが」

ドクター 此紀
「桐生はこういう時に見解を示すべきだと思うけど。あんた視点、宣水は『ご主人様を持つ人外』でしょ。私と豪礼を庇いに来てる以上、あんた視点では無視できない動きなんじゃない?」

美少年 桐生
「宣水様軸から、少なくとも今の段階で『宣水様のご主人様』を割り出すのは無理だと考えています。決戦日までは、ご主人様を庇うより、信用稼ぎに来るはずです。白確定した狂背が共有騙りを選んだなら、『決め打ちで勝って指揮権を得る』ことが最高目標だと思いますので」

サブカル青年 西帝
「何人かも言ったけど、背徳者がそれ望んでも、たいしてキツネ援護の役には立たないっていうか、『キツネが単独でそこまで生き残る』ってのが必要になるんだよなあ。
で、そこまで一人で生き残れるキツネなら、もう背徳者の援護なんかなくても勝てるんじゃないのか。前半と後半で作戦が噛み合ってないっていうか、『背徳者の共有騙り』は、無駄が多いわりに利益が少ない気がするんだが」

ドクター 此紀
「背理法だと、宣水は真なんだけどね。自分が真猫確定させた上に白確定を見込める人外は、占い騙りが定石。他の占い候補と比べて、圧倒的に信用があるから。自分で『占い師じゃない』なんて初日に縛ってないで、素直に占いに出るべき。
対して、共有騙ったところで、それに勝るほどのメリットは見出せない。
ただ宣水についてのみは『宣水補正』入るから、疑心暗鬼にはなるわね」

楽天家だったためしがない 弥風
「宣水が人外だとして、共有に出られると、偽だと露呈する機会がないのが厄介だな。背徳者なら後追いの可能性もあるが、背徳者は共有を騙らないだろ」

村のインテリ 宣水
「『真だと露呈する機会』はある。桐生が背徳者なら、桐生が後追いした時点で俺が真確定。まあ『背徳者は共有を騙らない』は、俺にも対抗にも等しく適用できるため、これはないだろうが。
そして『桐生の霊能黒判定』が出たら、やはり俺は真確定する。弥風はなんで『俺が偽者なら面倒』ってところにだけ焦点を置いてるんだ。俺が真なら問題ねえだろ」

楽天家だったためしがない 弥風
「だから、お前が真なら問題ない。偽だと面倒だ。だから後者を考える。順当なリスクヘッジだろ」

美女 万羽
「奇数になったとき、宣水を吊るための伏線でしょ? ここで共有疑ってないで、灰見るのが占い師の仕事でしょ」

荒くれもの 豪礼
「……そもそも。……昨日1日、共有しか見なかったのだから、そろそろ切り替えろ」

楽天家だったためしがない 弥風
「………………まあ、それはそうだな」

なかなかのメガネ 白威
「占い師の囲い候補は、弥風様の豪礼様のみで……この囲いは実質『初手』で行われた以上、弥風様が狼陣営ならば、豪礼様は少なくとも非狼でしょう」

美女 万羽
「『初手囲いは疑われやすいから』? そこ狙って、あえて初手で最後の狼を囲ってきたのかもよ。
弥風はたぶん狼、共有騙りは狂人。
共有で吊り縄稼ぎできるから、狼陣営はまず『最後の狼は終盤まで残す』こと考えるべきでしょ。1白にしとけば、グレランの間は安全」

荒くれもの 豪礼
「……そう考えるならば、西帝なぞ占いに行かず、俺を占っておけば良かっただろう」

美女 万羽
「あんたが絶対に囲われてるなんて言ってないでしょ。囲われてる可能性もある、ってこと。それ切るの早くなーい? って白威に言ってるの」

なかなかのメガネ 白威
「言葉が足りなかったようですが、『弥風様がキツネ陣営ならば、豪礼様が偶然囲われた』ということも並行して考えていたため、弥風様が狼陣営ならば『偶然』は起こり得ない、と考えたのです」

美女 万羽
「ん~? ん~。……ん~?」

中間管理職 刹那
「いまひとつ話が噛み合っていないな。白威の不器用さが出ている。言いたいことと考えていることはわかる」

ドクター 此紀
「白威は『豪礼が囲われているとすれば、弥風の中身は』っていうのを基盤に考えてて、その途中に万羽から横槍入ったから、なんか話がズレて聞こえるんでしょ」

なかなかのメガネ 白威
「少なくともお二方には伝わっているようで、ありがとうございます」

美女 万羽
「あ~、わかった。わかったんだけど、やっぱイマイチあたしと考えが合ってない。『弥風の中身は』も何も、弥風がキツネ陣営なら、共有騙りの意味わかんないでしょ。これみんな言ってるでしょ?」

なかなかのメガネ 白威
桐生君が狼で、占い師を『真+狂人』と誤認した場合は起こり得る事態です」

ドクター 此紀
「桐生はそこまでアホじゃないと私は思うけどね」

なかなかのメガネ 白威
「別に桐生君の判断能力がどうこうと言っているわけではなく……ええと。
『共有騙りは狼陣営』という点は共通見解だと思われます。そして『占い師も狼陣営』ならば、キツネ陣営は両潜伏。
キツネ自身はともかく、背徳者は何を? と考えると、『占い騙りが背徳者』という線は消せない、と考えています」

サブカル青年 西帝
「背徳潜伏は、背徳者とキツネが両方強ければ、充分あると思うけどね」

中間管理職 刹那
「狼の囲われ如何が気になるのはキツネ陣営。キツネ陣営の居所が気になるのは狼陣営。だが、この両方を同時に気にしているなら、それは村目感情、と解釈できる気がするが」

村のインテリ 宣水
「昨日からそう思ってる。白威は疑心暗鬼の幅が広い。村人だろうな」

チンピラ 東雲
「騙りの疑いかけられてるのに、ズバズバ灰に判断下しますね。印象としては良いんですが、宣水様が騙りなら、ご主人様庇いに行ってるってこともあるんだよな」

村のインテリ 宣水
「ここまで白進行で来た以上、白打ちから人外を特定して行った方が効率的だと判断してる。ちなみにお前のことはキツネ目だと思ってるぞ」

チンピラ 東雲
「うわ来た。初日から仰ってますよね」

村のインテリ 宣水
「今回、お前にしては慎重つうか、警戒心が強く見られる。ただの疑心暗鬼ってよりも、『対狼の警戒』だ。刹那も述べたが、これはキツネの特徴だ。お前は村人や狼陣営なら、もっと余裕のある動きを取るだろ」

チンピラ 東雲
「別に普段と違うつもりはないんですが」

村のインテリ 宣水
ちなみに東雲を占うのは反対だ

美女 万羽
「呪殺と後追いが出ると縄数減るから?」

村のインテリ 宣水
「それもあるし、その場合、ニセ占い師が確実に呪殺対応を決めてくるからだ。
背徳者はおそらく生存中。克己や沙羅が背徳者なら、COなしで無駄に死んだことになる。沙羅は1白の時点で『自分が最有力の襲撃枠』だということくらいわかってただろうから、なおさら何らかのアクションをすべきだった。
つまり今、東雲を占って呪殺を出してしまうと、後追いが出て縄が減る上、占い師の判断材料も増えない」

チンピラ 東雲
「俺で縄予約をしたいっていう、堂々とした公言ですね」

村のインテリ 宣水
「その通りだ。お前は6人の日に吊るべきであり、それまでは放置することを勧める」

チンピラ 東雲
「俺をキツネだと目するんであれば、今日か明日吊ってもいいのでは? 背徳者生存中ならドボンするんで、グレー減って楽でしょう」

村のインテリ 宣水
「偽占い師の判定を増やしてからドボンさせた方がいいだろ。占い師信用勝負の場合、ニセ黒判定が出るのは、ほぼ後半。だからキツネ目は生かす。ニセ占い師が背徳者に黒打った場合、後追いが出た時点で破綻するからだ。それを望んだ方が得だろ」

チンピラ 東雲
「ごもっともです失礼しました」

楽天家だったためしがない 弥風
「共有候補で1縄使うことになった以上、桐生が真狂なら吊り余裕があるわけじゃないんだから、お前が村人ならもっと抵抗しろよ」

チンピラ 東雲
「別に今日すぐ吊るって仰ってるわけじゃないですし、『6人の日に必ず吊る』って仰ってるわけでもないと思うので。ブラフ入りの考察でしょう」

村のインテリ 宣水
「ごもっともだ。『現段階では有力なキツネ候補』と見なしてるだけで、決め打ってるわけじゃねえ。それも加味した上での『東雲は今日と明日の吊り候補ではなく、占い候補にすべきでもない』って意見だ」

美女 万羽
「東雲のことメッチャ庇ってない?」

ドクター 此紀
「何とも言えないわね。『キツネ処分は6人の日の吊りが最善』っていうのには、私も賛成だし」

荒くれもの 豪礼
「……吊り縄予約ならば、宣水と東雲は敵対している。……宣水がこれだけ疑いを表明した以上、それを撤回するならば、相応の理由が必要になる」

中間管理職 刹那
「『理由の捏造』くらい、宣水には朝飯前だし、なんならその前の晩飯の前にもできそうだが」

美少年 桐生
「ですが、宣水様と明確に敵対してる俺目線でも、東雲さん結構キツネ目ですよ。理由も大体同じです。宣水様は『キツネ排除に動いてる狂人』でしょうね」

なかなかのメガネ 白威
「そうだとすれば休みなしの働き者でいらっしゃるな……」

チンピラ 東雲
「おっ、両共有から疑われてんのか。こりゃ俺襲撃はないな」

荒くれもの 豪礼
「…………。……宣水はこれを誘ったのか」

村のインテリ 宣水
「その通りだ。下地が整ったな。

キツネと動き方の似る役職がある。狩人だ。
狩人は『狼の襲撃先』を読む必要があるため、キツネと同様に狼の作戦を洗い出そうとする。
東雲は両共有からキツネ目と疑われ、完グレーであるため実際にキツネの可能性があり、6人の日の吊り縄有力候補だ。

東雲がキツネであっても狩人であっても、今日と明日は占うべきではないし、吊るべきではない。
ここで呪殺と後追いを出されても旨みが少ない、狩人なら吊るべきではない、確白になると噛まれる。

よって、東雲はなるべくグレーに置いておくのが望ましい。以上だ」

中間管理職 刹那
進行見通しサクサクマンかよ」

ドクター 此紀
「語彙力」

なかなかのメガネ 白威
宣水様のセンサー精度は証明されているので……東雲さんは『狩人真狂の宣水様に見つかったキツネ狂人の宣水様に庇われている狼』の可能性が上がり、素村の可能性が下がった、と見てもいいのでしょうか」

チンピラ 東雲
「どうだろうな。俺が狩人じゃなかった場合、狩人からは『俺がキツネか狼』に見えるってことだろ。それ狙ってるなら、宣水様は人外だが……俺視点からも何とも言えねえな。わからん。働き者の共有者なのか、働き者の狂人なのか、区別つかねえ」

中間管理職 刹那
「ちなみに霊能者と猫は、進行についてどう考えているんだ」

お嬢様 蘭香
「偶数進行のままならば、グレラン、占い師入りの全域ラン、桐生さん吊り、キツネ吊り……ここで東雲さんの処遇決定、LW吊り、で考えております。宣水様の仰ることは……ごもっともだと判断します。真であれ騙りであれ、です」

原宿ロール 右近
「それでいいと思ってる。宣水真目に見てるけど妄信はしてない。でも、宣水が白だって言ってるところは白なのかなーくらいには思うわ。宣水は偽者だとしても、あんまり堂々と嘘つくタイプじゃない気がするし」

美女 万羽
「宣水は嘘つくわよ。ただ『最後の嘘』のために、他は全部捨てるかもね。わかりやすく言うと、1狼のためなら、もう1狼のことは切るかも。だからまあ、宣水が狂人だとしても、そこそこは意見を参考にしてもいいかもね」

ドクター 此紀
「あんたは『宣水狂人』に寄ってるの?」

美女 万羽
「6:4くらいで宣水真だと思ってるけど、4は狂人だと思ってるわよ」

美少年 桐生
「きちんと『宣水様狂人』を追ってくださっている方が多いので、どのみち吊られる俺がそこまで真アピールをしなくても大丈夫そうかな、とは思っています」

荒くれもの 豪礼
「……あきらかにお前が真だとわかる要素が出れば、もちろんお前を残すべきだが。……諦めるのが早い」

美少年 桐生
「いや言わせてもらうけど、『どのみち俺が75%吊り』って基盤作ったのは、豪礼じいちゃんだよね。『俺や宣水様はRPPを目指さない』って言ったって、『負けそうなら猫に票入れてRPPにする』っていうのは確定事項だろ。
俺が狂人でも『いさぎよく負けを認めて狼に投票する』なんてことはしないし、それは宣水様も同じだろ。
俺や宣水様は50%のRPPを狙っては動かない。それはそうだろ。でも『0%か25%』なら、25%を選ぶよ。これは過去に、俺も宣水様も言ってるだろ。0%の方は選ばない。
狂人が残る時点で、村には確実に『25%のリスク』が残る」

原宿ロール 右近
「どっから来た数字?」

ドクター 此紀
「最終日4人、うち1人は猫で確定。宣水も残ってる前提。あとの2人のラン。
ここで狼の勝率は50%。敗率も50%。そして狼が負ける場合、宣水が狂人なら、狼と宣水は村側に票を入れる。これで2:2のRPP成立。50%の50%で25%」

原宿ロール 右近
「75%勝つんならいいと思うんだけど」

中間管理職 刹那
「別に『絶対に75%勝てる進行』ではないのだが。桐生の論旨は『最終日のランに50%で正解しても50%負ける=25%の敗率が必ず存在している』ということだ。ランの時点で不正解ならば100%負ける。そもそも、4人の最終日まで行けるかどうかはまだわからん」

原宿ロール 右近
「…………だいたいわかった」

チンピラ 東雲
「いやこれはそんな難しい話じゃねえから、全部わかれよ。半分の半分ってだけだ。ヤベエところに猫当たったなオイ」

荒くれもの 豪礼
「……共有ローラーで2縄を消費するよりも、25%のリスクを負う方が良い。……そもそも。宣水が真共有ならば、この25%のリスクも存在しない」

美少年 桐生
「俺視点では確実に存在してるんだけど、まあ豪礼じいちゃんがそう判断してる、っていうのは止められないね」

楽天家だったためしがない 弥風
豪礼が狼で、狂人だと判断した宣水を意図的に支援して『25%の安全』を確保しに来てたらどうするんだよ」

村のインテリ 宣水
「狼視点、俺が真共有か狂人かをどこで見抜くんだ。豪礼が狼、桐生が狂人なら、豪礼は『25%の安全を確実に潰しに来た』ことになる。
つまり、仮に豪礼が狼だとしても、共有騙りの狂人を利用しようなんて考えてねえと思うが。妥当な手数計算を出して白アピール。こっちの方があるだろうな」

チンピラ 東雲
「あー。どっちかの共有がボロ出すかと思って黙ってたんですが、どっちの共有も出した上に、豪礼様も言い出さないんで言います。

あのー、豪礼様の主旨は『真狂放置』で、『桐生君だけ吊り』言い出したのは他の何人かで、あとそれを誘導したのは宣水様でしたよね。
豪礼様は『25%の安全確保』に動いてますよ。ただ豪礼様は『このリスクを負う方が良い』とさっきも明言なさってるんで、コソコソ動いてるわけじゃないですね。豪礼様が狼かどうかは不明です。

ただ、桐生君は豪礼様の発言の解釈を曲げて、宣水様はそれを指摘しなかった上に後押ししたんで、両共有の同時失点です」

村のインテリ 宣水
「ん? ああ、そうだ。思い出した。認めよう、これは俺の失点だ」

美少年 桐生
「あ。ええと。そうか。そうだっけ」

楽天家だったためしがない 弥風
「そうだ。そして東雲の加点だな。……両共有が忘れてたのか? それとも偽者の方は『忘れたふり』をしてたのか」

サブカル青年 西帝
「記憶力的には宣水様が怪しく、あざとさ的には桐生の方が怪しい、差し引き共有の印象は大差なし、というのが……結局は一歩も進んでいない感がありますね。父豪礼が当初からブレてない、という点だけが収穫でしょうか。『真狂放置』を言い出した時点から、さっきの発言まで、主旨が一貫しています」

村のインテリ 宣水
「つうか、当時『25%のリスクをどう考えてるのか』を豪礼に聞こうと思ったんだが、その前に『桐生が狼なら負けるだろ』と思ったから、それを口に出した。そこから『桐生吊り』の結論になったんで、『25%のリスク』も消えた」

なかなかのメガネ 白威
「覚えています。ここは宣水様の証言通りです。その流れは確かに存在し、……そうか。それならば、思考の推移も自然ですね。桐生君が確実に排除される以上、宣水様視点、少なくとも『共有騙りの狂人がRPP』というリスクは消えます。そのために、これが思考から漏れるのは……むしろ真共有視点、とも言える気がします」

チンピラ 東雲
「あー。確かに宣水様はそれ言ってた。桐生君の方が失点はでかいか」

美少年 桐生
「記憶力に関しては、すみません、としか言えませんが……宣水様も忘れてたか、それを装ってた以上、イーブンで見てもらえないもんかなあ」

ドクター 此紀
「宣水は『忘れた過程』に筋が通ってるのよ。これは白威の言い分ね。……ただ私は『宣水がそこ忘れる?』と思うから、宣水の真度が下がった、と見てるけど」

美女 万羽
「そのくらいの勘違いも許さないっていうの、宣水に厳しすぎると思うけど。流れ的に、そりゃ忘れてもしょうがない、ってあたしも思うし」

楽天家だったためしがない 弥風
「こいつに限っては、そのくらい厳しく判断して、やっとバランスが取れるだろ」

美女 万羽
「っていうか、宣水が『忘れたふり』とかする? それに意味あった? 宣水が真でも偽でも、ただ忘れたんでしょ。で、『忘れた理由』は、白威の言う通り『真共有だから』って考えた方が、あたしは合ってると思うけど」

ドクター 此紀
「…………。……」

サブカル青年 西帝
「確定白からジャッジ行きます。
ええと、宣水様が忘れたふりをする意味はありませんでした。強いて言うなら『父豪礼の正体』についての考察に関わっていましたが、結局『父豪礼の狼度には関係なし』という結論だったので、黒塗りも白塗りもしていません。
桐生の方は、明確に父豪礼の黒塗りに利用しに行きましたね。こちらは、忘れたふりをする必要がありました。
さらに、『宣水様が忘れた理由には筋が通っている』というのは、白威さんの言う通りかと」

美少年 桐生
「要するに俺が怪しい、と。まあ俺がそこ忘れて豪礼じいちゃん殴りに行っちゃったのは事実だけど、豪礼じいちゃんのレスポンスが噛み合っちゃったせいで気付かなかった、っていうのも加味してもらえない?」

サブカル青年 西帝
「そうだな。それも認める。宣水様加点0、桐生失点1、くらいの判断がちょうどいいんじゃないか」

中間管理職 刹那
「豪礼の回答は前半が『真狂放置』についての見解で、後半が『桐生吊り』に対するものだったせいで、俺も東雲の指摘まで気付くのが遅れた。……ああ、弥風は気付いていたのか」

楽天家だったためしがない 弥風
「気付いてた。だから桐生の引きの早さにも、宣水の回答のズレにも違和感を持った。よって、いち早く指摘した東雲の加点だ。
……『忘れ方に筋が通ってるから真共有』って、そう判断されることまで読んで宣水が『忘れたふり』してたら、嘘が上手すぎて気持ち悪いから、もう一回出禁にしろよ」

村のインテリ 宣水
「忘れてただけだから、そこまで警戒しなくていい」

荒くれもの 豪礼
「……今のやり取りで、失点になる者がいるとすれば。……桐生と。あとは此紀だと思うが」

ドクター 此紀
「え? 私? なぜ?」

荒くれもの 豪礼
「……お前は『宣水は忘れない』と判断したのだろう。……では何のために宣水は『忘れたふり』をした? ……これを示さず、ただ宣水に失点を与えた。
……この此紀の発言は『奇数進行になった際、桐生を生かすため』だと判断する」

チンピラ 東雲
「ん? それは弥風様の仰るように、『忘れ方が真共有っぽい』って論調に誘導するため、と此紀様も判断なさったのでは?」

荒くれもの 豪礼
此紀は宣水をそう判断しない。……此紀の中の『宣水像』は、『他者の考察に頼るタイプではない』だ。……違うか?」

ドクター 此紀
「…………認めるわ。私の失点であり、あんたの考察は正しい。……宣水が『忘れたふり』をする意味はない。宣水の失点を取り消すわ」

サブカル青年 西帝
夫婦なのかな?

中間管理職 刹那
相手への理解度が深くなければ成立しない考察で、なんか深追いしたくない感じするな」

美女 万羽
此紀は前にそれ言ってるから、『豪礼の記憶力が良い』ってだけの話じゃないの?」

なかなかのメガネ 白威
「それを覚えておいでの万羽様の記憶力も証明されましたね。……自分の頭が特別悪いのか? と、暗い気分になってくるゲームですね」

原宿ロール 右近
「それな」

チンピラ 東雲
「お前は別に自省の心とか持ってねえだろ」

サブカル青年 西帝
「一連のやり取りは、父豪礼、東雲さん、弥風様が加点対象、桐生と此紀様が減点対象、という感じでしょうか。宣水様はプラスマイナスゼロで」

なかなかのメガネ 白威
「どう捉えるかはそれぞれの裁量だと思うが、西帝君は普通に村陣営なんだろうな、とは思った。潜伏狂人は……おそらくいないが、潜伏背徳者はいる可能性がある。
確白の西帝君は襲撃対象のトップだ。潜伏背徳者なら、ここで『客観的なジャッジメント』を行っている場合じゃないと思う」

村のインテリ 宣水
「俺は『どうせ狼にも透けてること』を伏せても意味がねえと思うから言うが、まあ西帝は素村だろうな。潜伏背徳者と同じく、狩人なら『妥当な村利意見』なんぞを出して、自分の襲撃度をさらに上げてる場合じゃない」

ドクター 此紀
「そういうタイプの襲撃避けもあるとは思うけど。確白できちゃったから、狼は西帝襲撃が安定。襲撃筋から狼の性格を読むのは、いったんストップになっちゃったかしらね」

サブカル青年 西帝
「潜伏背徳者なので襲撃しないでください。グレーから狩人狙って行きましょう」

美女 万羽
「共有から1白っていう順番で噛んだ狼が、急にグレー狭め始めてくれることはないと思うわよ」

チンピラ 東雲
「俺は立場上、襲撃筋に言及しない方がいいとは思うんですが、まあ万羽様がほとんど仰ってるんで乗ります。襲撃筋から考えると、狼そこまでグレランに強くはない気がしますよね。グレー広く取ろうとしてます」

美少年 桐生
「やっぱり俺は、喋れば喋るほど信用が落ちるだけですか。対抗が鬼なので」

楽天家だったためしがない 弥風
「全員鬼だが」

チンピラ 東雲
「弥風様も冗談とか仰るんですか? マジレスですか?」

中間管理職 刹那
「ちなみに『潜伏背徳者』の可能性と居所の考察は、狼が一番行なっているだろうな。その手助けをしてやる必要はないと思うので、俺は言及しないが。ぜひ潜伏背徳者を噛んで欲しい」

サブカル青年 西帝
一番ダサい襲撃と評判のやつですね」

美女 万羽
「できれば灰のキツネ噛んでほしいけどね。1縄増えたら、共有ローラーと占いローラーできるから、弥風が告発してくれるでしょ」

楽天家だったためしがない 弥風
「なんで僕を狼だと決めつけてるんだ。君視点、桐生が狼で、僕が狂人かもしれないだろ」

チンピラ 東雲
桐生君が狼なら、弥風様がキツネ陣営って可能性も万羽様視点ではありますよね。別に『灰にキツネがいるって知ってるんですか?』とかいう揚げ足取りはしませんが、『弥風様は確実に狼』と考えていらっしゃるのはなんでです?」

美女 万羽
共有騙りは狂人だと思うし、狂人が共有騙りに出るなら、『占いに狼がいる』ってことだと思うから」

チンピラ 東雲
「2段目以降の論法は大変シンプルでわかりやすいんですが、スタートの『共有騙りは狂人だと思う』ってのはなんでですか」

美女 万羽
「背徳の共有騙りは無意味だから、宣水は真狂。桐生は真狂狼だけど、桐生が狼なら潜伏続けて、宣水なんか噛めばいいじゃんって思うから。2-1で共有護る狩人なんかいないでしょ。だから桐生は真か、狼占い師の邪魔しないために、縄稼ぎと共有ローラーの仕事に行った狂人でしょ」

原宿ロール 右近
「なんかそんなん弥風も言ってたな。親子だな」

楽天家だったためしがない 弥風
「僕が言ったのは『桐生が真共有でも潜伏してりゃよかっただろ』だけどな」

中間管理職 刹那
「それは難癖に近いと思うが。真共有なら、対抗出た時点で、まあ出るだろ普通」

楽天家だったためしがない 弥風
「沙羅もそう言ってたが、今回の狼は2日目に共有を噛んでる。偶数だし、GJも嫌うだろ。桐生がそのまま潜ってりゃ、今朝宣水が噛まれてる可能性は高かった」

村のインテリ 宣水
「噛まれるだろうなと思ってた。対抗が出てくるとは思わなかったな。ははは」

美女 万羽
「あちょっと待って。桐生、出た理由は『対抗が出たから、真乗っ取られると思って焦ったから』? 他にない?」

美少年 桐生
「はい? ありません」

美女 万羽
「じゃあ残念。加点なし」

美少年 桐生
「ええっ……。どう答えたら加点だったのですか」

美女 万羽
「『猫の時と同じで、宣水をアーマー係だと思ったから』」

楽天家だったためしがない 弥風
「それだ。そう回答すりゃ、まだ納得できた。ほぼ同じことが前に起きてるんだから」

美少年 桐生
「すみません……そのあたりは気付きませんでした。ただ単に『うわ狂人が出てきた』と」

チンピラ 東雲
「出てくるとき『宣水様は狂背』つってたろ。ってことは、あの時点、桐生君は宣水様に『背徳者の可能性』も見てたはずだが」

美少年 桐生
「あ、あの時点では……そうですね。見ていました。その後、冷静に考えて『いや背徳者は共有に出ないな』と思ったので、宣水様は狂人だと判断しました」

美女 万羽
「いやあんた、今日も『宣水が狂背』って前提で喋ってたけど、どの段階で背徳切ったの?」

美少年 桐生
「昨日切っていたのですが、あまりにも『宣水様が狂人』という前提に固まりきって話すと、なんか難癖つけられるような気がしたので」

お嬢様 蘭香
「桐生さんからどんどんボロが出てきて、見ている側がいたたまれません……」

美少年 桐生
俺は偽者でも堂々としてるし、本物でもボロを出しちゃうタイプなんですよ

なかなかのメガネ 白威
「君なんでも自分で言うのすごいな

美女 万羽
「まーね。本物でもボロ出すタイプはいるし、宣水なんかは逆に『偽者でも本物でもボロ出さない』から、どっちも難しいとこよね」

お嬢様 蘭香
「どうも話題が偏りがちですが、連続白ももう2、3縄で限界です。そうなれば占いに動きが出て、話題が活性化されるかと」

楽天家だったためしがない 弥風
「万羽が『桐生と僕が狼』とか言い張って、全白判定出すことも考えられるけどな」

美女 万羽
「そう思ったら途中であんた占うわよ。占いはキツネより狼優先ね。で、狼は呪殺が出ると嬉しい。まあ2COだし、まだ占いは噛みに来ないでしょ」

チンピラ 東雲
「狼が『俺をキツネ』だと誤認してたら、俺は吊れるんで、占いチャレ来るかも知れませんね」

中間管理職 刹那
「別にお前の吊りは確約されたわけでもなく、村全体が『お前をキツネ目』と判断しているわけでもない。占い師も、お前が狼だと思ったら占いに行くだろう。宣水は止めるだろうが」

村のインテリ 宣水
「少なくとも、東雲は狼じゃねえだろ。『狼の勝ち筋と、その対処』を考察、検討してる。灰にも共有にも注意を払ってる」

チンピラ 東雲
「俺がキツネでも狩人でも、6人の日に吊ろうとしてません?」

ドクター 此紀
「そうだとしても、6人の日までは手をつけられないように誘導してるでしょ。あんたが狩人だとしても、宣水が少なくとも3日は延命してくれたわよ。
狼はあんた襲撃しには行けないでしょ。あんたがキツネなら1縄増えるし、狼に告発の余裕はそれほどないし、あんたが素村ならSGの無駄消費だし、運よく狩人だとしてもチャレが一手遅れる。私が狼なら採用しないわ」

原宿ロール 右近
「宣水妄信で勝てる気がしてきたんだけど」

美少年 桐生
「負けます」

お嬢様 蘭香
「時間です。グレランをよろしくお願いいたします」


独身貴族 皇ギ
「投票時間よ」


得票数:名前→投票先

■0票:弥風→刹那
■5票:刹那→東雲
■0票:豪礼→刹那
■0票:宣水→刹那
■2票:此紀→白威
■0票:万羽→此紀
■0票:右近→刹那
■2票:東雲→白威
■3票:白威→東雲
■0票:西帝→刹那
■0票:蘭香→此紀
■0票:桐生→白威


独身貴族 皇ギ
刹那が処刑。5分のスマホタイム」


3日目終了

4日目へ つづく



スポンサーサイト