ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』3日目

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』3日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 



楽天家じゃなくなった 弥風
宣水の無残な死体が見つかった。能力者に判定を送る。現在11人だ」


美女 万羽
「あら、宣水噛まれちゃったわね。白打ち(※白だと判断)してたから、もったいないわ。
……占い師は全員、第一声で判定お願い。そのあとに斎観の霊能判定ね」

まじない師 克己
東雲を占ったよ。結果は『狼』だった

中間管理職 刹那
右近を占った。結果は『人』だ

サブカル青年 西帝
沙羅さんを占いました。結果は『人』です

酔っ払い 斎観
「霊能判定、らんこちゃんは『人』だったぜ。
村人だったら悪いことしちまったな。……で、宣水様襲撃かあ」

ドクター 此紀
「狩人狙いとは思えないわね。……宣水の投票先は、1日目が右近。2日目が東雲。
……『意見噛み克己真』あるわね。
2連続の黒出しも、偽者ならやりにくい動きだわ」

美少年 桐生
「西帝叔父さんは結局、右近様じゃなくて沙羅さんを占ったんだね。あ、此紀様、『意見噛み』というのは?」

ドクター 此紀
『狼にとって邪魔な意見を持っていたから襲撃した』ってことよ。
もっとも『そう見せるための襲撃』の可能性もあるし、宣水は強弁どころだからね。誰が狼だとしても邪魔だった、という見方もあるんだけど」

チンピラ 東雲
「俺に黒判定? 克己様が偽確定ですね。右近パピは白っぽいんで、そうだと思ってましたが」

原宿ロール 右近
「2連続で黒出しって、ド特攻じゃない。これ、バカ息子の東雲もたぶん白でしょ。アタシを吊ろうとしなかったし」

サブカル青年 西帝
「右近様は、狼だとしてもキツネだとしても、噛みついてきたり手のひらを返したり、よくわからない戦法を取ってきてるから、『素直にそのとき思ったことを言ってる村人』なんだろうと思って、占いから外した。
沙羅さんを占った理由は、ステルス狼……隠れている狼の感じを受けたから。
狼でもキツネでもなかった以上、たぶん沙羅さんは普通に村人だと思う。……言っちゃ悪いけど、狂人や背徳者なら、何も仕事してないよね? せめて霊能者騙りにでも出て、斎観兄貴をボロ雑巾にすべきだろ」

中間管理職 刹那
「だから蘭香は白だと言っただろうが。なのに処刑されるとは、俺の信用度がそこまで低いのか。
……右近は白だったとはいえ、狂人も背徳者もあるのが面倒だな。わりと強弁だから、誘導を行っている可能性がある。だがまあ、投票先などは自然だ。警戒しつつ様子見すべきだろうな」

まじない師 克己
「案の定だね。そのまま『右近―東雲ラインが狼』だったか。
最後の狼は桐生かな? そこまでわかりやすくは動かないかな」

ドクター 此紀
「克己は今日から、西帝と刹那のことも占い対象に入れてもいいわね。
西帝か刹那が狼だった場合、あんた視点、灰にはもう狼がいないことになる。
一番いいのはキツネを探して呪殺することだけど、西帝や刹那がキツネだという可能性も、まあゼロではないから。私は薄いと思うけど」

まじない師 克己
「ああ……。なるほど。ありがとう。助かるよ。どう動いていいのかがわからないから、弁の立つ対抗に遅れを取っていて、申し訳ないね」

ドクター 此紀
「あと豪礼、あんた捨て票やめなさいよ!

荒くれもの 豪礼
「……西帝が偽者だと思った。キツネでもなかろうし、吊りたかった」

チンピラ 東雲
「豪礼様は相変わらずいいなあ。まあ実際は捨て票ですけど、『キツネではなさそうな偽占い師を吊りたい』って、かなり効率的な考えですよ。……しかし、克己様偽から、西帝君偽にお考えが変わりましたか」

荒くれもの 豪礼
「……『皇ギに投票した者の中から吊る』という発言が妥当には思えなかった。
……そして、西帝の投票した蘭香は白だ。……西帝は連日で蘭香に投票している」

サブカル青年 西帝
「時系列が前後してないか? 蘭香さんが白だってわかったのは今日だし、それは結果論だろ。確かに、俺は蘭香さんを狼だと思ってたわけだから、それが外れてたのは悪かったけど」

中間管理職 刹那
「ほお? 皇ギが白だったのも結果論だろうに。お前の主張していた『皇ギに投票した者の中から吊る』という考えは、まさしく結果論者のそれだろう。ダブルスタンダード乙だ」

原宿ロール 右近
ニセ占い師から親子で黒もらったバカ息子東雲ー。
『豪礼が効率的』ってのはどういうこと?」

チンピラ 東雲
ニセ占い師から親子で黒もらったバカ親父右近。
前も桐生君だかに言ったけど、『キツネは処刑よりも呪殺したい』んだよ。
キツネより先に狼が全部吊れたら困る。キツネに勝ちを横取りされるからな。呪殺を見れば、安心して狼を狙いに行ける。
キツネ処刑からの後追い死が出たら、同じく安心できるんだが、『その時点でもう背徳者が死んでた場合』は、後追い死が出ねえから、キツネが死んだことを確認する手段がなくなる。
だから呪殺を見たい。なおかつ、占い師の3人は、確実に狩人じゃねえ。

……だから俺たちは、偽占い師の克己様を吊るべきだな。3COめである以上、ほぼ絶対にキツネじゃねえし。
逆に言うと、右近が克己様に投票してなかったら、俺は右近を怪しむね。狼同士の初手黒囲いを疑う」

グラビアアイドル 沙羅
「? 占い師に投票するのは『捨て票』なのではないか? 東雲や右近も『捨て票』をするのか? それに意味があるのか?」

チンピラ 東雲
「今晩くらいからは違ってくるんすよ。らんこちゃんは4票で吊られたでしょう。克己様から黒出された俺と右近で2票。ここに本物の占い師……どっちというと西帝君寄りかな。が克己様に入れたら3票。こうなってくると、もう『捨て票』じゃないんですよ」

美女 万羽
「……そうなのよね。ぼちぼちランダム処刑になったりするかも。ここは『指定吊り』もアリなんだけど……」

ドクター 此紀
「『指定吊り』っていうのは、確定白……今なら万羽か斎観のどっちかが、『総員こいつに投票しろ!』って号令をかけることよ」

酔っ払い 斎観
「え、俺は無理です。そんな責任負えません」

美女 万羽
「でしょうね。あんたは初参加なんだし。指定吊りするとしたら、あたしが決定を出すわよ。とにかくみんな、話し合ってちょーだいね」

サブカル青年 西帝
「ベストなのは『狼占い師を吊って、斎観兄貴から黒判定が出る』ことなんだよな。まだ狩人は生きてるはず。斎観兄貴が生きてて、霊能判定が見られるうちに、確実に狼占い師を1挙げておきたい」

美少年 桐生
「ああ。確か西帝叔父さんは、対抗の占い師2人を『狼・狂人』で見てるんだったよね。初日は克己様を狂人、刹那様を狼だと思ってたみたいだけど、今はどうなの?」

サブカル青年 西帝
「予想は少し変わった。刹那様は……やっぱり狼だと思うけど。『自分が襲撃される』っていう発想が薄く見えるのと、さっき叩かれた結果論だけど、連日で刹那様は『皇ギ姉さん→沙羅さん』って、白に投票してるから。
克己様の2黒特攻は、どう見るか……難しいところだな。
狂人だとすると『黒出し先が本当に狼だった場合』のリスクヘッジがイマイチな気がする。自分の黒判定のせいで右近様か東雲さんが吊れちゃったら、ご主人様の足を引っ張ったことになるからね。かといって2人のどっちか、あるいは両方が白なら、吊れた時点で霊判定から破綻だ」

まじない師 克己
「右近も東雲も黒だから、どちらが吊れても私は破綻しないよ」

サブカル青年 西帝
「すみませんが、偽者の意見は聞くに値せず、です。
……あるとすれば、克己様が背徳者で、キツネを逆囲いしてる線。もう片方の黒判定はそのカムフラージュと見る。
だから俺は今日、克己様が黒判定を出した2人のうちから、東雲さんを占いたいね。右近様はやっぱり、キツネとしては動きが変だし」

チンピラ 東雲
「おっ? 西帝君は俺を刺しに来るのか。『刹那様=狼』予想ってことは、克己様投票に協力してくれる気はないってことかな?」

サブカル青年 西帝
「克己様が狼の可能性も無くはないし、偽者なのは確実だから、投票してもいいんだけど。やっぱり、霊能者が生きてるうちに刹那様の霊能判定を出したいので」

ドクター 此紀
「西帝は情報重視型よね。判定や投票結果から逆算する形。結果論がどうこうって言うけど、それ自体は別に悪くないと思うわよ。ただ、結果論が密度を上げるのは、情報が増える後半だわ。今の段階ではどうとも言えないわね」

中間管理職 刹那
「西帝の今日の判定は最後だったな。狼や背徳者なら、このあたりで偽黒を打ってきてもよかろう。
となるとおそらく、西帝はご主人様の目星がついていない狂人だ。
俺の最初の白である蘭香は処刑されてしまったし、克己は2連で黒。
狂人の西帝視線、克己が真の可能性もある以上、右近や東雲に2黒は打ちにくかろうから、占いたがっていたはずの右近を外してきたのは納得だ。
ああ、『西帝=キツネ』をほぼ切れるというのは共通見解でよかろう?」

美少年 桐生
西帝叔父さんが狂人で、克己様を真だと思っていた場合、黒を出された右近様か東雲さんに白を打って囲うのが安定なのでは?」

中間管理職 刹那
「対抗の黒に自分の白をかぶせるのは、いかにも囲いくさいだろう。そこで白を出したにも関わらず、右近か東雲が吊られた場合は、確霊なので無意味に破綻するだけだ。後出しでの白囲いは、俺が狂人ならやりたくはないな」

チンピラ 東雲
「……筋が通ってますね。刹那様は単体で堅いんで、決して信用度は低くないんですが。『西帝君を狂人視する根拠』が、刹那様ご自身にもほぼ適用されるのがどうも……。
ただ刹那様が白出したらんこちゃんが、霊能判定で白確定してるんですよね。これはまあ、信用度に多少プラスかな」

サブカル青年 西帝
「白白判定で信用上がる理由がわっかんないんですけど。刹那様が狼なら、そりゃ白に白判定出すでしょう。確霊なんですから。黒出して吊れちゃったら破綻ですよ」

ドクター 此紀
「……『狂人なら後出しでの白囲いをやりたくはない』っていう視座があるなら、まさしく『右近に後出しで白をかぶせた』以上、刹那は非狂めかしらね。そう思わせようとした、という可能性はあるけど」

原宿ロール 右近
「占い師の中でまだしもキツネの可能性があるのは、2COめの刹那じゃない?
刹那吊りはナシよ。狼の可能性があって、キツネはほぼない、偽確定の克己を吊りゃいいと思うわよ」

美少年 桐生
「あれ? 右近様は『刹那様=キツネ』予想ですか? つまり、西帝叔父さんを真だと思っていらっしゃるということですよね」

原宿ロール 右近
「いや。刹那真の可能性も見てるわよ。『西帝にはほぼキツネの可能性はない』っていう起点の話。あの速度でキツネが出るのはちょっとね」

まじない師 克己
「2連続で狼を当てても、ここまで信用されないものか。東雲の誘導が巧みなことや、右近の声が大きいこともあるんだろうけど、私が下手なんだろうね」

グラビアアイドル 沙羅
「私は克己様を真で考えています。声が大きくなくて申し訳ありませんが……。
昨日の東雲はあきらかに蘭香を吊りにかかっていましたし、右近は連日で私に投票しています」

サブカル青年 西帝
「沙羅さん。あなたは俺が占って、白だったことがわかってるんですから、村人なら……狂人や背徳者じゃないなら、あまり迷走しないでください。
東雲さんと右近様が怪しいとして、それで『克己様真』になるのはなぜなんですか? 俺が真でも、『右近様・東雲さん狼』は両立するでしょう」

グラビアアイドル 沙羅
「だから……克己様はきちんと『怪しいところを占いに行っている』んだ。お前の占い先は納得できない。豪礼と私。私は村人だし、豪礼もそうだと思う」

荒くれもの 豪礼
「俺はもう西帝の真を切っている

サブカル青年 西帝
「ちょっと待ってくれよ。それって『自分が占われたのが気に食わない』っていうだけの感情論だろ。
沙羅さんは……たぶん狂人でも背徳者でもないだろうし、父豪礼もまあそうだと思うけど、納得できないね。あんたらの2票で俺が吊られたらどうするんだよ。まだ占いで狼も引けてないのに」

まじない師 克己
「……豪礼と沙羅は村人と見ていいだろうね。
さて、私の仕事はキツネを探すことだけれど……西帝は考えにくいのか。
刹那は、西帝よりはキツネの可能性は高いのかな? けれど、彼くらい弁が立つなら、占い師として矢面に立つ必要もなさそうだ。灰にいて、宣水や此紀のようなポジションについた方が安全なはず。
となると、『皇ギ=背徳者:蘭香=キツネ』のケースでない限り、キツネは桐生か此紀だね。『女ギツネ』の印象があるのは此紀だけれど……」

ドクター 此紀
じゃっかましいわ。しかし、これはいよいよ克己真あるわね。考察の仕方が断然シャープになってきたわ。『思考の伸び』は大きめの真要素よ」

チンピラ 東雲
「……ここに来て克己様真を推してきましたか。つまり、克己様から黒判定もらってる俺が狼だと。やっぱり此紀様は占ってほしいところですね。宣水様も仰っていましたし」

ドクター 此紀
「あんたなんか宣水から投票もらってるじゃない。……あんたがあたしを疑うのは勝手だけど、『2連続で黒出し』って、真占い師以外の誰がどういう理由でやるのか、説明してからになさいよ。克己は3COめ。キツネはほぼない。それ以外については、ケース分けで説明するわよ。

『克己=背徳者』の場合
『右近白の場合』かつ『昨日右近が吊れていた』ら、確霊からの判定で、いきなり破綻。そうなったら占い師は2択になる。真占い師の枠が狭まる……つまり占い師の護衛率が高まるし、それはキツネの呪殺率が上がるということ。これじゃキツネを援護してなさすぎる。むしろ邪魔してるわよ。

『克己=狂人』の場合
初手黒特攻ね。だけど『昨日右近を吊れなかった』時点で、2連で黒を打つべきじゃないわ。
東雲もさっき言ったでしょ。『対抗占い師の票+自分が黒を出した相手の2票』で、自分が吊られる可能性がある。敵を増やすべきじゃないのよ。
狂人は吊られるのが仕事? その通り。だけど『自分が吊られる前に村人を吊るのも仕事』なのよ。

『克己=狼』の場合
狂人の場合と、ほぼ同じことが言えるわ。敵を増やす理由は何?
そもそも『確霊下で狼占い師が初手偽黒』がまず考えにくいわ。いきなり破綻しに行ってるもの。
しかもまさかの2連黒。自分から吊られに行ってるようなもんだわ。狼占い師は適当に白打ってりゃいいのよ。
キツネに次いで、ほぼ切れると思うわ。

よって、私は克己をほぼ真占い師だと見てるわ」

チンピラ 東雲
「うわ、マジで克己様真派になるんですか? 此紀様が黒だとしんどいなあ……。
えーと、『狂人は自分が吊られる前に村人を吊るのも仕事』と仰いましたが、狂人なら霊能判定は白。つまり村視点で真の可能性は残るんで、『自分が吊られた後に村人を吊る』っていう仕事ができる可能性もあるんですよ。そのための2連続黒出しでは? 『仕事』の順番が前後するだけで、克己様が狂人っていうのは普通にあるでしょう」

ドクター 此紀
「反論はそこだけね? では、あんた視点で『克己=狂人』だわ。あんたが吊るべきは狼。今夜は克己に投票するべきじゃないわね」

酔っ払い 斎観
「ダメだ説得力すげえ。もう克己様真でいいんじゃねえの?

サブカル青年 西帝
「は? 待ってよ。此紀様は少なくとも、『克己様=背徳者の場合』で、あきらかによくわからないこと言ってる。
背徳者は狂人以上に特攻し得、破綻し得だろ。背徳者の最大級の仕事は『狼に真占い師を噛ませること』なんだから、バンバン黒打って、狼に『自分は真占い師じゃないよアピール』していいんだよ。
右近様が吊れたら破綻って言うけど、別に破綻しても構わないし、そもそも『右近様が吊れた場合でも、霊判定が出るまでに一晩ある。ここで襲撃が可能』ってことを完全に無視してる言い分だ。全ケースで右近様白前提なのもおかしいだろ」

中間管理職 刹那
克己は『この状況を見込んで、あえて2連続で黒を打ってきた狼』もありえる。
確かに『克己=キツネ』は切ってもよかろう。だが、他の内訳はすべてありえる」

ドクター 此紀
「あら、キツネは切っていいの? 『あえて2連続で黒を打ってきた狼』まで提唱するなら、『あえて3COめに出てきたキツネ』の線も考えてはどう?」

美少年 桐生
「……あ。……確かに……『そういう作戦のキツネ』はあるのか? いえ、此紀様は本気で仰ったわけではないのでしょうが。
……誰もが『克己様はキツネではない』と思っています。そして今、狼の線も薄いとされました。
大勢から見て、『克己様は悪くても狂人か背徳者』ということになっているのです。つまり克己様は、『吊られなくても済む位置』につくことに成功しています」

荒くれもの 豪礼
「…………。……無くはない。少なくとも、狼の可能性と同程度にはある話だろうな」

グラビアアイドル 沙羅
「……いや……苦しいだろう。私はやはり、克己様が真だと思うぞ」

美女 万羽
「此紀の言い分は……一部は納得できるけど、西帝の指摘のほうが正しいと思うわ。
……宣水が噛まれたのは、おそらく『邪魔だったから』。……何が邪魔だったのかしら?」

チンピラ 東雲
「『宣水様は俺と右近に投票してたから邪魔だった=俺と右近が狼克己様が真』と仰いたいんでしょうが、『そう思わせるための襲撃』じゃないんですか? あるいは、シンプルに此紀様が狼。
此紀様の、この克己様推しは異常です。宣水様さえいなくなれば、もう押し勝てると思っているのでは?」

原宿ロール 右近
「それにしちゃあからさますぎる気もするけど。アタシとバカ息子東雲を狼だって言い張るとして、3匹目の狼をどこにターゲッティングするのかは気になるところね」

酔っ払い 斎観
「……なんか全体的に不気味だな。……」

美女 万羽
「……指示を出すわよ。今日は『逆指定吊り』。『全員克己以外に投票しなさい』。『克己に投票したらぶん殴るわよ』。
あと、これは克己を真で決め打ったわけじゃないわ。狼が薄いっていうだけ。まだ刹那と西帝の真も切れない」

楽天家じゃなくなった 弥風
「おい、そろそろ時間だぞ」

美女 万羽
「もう一度言うわ。『克己以外に投票しなさい』。……あんたに言ってんのよ豪礼!

楽天家じゃなくなった 弥風
「オラオラ、さっさと投票しろ」


得票数:名前→投票先

■2票:刹那→西帝
■0票:豪礼→西帝
■2票:此紀→東雲
■0票:万羽→右近
■0票:克己→右近
■0票:斎観→右近
■4票:右近→此紀
■0票:沙羅→右近
■1票:東雲→此紀
■2票:西帝→刹那
■0票:桐生→刹那


楽天家じゃなくなった 弥風
右近処刑。5分間のスマホタイム。狼は相談。で、襲撃先、占い先、護衛先な」


3日目終了

4日目へ つづく



スポンサーサイト