ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第9ゲーム 1日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第9ゲーム 1日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第9ゲーム

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目



独身貴族 皇ギ
万羽の死体が見つかったわ。現在15人」


ドクター 此紀
「へえ! そこ抜くの!」

サブカル青年 西帝
「襲撃筋読みをいきなり開始できる感じのところですね」

中間管理職 刹那
「占い騙りに強い狼を出してくるつもりか。要警戒だな」

チンピラ 東雲
「美女が初日からいなくなると寂しいなあ」

お嬢様 蘭香
「すみません、刹那おじいさまの『騙りに強い狼を出してくる』とは一体? まだ何も情報が出ていない段階で、なぜそのような具体的なことが……?」

楽天家だったためしがない 弥風
狂人なら最強のところを抜きに来てるだろ。『狂人頼み』系の狼じゃないんだろうよ」

原宿ロール 右近
「いや、でも万羽って、村陣営だとパッとしなくね? でも『狂人引くと強い』んだから、狼的には襲撃しないほうが得じゃね? なんで万羽行ったのかしら」

荒くれもの 豪礼
「……キツネ警戒でもあろう。万羽は早めに把握しておかなければ、吊るのは困難だ。狩人が初回から護衛する位置でもあるまい」

酔っ払い 斎観
「けど、なんか気持ち悪めの襲撃だよな」

村のインテリ 宣水
「確かに、狼の性格がなんとなく読めるな。少なくともブレインは、自信家かつ慎重なんだろう」

美少年 桐生
「その、占い師のCOはどうしますか? 黒出し占い師が不在のようなら、……ええと、共有いないと面倒だな。……霊先回しで、確定したら指定。占い師は潜伏、がいいのかな?」

罪作りな男 典雅
「グレランだと票が割れて、偶発的に役職が吊れてしまう可能性も高いな。どうせ指定でCOを聞くなら、占い師も霊能者も、全員出してしまってもいい気がするが」

酔っ払い 斎観
伸びが早~い。俺よりもゲーム用語を使いこなしてる」

ドクター 此紀
「露呈人数を最小限に留めるか、灰襲撃発生時の『役職を抜かれた』という危惧を排除するか。……私はFOを推すわ。これは狩人以外の全役職を指し、つまり猫の露呈も望む」

グラビアアイドル 沙羅
「『狼に猫を噛ませてお陀仏チャンス』はどうした? お前は以前のゲームで、それを推奨していたと思うが」

ドクター 此紀
「あれはすでにキツネ陣営死亡が確定してたからよ。今回はおそらく生きてるし、しかも背徳なし。つまり、『出る死体は最大2』。
あらかじめ猫を出しておけば、2死体が出た時、呪殺なのか猫噛みなのか判断しやすくなる……まあ露呈してる猫を噛む狼はいないでしょうから、つまり2死体を『呪殺だと確認できる』のよ。
これは『全視点で、前夜までの真占い師の生存を確認できる』という意味でもあるわ」

サブカル青年 西帝
「そうですね。猫入り背徳なしだと、2回の2死体が出ない限り、『真占い師の生存如何』が不明となるので、猫伏せ進行はちょっと面倒です」

チンピラ 東雲
「まだ仕事のない霊を出して、占い師の護衛幅ぶらしちゃうのはどうですかね。猫はトラップとしても使えるから、伏せといてもいいと思うんですが」

まじない師 克己
「君はFOが嫌いだね。……猫もトラップになるのかい?」

チンピラ 東雲
「なります。1COの猫に黒出しちゃった占い師は破綻ですから。今日が1死体だった以上、猫は欠けてません」

楽天家だったためしがない 弥風
「ゴチャゴチャ鬱陶しいな。指示を出す。狩人以外は全員出ろ

村のインテリ 宣水
ストップ。占霊は出していい。猫は駄目だ」

楽天家だったためしがない 弥風
「あ? つまり、東雲と同じ意見か?」

村のインテリ 宣水
「狩人を保護する。猫狩COのために、猫を出すのは少し待て」

サブカル青年 西帝
勉強してるなあー

お嬢様 蘭香
「猫狩CO?」

なかなかのメガネ 白威
「知っています。回避COですね。
狩人や、そのふりをする人外が『自分は猫又か狩人だから吊るな』と言うための。
このCOなら、狩人だとしても、狼からの襲撃を避けられます。狩人なら狼は噛みたいでしょうが、猫ならば、狼が道連れになってしまいますから」

酔っ払い 斎観
「はあ、いろんな作戦があるなあ。…………。……ん? じゃあもう狩人に猫狩COさせても良くないですか? その方が、人外の回避を潰せるような?」

美少年 桐生
「いや、たとえばそれで猫が2COになったとして、玉砕覚悟の狼が猫狩候補を噛むとするだろ。50%で狼の読みが当たれば、いきなり狩人抜かれる。外れても、1狼は死ぬけど、やっぱり次の日に狩人が抜かれる。
で、万羽様をいきなり抜いてきた狼なら、そういう特攻キメてきそうなんだよね」

村のインテリ 宣水
「桐生にほぼ同意見だな。……ただ指摘しておくと、猫狩が2COなら、狼視点では『偽猫が狂人』という可能性がある。『狩人欠けの2CO』なら、まあ構わんだろうが、『狩人が生存していて、かつ潜伏を選んだ場合』は狂人を噛み損になる」

美少年 桐生
「あ、それはそうですね。潜伏占い師がいるように、潜伏狩人もいるか。誰もがFO指示を守るわけじゃない。
……? それならば、弥風様の『FO号令』を止める必要もなかったのでは?」

村のインテリ 宣水
「『猫狩』を説明する時間が欲しかった。真猫は対抗猫を『敵陣営』と見なすだろうが、狩人の猫COは、敵だとは限らない、という解説だ。猫は『噛まれない位置』。狩人が入るにはちょうどいい」

中間管理職 刹那
「説明が終了したので、猫狩は募ってもいいということか?」

村のインテリ 宣水
猫狩COだ

楽天家だったためしがない 弥風
お前かよ

なかなかのメガネ 白威
「……全員からもっとも警戒されている宣水様が、猫狩ですか。……COはありません」

チンピラ 東雲
「俺もCOないですが、宣水様ゲーになることを防ぐために、猫狩が2COになったら、もう宣水様吊りから入っちゃいません?

村のインテリ 宣水
そう言われると思ったから、わざわざ弥風を止めて説明したんだ

楽天家だったためしがない 弥風
「クソッ、そういう言い方をされると、お前が狩人に見える。僕にCOはない」

中間管理職 刹那
「宣水が『キツネも猫狩の枠に入り込むことがある』という点を説明しなかったのは、やや気になるな。
東雲には悪いが、これは指針決定係が必要だろう。

霊能者CO。

FOを採用する。
占い師の潜伏は禁止。だが、占い師が猫狩の枠に入ること、また『狩人が潜伏すること』は禁じない。
つまり、占い師がゲゲゲられることだけ、とにかく封じる。表に出ておけ」

お嬢様 蘭香
「か、勝手なことをよくものうのうと……。
対抗霊能COです!
私も……わかりやすさを重視してFOを推奨しますが、対抗のまるで確定したかのような指示出しは許せません!」

まじない師 克己
「おや……対抗が出るのか。普通に刹那が霊能者だと思ったけれど。私にCOはないよ」

チンピラ 東雲
「あー。もう霊ローラーから入ろう。猫狩に対抗がいたとしても、伏せてていいだろ」

荒くれもの 豪礼
「……そうだな。霊が2以上出たならば、狩人はよほど高精度で抜かれん限り、しばらく生きるだろう」

ドクター 此紀
「ハイ占い師COよ。
蘭香占って『人』。

私はさっきも言ったけど、今後の呪殺を確定させたいから、猫候補は全員出ておいてほしいんだけど」

グラビアアイドル 沙羅
「COはない。……霊能者の片方に白出しというのは、ローラーを阻止したいような動きにも見えるな」

ドクター 此紀
「蘭香は見ておかないと判断に困るって言うのは、過去のゲームでも証明されてるでしょうよ。初回噛みもない位置でしょ」

罪作りな男 典雅
「SG位置は吊るべきであって、わざわざ占うのは一手の無駄じゃないのか? 君にしては粗末な理由だな」

ドクター 此紀
「あら、けっこう喧嘩腰で来るのね」

罪作りな男 典雅
「当然だろう。
対抗占いCO。
豪礼を占って『人』だ。

……『いきなり万羽を噛んだ狼』にしては、蘭香占い主張というのは、アクセルの踏み方が中途半端だな。此紀は様子見の狂人か?」

ドクター 此紀
「なるほど、あんたが対抗なの。占い先が豪礼っていうのも、大概どうかと思うけど? 噛み合わせある位置でしょ、そこは」

楽天家だったためしがない 弥風
「あ? 猫狩は宣水ひとり、ってことは、猫は確定か。紛らわしい」

村のインテリ 宣水
「猫も狩人も潜伏を選んだか。CO撤回、素村だ。吊り柱に出る

楽天家だったためしがない 弥風
オイ

美少年 桐生
働きマンお疲れ様です。ここで柱に下りたということは、狩人への『ランに自信がないなら猫狩という手がある』というメッセージでしょう。今回に限っては、宣水様はただの村柱かと思います。かといって残せないので、吊るべきでしょう」

荒くれもの 豪礼
「……2霊能出ているので、ローラーから入る道が安定だった。……ここで柱に出られたところで、一手遅れるだけだ。宣水がそんなことをするか?」

美少年 桐生
「? だから、別に宣水様が人外だとしても、吊ればいいじゃん」

村のインテリ 宣水
俺はどう動いてもノイズだろ。だから狩人の生存率を少し上げて、さっさと退場するのが、村にとって最善だと判断した。今回は素村だ」

中間管理職 刹那
「ナイスムーブだ宣水。霊能CO撤回。
猫狩CO。
目的は『霊CO数の抑制』。霊能初日でない限り、蘭香が確霊だ」

チンピラ 東雲
「ぐるっぐる回るな、役職が」

お嬢様 蘭香
「……また私が確霊ですか……」

サブカル青年 西帝
「ん、刹那様が猫狩にスライドか。動機はわかりますが、まさに『霊能初日』の可能性があるので、1COでも霊能者は『ほぼ確定』止まりなんですよね。まあ占い師の片方から白出ていますし、蘭香さんが人外だとしても、脅威度はそこまでではないかな」

罪作りな男 典雅
「つまり……此紀と蘭香に組まれていたら面倒だが、それは『狼2露呈霊能初日』という低い確率だから、まあ無いものと考えるべき、ということか」

酔っ払い 斎観
「占霊2-1で、猫も1ですか。……少ない気もしますね。これ、万羽様が役持ちだった可能性がちょっとあるんでは?」

ドクター 此紀
「だとしても、霊か狂か狩人。しかも蘭香は悪くて狂人だから、致命傷じゃないわ。それに背徳なしだから、CO数もこんなものかとも思うし」

酔っ払い 斎観
「あ、そうか。普段なら3-1とか2-2が多いですが、『騙り要員』みたいな扱いの背徳がいないから、2-1でも普通? なんですかね」

サブカル青年 西帝
「俺はちょっと少ないと思う。けど、あんまり掘り下げるのはお勧めしないね。潜伏猫狩がいるのかも知れないし」

原宿ロール 右近
「刹那が人外で、真猫が潜伏みたいなハナシ?」

チンピラ 東雲
「掘り下げるなっつうのに」

原宿ロール 右近
「つかアタシも此紀に賛成で、2死体出た時に呪殺かどうか確認したいから、真猫が潜伏してるんなら出てほしいんだけど。狩人は後でもいいけどさ」

チンピラ 東雲
「だから、その狩人のために伏せる猫がいるんだよ。お前の言い分だと、先に猫が出きってるから、狩人の猫狩回避が『狩人です』って狼にバレちまうだろ」

原宿ロール 右近
「アタシ狩人ってあんま重要だと思ってないから。吊られる狩人が噛まれに回って、占い師を1日延命してくれるんなら、それでも別にいんじゃん? 回避で出た狩人はSG扱いしやすいだろうから、噛まないって狼もいるだろうし」

なかなかのメガネ 白威
「……そのあたりは考えが分かれるのでしょうか。私は狩人のために、猫が伏せるのも有効だと思っています。猫が狼を道連れにするのも、占い師へのトラップとなるのも、不随メリットとして見込むことができますし」

酔っ払い 斎観
「『呪殺を見せたい』って観点からすると、此紀様は真目かな。今のとこ」

罪作りな男 典雅
猫を噛みたくない狼、狼に猫を噛ませたくない狂人、猫トラップを踏みたくない狼狂、という考えも忘れないでくれ。キツネではなさそうだが」

楽天家だったためしがない 弥風
「猫狩がどういう考えでも、動きやすいように動けばいいが、いざという時に自己弁護できる自信がないなら、もう出ておけよ

グラビアアイドル 沙羅
「……『いざという時に自己弁護できなかったせいで論破された』お前の口から出ると、説得力があるな。これは私も過去に経験しているので、気持ちはわかるが」

サブカル青年 西帝
「占い師は確実に露呈したでしょうね。……いちばん悪いのは『占い初日』のケースだけど、現状、この可能性が下がってるのはありがたいかな」

美少年 桐生
「下がってる? 占い師2COって、結構ヤバいような気もするけど」

サブカル青年 西帝
「どっちの占い師も、けっこう占い先が悪くないんだよ。

此紀様は(当時)2COだった霊の片方に白打ってるから、普通に考えれば『狂人目』なんだが、刹那様の撤回で霊は1COになったろ。
で、『確霊に白』ってことなら、まず判定が当たってる。つまり『真目狂人目』で、狼・キツネの可能性は低いだろう。
狼やキツネなら、キツネなら特にそうだが、信用を取らないと死ぬんだ。奇数進行で霊に白なんか出して『狂人目』なんて判断されたら、生き残れる率が一気に下がる。

典雅様の占い先は、偽者なら信用勝負の路線だな。つまり対抗を噛ませる気がないから、真目狼目キツネ目
そして信用勝負の騙りは、中盤以降、かなり苦しい動きを強いられる。嘘ばっかりつくことになるから。言動から真偽を見て行きやすいと思う。

狼が『占い初日疑惑を呼ぶために、あえて占いCOに出なかった』って路線を選んだ可能性も考えると、占い師のどっちかが真って確率は、わりと高いように思うね」

チンピラ 東雲
占い初日を見込んだキツネが喜んでるようにも見えるな、西帝君」

サブカル青年 西帝
「俺がキツネだとしたって、占い師に真がいるかどうかなんて、まだわかんないでしょう。占い初日でなければ自分の首が締まるだけですよ、『占い初日じゃないだろう』ってこの段階で言い出すのは。キツネなら『占い初日推し』で、占い師を吊りに行きたいでしょう」

罪作りな男 典雅
「占い師に目をつけられる率を下げに来た、というようには見えなくもないな。悪い言葉で言うと『擦り寄り』か」

酔っ払い 斎観
「西帝がキツネ引いたら、もっと控えてる気がしますけどね。人外だとして狼だと思いますよ。狂人なら、自分が潜伏してんのに、両占い師の信用上げるのはバッドジョブでしょうし。狼なら白印象を稼ぎに来てるってのはアリっぽい」

村のインテリ 宣水
「潜伏猫狩がいる場合、COタイミングに気をつけろよ。猫はともかく、狩人には『もう吊られても構わない』というタイミングがある。そういう時、無用に猫の信用を落としたりすることがないように」

中間管理職 刹那
「俺が露呈したのに対抗が出ていないのだから、もう猫は俺で暫定確定と見なしてもらい、狩人は黙して死ぬことが仕事となったと思うが」

原宿ロール 右近
「アタシもそう思うけど。猫は刹那でいいでしょ?」

楽天家だったためしがない 弥風
「暫定的には、それでいいだろうな。刹那を真猫と仮定。猫狩で出てこなかった以上、狩人はグレランに自信があるらしい。頑張らせろ」

荒くれもの 豪礼
「……狩人の位置を絞るのは人外利だろう」

楽天家だったためしがない 弥風
猫狩のメリットを理解できてないアホが狩人引いて、潜伏してる場合とかに備えて、ブラフ撒いてるんだよ!」

グラビアアイドル 沙羅
「お前もたいがい自分で全部言う属性だな。……つまり『狩人は強い』『狩人は弱い』を同時提唱で、狼を惑わせに行ったのか。まあ、弥風はまだ占わなくても良かろう」

ドクター 此紀
「弥風は占っておいて損なしだと思うけどね。確かに狼だとは思わないけど、キツネなら溶かさないと処分しにくいでしょ」

村のインテリ 宣水
「CO数的に、狂人が伏せてる可能性もある。その場合の狂人は、狩人に近い動きを取るだろうな。白確するのは避けたいはずだ。噛まれるから。
当然、『占われた時点で敗北』のキツネにも近いことが言える。狩人・狂人・キツネの見分け方には注意しろよ。潜伏した場合、全部の動きが似やすい」

罪作りな男 典雅
「私が蘭香を占って、『霊能初日で、キツネに霊を乗っ取られる』という道をケアしておくのはどうなんだ?」

ドクター 此紀
「……あんた信用取る気あるの? 狂人でしょコレ。キツネではないわね」

原宿ロール 右近
「え? 別にアリじゃないの? 霊能がキツネの可能性潰せたら、霊軸進行取りやすくなるじゃん。蘭香噛み合わせられたとしても、占い師の寿命は延びるんだし。
もし蘭香が狂人だとしても、キツネほどの致命傷にはなんないでしょ。強化狂人ならともかく、フツーの狂人なんだし」

ドクター 此紀
「蘭香を白確定なんかにしてる間に、占いチャレが来たら、広すぎる両視点のグレーをどう判断するつもりなのよ。まあ多少ブーメランなのは認めるけど、私の占いは0日目だった以上、仕方ないでしょ」

楽天家だったためしがない 弥風
「占い即噛みの可能性は低いだろ。狼視点でもグレーが広い。占いによって、キツネを多少絞りたいはずだ。……ま、そういう意味では、右近は非狼目だな。暫定確霊なんかより、もっとキツネ度の高いやつを占わせたいはずだろうから。
しかし此紀は村視点で喋ろうとしてるんだろうが、お前視点、『典雅の占い先』なんかはどうでもいいだろ。どうせ嘘なんだから」

ドクター 此紀
「蘭香はほぼ確霊なんだから、典雅にはニセ黒でもニセ白でも、バンバン打たせた方が情報になるでしょ。蘭香占ったって白しか出さないわよ。情報が何も増えないの」

チンピラ 東雲
「そうですかね? CO数からすると、典雅様がらんこちゃんに黒出し、ってのはある気もしますよ。典雅様が真であれ偽であれ。
らんこちゃんは狼だとしても、柱系の動きをするでしょうし、なら霊に出てもおかしくありません。此紀様視点では、もちろんこれは無いわけですが。

らんこちゃんが真霊なり狂人なりでも、典雅様は『占い1消費=灰にノータッチで、1縄消費=しかも真霊の可能性が高い場所の排除』ができますよね。俺が典雅様なら、らんこちゃんに黒出し、考えなくはないっすね。

『典雅様がらんこちゃんの判定をどう出すか』は、見る価値があるんじゃないですか?」

ドクター 此紀
「典雅が黒出したら、蘭香を即吊りするってこと?」

チンピラ 東雲
「今日の吊りは柱ですから、霊能黒判定は出ないでしょうね。つまりキープ不要なんで、そういうことです。
初日役欠けありなら、1COでも霊なんてボロ雑巾でしょう。パンダなんかになったら牛乳拭いた雑巾じゃないっすか。そりゃ吊りですよ。
真霊吊ったところで、そう大きい打撃ってわけでもありませんし。此紀様視点ではそりゃ嫌でしょうけど、狩人保護にもなりますからね」

お嬢様 蘭香
「無駄吊りや無駄占いは好ましくありませんので、私を占うことは、私の立場からは反対したいのですけれど」

中間管理職 刹那
「初日の段階で『占い初日』だの『霊能初日』だのをありきで考えていくのは、レアケースの迷路に入るだろう。ひとまずは蘭香を真霊と見なし、占いとラインが割れでもしたあたりで、初めて考えればいいと思うが」

荒くれもの 豪礼
「……CO数が少ない。占い初日も、霊能初日も、無視はできまい。特に霊能のケアは、早いほどいいはずだ」

サブカル青年 西帝
「『CO数の調整は人外次第』だから、そういうことをさせるために、あえてCO数絞ってきた、ってのも考えておくべきだろ。蘭香さん占いは、そういう思惑にまんまと乗っちゃうって気がするなあ」

まじない師 克己
君と蘭香が狼同士……というのも安直か。それなら君は、こういう時に黙っているのだろうし」

酔っ払い 斎観
「つうか、それならむしろ、西帝はらんこちゃんを占わせて吊らせて、無駄打ちさせたいはずでは? らんこちゃん出した時点で、もうらんこちゃんをローラー要員で切り捨てる、って覚悟は決めてたってことですし」

村のインテリ 宣水
「そうだな。西帝と蘭香は切れてる。『蘭香がキツネのケアとして、典雅に蘭香を占わせる』は、此紀視点では有用だと思うが。これは弥風が近い指摘を行ったが、此紀は村視点と自分視点が混濁してるせいで、やや主張が見えにくいな。
『全視点での非キツネを確定させるために、ニセ占い師を使う』。この考えは、過去のゲームで、此紀自身の口から出ている。あのときも此紀は占い師だった。それが今回は逆のことを言っているな」

ドクター 此紀
「1COの霊を非キツネで確定させたって、たいしてメリットないでしょうよ。キツネはまず霊には出ないっていうのは、村視点の常識でしょ」

楽天家だったためしがない 弥風
「『1COの霊についてはケアを考える必要がある』と、お前はやっぱり過去のゲームで言ってるが」

ドクター 此紀
「だから。私はもう蘭香を占ってるんだから、ケアは済んでるのよ。蘭香は悪くて狂人。
…………? 何なの? あんたたちが私を攻撃してくる理由が見えないんだけど。弥風はともかく、宣水は柱に出た以上、村人なんでしょ?」

村のインテリ 宣水
「お前は主張自体に筋が通っていても、話し方のせいで、隙があるんだ。俺の死後、誰かに突かれるよりも、今その答弁を聞いておいた方がいいと思った。
なお弥風の指摘については、此紀に分がある。此紀視点で『蘭香のケア』は完了してるだろ。弥風の言い分は揚げ足取りだ」

楽天家だったためしがない 弥風
「此紀は村視点と自分視点を一緒くたに喋るだろ。村視点でどう考えてるのか、という意味だ」

ドクター 此紀
「そこは『あえて一緒くたに喋ってる』部分にあたるわね。村視点でも、典雅には灰を占わせた方が情報量が増えると思ってるわ。私視点、蘭香は白なんだから」

チンピラ 東雲
「『村視点』から『私視点』への自然なスライドがスゲーな」

中間管理職 刹那
「此紀の固有スキル『両立・混濁思考』だな。視野の広さと狭さが同居している。……ゆえに判断に困るのだが、偽者ならば逆に、もっとシンプルな台本をこしらえてくる気もする」

罪作りな男 典雅
「反対多数でないなら、蘭香を占おうかと思うが」

グラビアアイドル 沙羅
「……これはわりと、典雅の真要素になる気がするな」

ドクター 此紀
「なんでやねん」

グラビアアイドル 沙羅
「蘭香がキツネだという可能性は薄い。だが、『そのケア』自体は、まあ悪手でもなかろう。蘭香が狼の可能性は低くもないのだし。

重要なのは、この先だ。今夜『此紀が呪殺を出してしまった場合』、蘭香を占っている典雅は、言い訳がきかない。此紀が真確定する。

たとえ2死体が『蘭香入り』だとしても、蘭香がキツネだという可能性が村視点で低い以上、典雅の立場は厳しい。典雅はそのリスクに無頓着だ」

美少年 桐生
「そうですね。呪殺対応を気にするなら、『全視点、ほぼ非キツネ』の蘭香さんを占いに行きたいと公言なさるのは、自殺行為です」

中間管理職 刹那
「ああ。……相変わらず沙羅は、よく先を見ているな。良い視点だ。
ただし『典雅―蘭香が狼であり、此紀が狂人やキツネ』の場合などは、その説の適用外となるが。『典雅自身がキツネ』の場合なども、やはりグレーで呪殺は発生しない。自分が呪殺されたら、どのみちもう負けている」

グラビアアイドル 沙羅
「『典雅キツネ説』はともかく、典雅と蘭香が両狼ならば、真占い師と真霊能者が不在となるが……つまり、お前が占い師の潜伏を禁じた以上、『占い初日かつ、真霊潜伏』か。……こんなケースまで考えなければいけないのか?」

原宿ロール 右近
「霊潜伏自体はいいとして、『対抗が占われそうなのに黙ってる真霊』って、なんか最悪じゃね? 占い無駄打ちを見過ごすくらいなら、ちゃんと出てきてローラーされろよって思うんだけど?」

チンピラ 東雲
「だな。霊潜伏はいいが、ほぼ非キツネの対抗が占われそうなら、さっさと出ろよ。誰にも得がねえだろ」

お嬢様 蘭香
「私もあれこれ疑われるのなら、早くローラーされてしまいたいのですけれど……」

チンピラ 東雲
「初日役欠けアリだから、『霊は1COでもストレート吊り』って進め方もあるんだが、此紀様からの片白だから、それを採りにくくなってるんだよな。だから霊潜伏とか、霊能初日だとして、占い師とのライン的には『此紀様―らんこちゃん』の方があると思うが」

中間管理職 刹那
暫定お猫様から指示を出す。正直面倒なので、霊能者も全員出てくれ。
初日役欠けのありうるルールで、潜伏のケースまで考えて行くと、互いに通じる話も通じなくなる。
今日出ない以上は、もはや『蘭香を確霊』、あるいは『蘭香が騙りで、霊能初日』の、どちらかと見なすものとする」

「……」

中間管理職 刹那
「霊追加はなし、だな」

美少年 桐生
「『蘭香さんがローラー柱やライン戦を見込んで出てきた狼ラッキー霊能初日』という可能性は無くはないので、典雅様が蘭香さんを占う価値はあると思います」

ドクター 此紀
『蘭香が真霊』蘭香が狂人霊能初日』と比べて、なおそっちを選ぶってこと? そこまで蘭香を疑うなら、もう蘭香から吊ったらどう? 奇数だし、私視点でも狂人の可能性はあるから、別に身を挺して反対はしないわよ」

お嬢様 蘭香
「無駄吊りは推奨はできませんけれど……どうせ疑われるのなら、私はそれでも構いません」

なかなかのメガネ 白威
「……よろしいでしょうか。
正直なところ。蘭香さんを真霊だとは思えないのですが」

サブカル青年 西帝
「へえ?」

お嬢様 蘭香
「あら。意外なところから、意外に強い語調ですわね」

なかなかのメガネ 白威
「霊能者視点……というよりも村視点、最大の懸念は『占い初日』であるはずです。それを確認できる可能性を持つ、唯一の村側機構とも言えるのが『霊能者』。
両占い師とラインが切れるようなことがあれば、それは自動的に『占い初日』を示すのですから。
真霊ならば、初日から『吊られてもいい』などと言うものでしょうか? 消極反対の理由が『無駄吊りになるから』というのも、真霊視点とは思えません。
真霊を吊る最大のデメリット、『占い初日診断機構の喪失』が、蘭香さんの意識には存在していません」

酔っ払い 斎観
「の……伸びが早いなお前も。…………。……えーと、そこは本当に……んー、そうか。…………」

グラビアアイドル 沙羅
「『蘭香補正』を考慮すべきだとは思うが……白威の言い分自体は、正直なところ私も感じていた。さらに強く言っていいのならば、もし占い初日だとしても、この霊能者では論戦勝ちできない。ならば経費の一環として、蘭香を吊り、典雅の占いを別に回すべきだとも思う」

ドクター 此紀
「蘭香が真霊かどうかは知らないけど、一応『私の白』だっていうことは忘れないでくれる? 生存意欲については、蘭香は何引いてもこんなもんでしょうよ。

それに、非役職が黒確定になった場合なんかも『占い初日』を訴えるでしょ。
霊能者が『占い初日』を言うのも、非役職が言うのも、変わりはしないでしょうよ。村視点で『霊能初日』の可能性がある以上、霊能者の機構性は保証されないわ。

繰り返すけど、別に蘭香吊りに反対するわけじゃないわ。白威の言い分には疑問がある、という論旨よ」

酔っ払い 斎観
「んあー、『此紀様―らんこちゃんライン』あるのかな、これ。さっき東雲が言ってたやつだが」

ドクター 此紀
「私と蘭香が両狼なら、蘭香のことは占い騙りに出すわよ。私と蘭香を入れ替えるか、占い2騙りにするか。そのほうが勝率上がるでしょ」

村のインテリ 宣水
「真霊が死んでいたのは偶然にせよ、お前と蘭香が両狼なら、占いは2騙りになっていただろうな。『此紀―蘭香ライン』は、まず無いと思う」

楽天家だったためしがない 弥風
「……このルールだと、1COの霊は風当たりが強いな。西帝は受け流してたが、蘭香に当たると不憫に見える。典雅が白を出したところで『狂人疑惑』が残るなら、今日さっさと吊ってやるのも手だとは思うが。真霊だとしても」

原宿ロール 右近
「刹那の孫には甘いな」

チンピラ 東雲
「真霊なら、白威の言う通り『占い初日を診断できる手段』でもあるんで、吊りたくはないですけどね。らんこちゃん自身が論戦に勝てないとしたって、霊情報は村全体に共有されるわけですし。
非役職が黒確定になるのと、霊能が全占いとライン切れたりするのとでは、ちょっと訳が違いますよ。霊能者は『自分で好きなようにラインを繋げる』んですから」

罪作りな男 典雅
「占い初日じゃないから、そこは安心してくれていい。……蘭香を占わずに吊る、というのも手なのか」

村のインテリ 宣水
「霊に追加がなく、刹那のスライドもないなら、2-1で確定か。役欠けか、狂潜伏の目が少し高いか?」

サブカル青年 西帝
「何度も同じことを言いたくありませんが、『CO数は人外次第』です。真占霊が無事なのに、それを疑う方向に誘導されている、という可能性があります。あるいは狂人初日かも知れません」

村のインテリ 宣水
「万羽噛みからして、占いは『』の可能性が高いと思ってる。そしてお前の言う通り、両占い師の占い先は悪くない。仮に役欠けがあるとしても、『霊・狂』のほうが、占いよりは高く見えるな。
……典雅がやや真目、西帝は非狼目、白威は非キツネ目。

ただし此紀は、村人や狼ならば『万羽呪殺襲撃』の可能性を、CO前に口に出しただろう。この点から、『自分は万羽を占っていないから、呪殺ではないと知っていた真占い師』という見方もできる。
当然、そこまで見据えた偽者の演技という可能性もあるがな。

……柱からの遺言考察はこのあたりだ」

美少年 桐生
「…………。『狂人欠け』だった場合、『占霊欠け』と区別がつかないので、けっこう厄介なんですよね」

楽天家だったためしがない 弥風
「西帝はまあ、バランスが取れてるな。初日から役欠けありきで見てたら、見えるもんも見えなくなるだろ。占霊狂なんかより、素村が欠ける率のほうが高い。もう死んだやつの正体より、今生きてるやつのことを見るべきだろ」

村のインテリ 宣水
「もっともだな。だが現状、占い欠けを見てるやつはあんまりいないだろう。霊が注目を集めてる。よりによって蘭香ってのは、可哀想ではあるな」

お嬢様 蘭香
「私は……占い欠けをあまり考えておりません。典雅様の『私占いでキツネの霊乗っ取りケア』や、此紀様の『私への白出し』は、少なくとも、どちらかは真だと言える要素かと。
そのせいで、『占い初日判定機』としての自覚が足りない、と思われたのかも知れません。……そして、それはある意味で正しい判断ですので、そこを指摘なさった白威さんは、白いかと思います」

まじない師 克己
「占い師が両偽だとすれば、どちらも優秀すぎる、というような意味か」

原宿ロール 右近
「そのへんはスペックの問題だから、引いた役職に関係ないと思うけどね。どっちかは確実に偽者なんだし。けど、アタシもまだ『占霊初日』とかは考えなくていいと思ってる」

チンピラ 東雲
「思ってても口に出してない方もいらっしゃるでしょうが、初心者向けにあえて言っとくと、猫狩が1COだった以上は『狩人欠け』もありえるからな」

グラビアアイドル 沙羅
「……そうか。そういうケースならば、それこそ、占霊欠けなどを疑っていれば、自滅するだけだな」

荒くれもの 豪礼
「…………その可能性を仰ぐために、『猫狩CO』などという提案が持ち上がったのではないか?」

美少年 桐生
「いやだから、それ言い出した宣水様は柱に出たんだからさ」

荒くれもの 豪礼
宣水が狼ならば、宣水を吊り、霊能黒判定を出した時点で蘭香が偽者に仕立て上げられる。……そういうことを言っている。宣水が柱で吊られても、あとの2匹は生きている。飽和が遠くなり、さらに狩人の位置までも絞りに来た、とも解釈できる」

村のインテリ 宣水
「お前はそういうことを危惧してるんだろうな、とは思った。だが、蘭香が真霊なら、俺の霊判定は白だ。偽者でもわざわざ黒を出しては来ねえだろ。狩人については、生存率を上げるために動いた、という言い分を信じてもらうしかねえが」

酔っ払い 斎観
「もうらんこちゃん、本当は宣水様が狼でも霊判定は白にしちゃった方がよくねえ?」

お嬢様 蘭香
「……真霊能者なので、霊判定は正直に伝えます……」

村のインテリ 宣水
「吊りは俺で固定して、暫定猫がぼちぼち方針を決定した方がいいんじゃねえか」

中間管理職 刹那
「そうだな。吊りは柱の宣水。占いは……それぞれ自由で。
占い先、噛み先からも、占い師の真贋や狼の作戦を見て行きたい」

罪作りな男 典雅
「ちなみに、対抗は占い対象に入れるのか?」

中間管理職 刹那
「そのあたりは任せるが、初回から対抗占いは、あまり信用を得られる気はしないぞ。溶けてりゃ別だが」

ドクター 此紀
「キツネ目狙いがいいんでしょ? 予告は打つ?」

中間管理職 刹那
「この2-1進行なら、即チャレの可能性はあまり高くあるまい。予告はデメリットの方が大きい気がするな。よって予告はなしで頼む。つまり呪殺が出た場合、対抗が確実に対応を行うので、理由を丁寧に練っておいた方がいいだろう」

村のインテリ 宣水
「柱進行で行った方が、キツネ死亡を確認しやすいだろうな。毎日人柱を募り、これは『もっとも速く志望した者』のみ採用。それよりも黒い者がいれば吊り。そうでなければ柱吊り。これを9人の日まで続けてもいいと思う」

まじない師 克己
「ええと……? ああ、それも狩人保護か。柱は狩人ではない。だから占い師の寿命が保証されて、呪殺の期待値が上がる、と」

楽天家だったためしがない 弥風
「つまり『人柱と、黒寄りグレーのラン』ってことか。…………。採用する価値はあるな。……くそ、これが宣水以外の口から出てりゃ、そいつを白打ちしたんだが」

村のインテリ 宣水
「俺も誰かが似たようなことを言うかと思って、少しは待ってたんだが」

酔っ払い 斎観
「えーと。9人の日までってことは、3連柱吊りになるかもってことですよね? それはどうなんですか? このCO数的に、潜伏狂人がいたとしても柱には出ないでしょうから、3連で村吊りってことになっちゃうんですが。呪殺が出たら8人で、狂人欠けか、狂人噛み挟んでないと、『狼陣営4村陣営4』のRPPになっちゃいますよね」

ドクター 此紀
「だから、それを防ぐために『3連柱』じゃなくて『柱と黒寄りのラン』提案ってことでしょ。でもそうすると、3回目の柱あたりに、キツネや狼が入ってきそうなのよね」

荒くれもの 豪礼
「……『占い初日』に対応しにくい進行でもある。柱が消費され、キツネが生き延びる」

罪作りな男 典雅
「今日の時点で『占い初日』を匂わせに来ている者が、何人かいるようだ。……少し多いように感じる。狼は占いを噛まない方針のようだな。キツネを溶かす装置として放置、なおかつ自分が黒を出されても、抜け道を作ろうとしているのか」

荒くれもの 豪礼
「驕るな。……お前の視点ではお前が占い師だが、俺たちにはその真偽性が見えん。あらゆるケースを想定すべきだ」

グラビアアイドル 沙羅
「しかし、今の時点で『占い初日ありき』という意見になるのは、確かに狼目のようには感じられる。典雅に説得力があるな。ただし、豪礼はキツネではあるまい。占い師から目をつけられやすい言動を取っている」

罪作りな男 典雅
「私が占って白だった以上、狼でもないが。狂人疑惑は払拭しきれない位置だな」

原宿ロール 右近
「柱進行って、柱が何人も出てきたらノイズになってめんどくない?」

チンピラ 東雲
「だからそこを『もっとも速く志望した者』のみ採用つってんだろ。よく聞けよ。2人目以降の柱志望者なんか、ただの白アピールと見なせ、ってことだろ。そいつは『1番目の柱』とのランには勝てねえだろうな」

村のインテリ 宣水
「そうだ。さらに言うなら、此紀への回答だが。『最速柱』にキツネや狼が出てくれたら、村としては助かるだろ。50%で人外を吊れるんだ」

ドクター 此紀
「それは本当に50%かしら? 最速柱って、それこそ『キツネ博打』には持ってこいの仕事って感じじゃない? 指定ならともかく、ランだと、なかなか吊れないと思うわよ」

中間管理職 刹那
「……心境としては、此紀に同感だな。柱進行はそのあたりがノイジーになりがちなので、あまり採用したくない」

村のインテリ 宣水
「うん? 前提が違うのか。暫定猫のお前がラン対象を指定すりゃいいだろ。これなら50%だ」

楽天家だったためしがない 弥風
「僕もそのつもりで考えてたが。猫の提示する二択ってことだろ」

中間管理職 刹那
「…………俺の指定ゲーということか。………………なおさら採用したくないな」

美少年 桐生
けっこう弱腰ですね。俺が猫なら採用しますが」

酔っ払い 斎観
お前はいつでもドンドンだな

なかなかのメガネ 白威
「……西帝君が、進行の議論に意見を出さないのは珍しいですね」

サブカル青年 西帝
「白威さん、よく見てるなあ。……柱見通しって、ロジカル系の村人が多いならキレイに進むんだけど、ファジー系が多いと、此紀様や刹那様の言うように、かなりノイジーになってくるんだよね。
今のやり取りを見た感じ、やめといた方がいいような気がする。ロジカル系の代表のはずの父豪礼なんかが、まず難色を示してるだろ。ここが納得してないなら、柱進行は悪く作用する気がするね」

村のインテリ 宣水
「お前もよく見てるな。そうだ。俺もそう思った。他はともかく、豪礼がゴネるようなら、柱進行は棄却すべきだろうな」

荒くれもの 豪礼
「……役欠けの可能性が無いルールならば、お前の提案する進行のメリットも理解できる」

村のインテリ 宣水
「そうだろうな。そして典雅が、お前が『占い初日』を視野に入れていることと、その速さに目をつけたと。それは自然な占い師感情だろう。比較するとやっぱり、典雅が真目だな、今のところは」

ドクター 此紀
「ちょっと。柱に遺言でミスリードされると、私が迷惑するんだけど」

村のインテリ 宣水
「当然、お前の真も考慮してる。ただお前は典雅と比べると、『真占い師』と『真占い師になりきるつもりの偽者』である可能性が、五分と五分に見えるんだ。
ここは時間経過で濃度が強まるものだから、今の時点で薄いのは仕方ないと思ってるが。今後の伸び次第で、いくらでも取り返せるだろ、お前なら」

まじない師 克己
「1日目では何とも言えないね。……共有者がいないと、グレーが広すぎて、誰を信用していいのかもわからない。かなり難しいね」

楽天家だったためしがない 弥風
「そういう理由で、どうせ票が取っ散らかるから、宣水がさっさと柱で出たんだろ。狩人を守った上で。……無駄がなさすぎて気色悪い男だ」

グラビアアイドル 沙羅
「襲撃は……おそらく灰か。灰襲撃の対象になりそうなゾーンも、意見があれば言っておいた方が良かろうな。
……私も典雅を真目に見ている。理由は前述のものに加え、此紀の失言も加算する」

ドクター 此紀
「何よ、失言ってのは」

グラビアアイドル 沙羅
「宣水に対しての、『ミスリードされると、【私が】迷惑する』という発言だ。
ミスリードによって真占い師が誤認された場合、迷惑するのは『村』であり、『お前』はその中に包括される一個人であるはずだろう。村視点が欠如している」

原宿ロール 右近
「ええ~、どうそれ? それはイチャモンじゃね?」

チンピラ 東雲
「沙羅さんの非キツネ要素ではあるかな。あと、言いたいことはわかる。イチャモンってわけでもないと思うぜ」

荒くれもの 豪礼
「……失言は沙羅にもあった。……誰も指摘しないのか」

村のインテリ 宣水
「まあ、お前は気付くだろうな。お前以外の者が気付かないのは、仕方ない範囲だろ」

グラビアアイドル 沙羅
「……? 覚えがないが。どういうことだ?」

荒くれもの 豪礼
「……お前は襲撃を『灰』と予測したが、典雅からの1白である俺だけは『灰』ではない。……襲撃優先率は高い。……しかもお前は、典雅を真目と見なしているのだろう。……その白である俺が視界から外れるのは、やや不自然だ」

グラビアアイドル 沙羅
「ああ……そこか。私の言葉が足りなかった。お前が視界から外れるわけはない。お前を視界から外したことはない。
……コホン、そうではなくて。

お前のみが1白、他の全域が……こういう言い方がいけないのか。『1白のお前と、蘭香以外の』全域が灰の状態で、お前を噛むのは、典雅の支援となる。
私が狼ならば、ここで『非役職で唯一の1白』は狙わない。

さらに序盤の片白は、終盤の黒出し先としても使いやすい。狼が此紀軸を見込んでいくならば、お前のことは取っておくべきだろう。此紀が非狼であればなおさら。占い師の信用の天秤は、少なくとも真がどちらか見えるまでは、狼としては均衡させておきたいはずだ」

村のインテリ 宣水
「万羽噛みからして、狼は『自分たちが占い師に出ていない場合、占い軸勝負で行く気はない』と思うが」

美少年 桐生
豪礼じいちゃんが狼なら、もう狼には『此紀様真』が見えているんですよね。占い初日の可能性も、まああるにせよ。
……ん、『此紀様―豪礼じいちゃん』で両狼だと、もう『占い初日が確定』か。それなら、そりゃ柱進行は嫌だよな。キツネに勝てなくなるから」

なかなかのメガネ 白威
「それは……どうかな。此紀様が狼なら、霊能者に白を出さないと思う。信用勝負の意味でも、キツネ圧迫の意味でも。
共有者も背徳者もいない以上、灰に地雷は少ない。キツネ目を狙って灰に黒打ちのほうが、狼としては進めやすいんじゃないか。

いきなりキツネを狙わないにしても、灰への攻撃布石なり、仲間への囲い布石なりに使った方が、有効性が高いと思う。此紀様が狼なら、蘭香さんに白を打つ理由は、『両狼でのローラー阻止か、ローラーで蘭香さんが先吊りされた場合の、真霊への攻撃布石』だろう。
……というか、ローラーに入った時点で、真霊を攻撃しても、あまり意味はない。やっぱり灰を占ったことにするべきだったと思う」

まじない師 克己
「……なるほど。よく考えているね。さすが、肩書きが昇格しているだけある」

美少年 桐生
「白威さんの言う通り、まあ此紀様が狼の可能性は低いかな。で、真狂の此紀様を噛むと、狼はキツネが怖いよね。此紀様がキツネでも、占い2COだから、死体なしからのキツネ確認は難しい。GJと区別がつかない。

だから、もし豪礼じいちゃんが狼だった場合、に話を戻すと、襲撃は灰しかないか。蘭香さんを噛みに行くのは、リスクばっかりあってメリットが薄いし。
もし沙羅さんがこのあたりの視点漏れをしてたなら、『沙羅さん―豪礼じいちゃん』が狼ラインってことになるけど、指摘したのが豪礼じいちゃん自身だから、自滅だよな」

チンピラ 東雲
「らんこちゃんを噛むメリットが薄いってこともないと思うがな。いろいろ言われてはいるが、『ほぼ確霊』なわけだし。しかもいろいろ言われてるから、護衛は薄いだろうし」

美少年 桐生
「俺なら蘭香さん噛む分の襲撃を、狩人探しに回しますね」

お嬢様 蘭香
「……桐生さんは『自分が狼なら』という、狼常套句を口に出すことに躊躇がありませんし、全部口に出す属性でいらっしゃいますから、正体の判別が難しいところですわ」

なかなかのメガネ 白威
「……桐生君を疑う切り口だけ作って、結論は保留、ですか。やはり蘭香さんが真霊には見えません。『霊能初日』を本線としてもいいかと考えています」

酔っ払い 斎観
「おお、本当に育ってきたなあ、お前。1日目でまた、ずいぶん思い切った推理を出すようになって」

なかなかのメガネ 白威
父親のような顔で見るのをやめろ。
……蘭香さんは狂人が本命で、次点で狼かと。狼の場合はもちろん、典雅様が真ということになりますが、狂人ならばイーブンです。なお前述の理由で、此紀様は偽者ならばキツネでしょう」

楽天家だったためしがない 弥風
「お前は占ってもどうせ白だろうな。狂人の可能性はある。正体不明の蘭香を狂狼に仕立て上げて、その内訳によって占い師の真贋バランスも変えて行きたい、潜伏狂人だ。
まあ、村でも狂人でも、積極的な意見出しは続けそうだから、ここはしばらく放置でいいだろう」

サブカル青年 西帝
「白威さんが特殊エアポケットに入りそうな気はしますね。様子を見つつ、猫狩COなんかが来た時に注意したらいいかな」

ドクター 此紀
「キツネがそのポケットに入りに来たなら、ちょっと放置はしたくない感じはするんだけど」

チンピラ 東雲
「わかりますが、ここで白威占うと、信用落ちると思いますよ。信用勝負なら他占った方がいいと思いますね」

まじない師 克己
「……『占い師に信用勝負をさせたい』のは、狼的な目線に思えるね」

チンピラ 東雲
「いえ、それは曲解です。真占い師だって信用取ってくれないと、それこそ沙羅さんの言ったように『村の迷惑』になるんです。此紀様が真かどうかはわかりませんが、真ならここで白威占っちゃダメでしょう、ってことです」

原宿ロール 右近
「白威が人なら、でしょ? 白威がキツネなら、呪殺したらお手柄じゃん」

チンピラ 東雲
「直近のやり取りで、白威の人度が上がっただろ。つまり、襲撃率が上がった。『白威入り2死体』出ても、白威が溶けたキツネなのか、襲撃食らった人なのか、わかりにくくなっただろうよ」

罪作りな男 典雅
「東雲が右近の介護係に回っているね」

原宿ロール 右近
親孝行で羨ましい?」

チンピラ 東雲
「お前はもうちょっと白威を見習って、頑張って伸びてくれ」

ドクター 此紀
「東雲の言い分にまったく納得できてないんだけど。白威が『人視を獲得したキツネ』なら、逃げ切られることになるでしょ」

酔っ払い 斎観
「あ、そこはそう思いました。占い師の仕事が『キツネを溶かすこと』よりも『信用を獲ること』になるっていうのは、本末転倒っていうか」

チンピラ 東雲
「キツネと狼、どっちを最大の敵と見なすか、って話です。相手が狼なら、占い師には信用獲っておいてほしいでしょう。つか正直、白威はキツネじゃねえだろうと思ってるんで」

まじない師 克己
「…………。ああ、背徳者はいないんだった。君をキツネの白威を庇いたい背徳者かな? と思ってしまった」

チンピラ 東雲
「…………」

酔っ払い 斎観
「お前介護しなきゃいけない相手が多くて大変だな

中間管理職 刹那
「ん、時間だな」


得票数:名前→投票先

■0票:弥風→宣水
■0票:刹那→宣水
■0票:豪礼→宣水
■14票:宣水→右近
■0票:此紀→宣水
■0票:克己→宣水
■0票:典雅→宣水
■1票:右近→宣水
■0票:斎観→宣水
■0票:沙羅→宣水
■0票:東雲→宣水
■0票:白威→宣水
■0票:西帝→宣水
■0票:蘭香→宣水
■0票:桐生→宣水


独身貴族 皇ギ
宣水が処刑。5分のスマホタイム」


1日目終了

2日目へ つづく



スポンサーサイト