ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第2ゲーム 1日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第2ゲーム 1日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第2ゲーム

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 



楽天家じゃなくなった 弥風
「朝だ。僕の無残な死体が見つかった。全員スマホ置け。現在15人」


お嬢様 蘭香
占い師COです!

中間管理職 刹那
対抗占いCO。今度こそは本当の占い師だ」

ドクター 此紀
「あら刹那、またニセ占い師をやるわけ? さすがに印象悪いんじゃない? 狼なら伏せが安定でしょ。選択肢の狭い狂人か背徳者かしら?
対抗占いCO。
蘭香は狂人か狼の目が高いかしらね」

美女 万羽
「あら、もう占い師が3人出てきた」

酔っ払い 斎観
「お、おお。またロケットスタートですね」

村のインテリ 宣水
「刹那がまた占いCOか。ちなみに西帝や克己からも占いCOはあったりするか?」

サブカル青年 西帝
「いえ、今回は違います。此紀様の仰るとおり、刹那様の占いCOは印象が良くないので、狼なら伏せを選びそうです。刹那様は真・狂人・背徳者目でしょうか」

占い師 克己
「困ったな……。2連続で引いてしまった。対抗占い師COをするよ

村のインテリ 宣水
「お前もまたCOか。4COだと狩人の護衛枠が広い。霊能者は伏せて進行すべきだろうな」

荒くれもの 豪礼
対抗占い師COだ

美少年 桐生
5人目!

チンピラ 東雲
「多いしメンツが濃い」

原宿ロール 右近
「はあ? 内訳どーなってんのコレ? 『狂人背徳者』とか?」

グラビアアイドル 沙羅
「ここまで数が多いと、キツネ含みも無くはないだろう。前回、『キツネは騙りに出ない』という意見が多かったし、残れると踏んだのかも知れん」

サブカル青年 西帝
「あ、ホントに沙羅さん強くなってますね。……占い師はこれで出揃ったかな?」

行き遅れ 皇ギ
「ちょっと展開が早くて理解が追い付かないんだけど」

トップブリーダー 神無
占い師だ

美少年 桐生
6COですか!?

原宿ロール 右近
「はあ!? えーと7縄で……仮に『狂人背徳者キツネ』で6人として?
これ全部吊りきったあと、灰の狼をノーミスで吊らなきゃいけないって話? キツネの勝ち筋は?」

グラビアアイドル 沙羅
「狼が『狂人背徳者』という攻め方をしてきた可能性はないのか?」

チンピラ 東雲
「まさかの全露出作戦ってことですか? 普通はないです。キツネなしのルールなら、なくもない範疇ですが、キツネ入りだとちょっと。狼はほぼキツネに勝てなくなります」

美女 万羽
神無が逆にキツネっていうのはアリよね。6人出たらローラー完遂されるかどうか怪しいし、神無くらい寡黙だと、グレランじゃ残れないでしょうし」

村のインテリ 宣水
「つうか、さすがに村側の騙りが入ってるだろ。作戦失敗だ。解除してくれ」

お嬢様 蘭香
「……そのようですね。すみません。占いCO撤回、共有者COです。相方は……」

中間管理職 刹那
「俺だ。占いCO撤回、共有者CO。相方は蘭香だ。
経験者にはわかっていると思うが、CO数を抑え、うまくすれば『俺・蘭香・真占い師』の3COで、真占い師を確定させたかった。今回の敵陣営にはまったく通用しなかったが

サブカル青年 西帝
「ですよね。それでも4COか。『狂人背徳者』がセオリーですかね。騙れるやつは全部騙ってきた的な」

ドクター 此紀
「もう撤回はなし? 私は撤回しないわよ。偽占い師は『克己・豪礼・神無』……地味に嫌な対抗メンツね。狼2騙りがあるとすれば、LWはグレラン強い位置ってことかしら」

まじない師 克己
「私も撤回はないよ。なるほど、共有者にはそういう作戦もあるのか」

トップブリーダー 神無
占い師ではない。霊能者だ

荒くれもの 豪礼
「……神無はどういうつもりだ。俺は撤回はない」

行き遅れ 皇ギ
「いや、神無ほんとにどういうつもりなの?」

チンピラ 東雲
「おう。神無様、占いから霊にスライドか」

中間管理職 刹那
「……霊能者が占い師の枠に入り、襲撃避けを狙う作戦自体はまあ確立してるっちゃしてるが、襲撃を挟んでいない状態で解除しているため成立していないし、共有者の俺たちが見込んだ『占い師CO数を抑制する』という付随メリットも、6CO目という時点で消えてるよな。よくわからん」

村のインテリ 宣水
対抗霊能COだ

中間管理職 刹那
「おっと……」

美少年 桐生
「ええと、3-2陣形自体は普通ですよね。……この神無様の動きは、真霊能者以外だと、何がありえるんでしょうか」

サブカル青年 西帝
「狂人と背徳者かな。占い師に残ってたほうが生き残れる確率は高かったから、キツネは無し。狼も薄いだろうな。ニセ霊能者なら、これは吊られに来てる」

お嬢様 蘭香
「7縄で3狼1キツネ、人外3露呈ですか……。宣水様のキツネは完全に切れますわね」

美女 万羽
「狼も切って良さそうよ。初日に霊に対抗で出るのって、真じゃなきゃ、狂人か背徳者でしょ」

チンピラ 東雲
「普通、キツネの役職含みは切れるんですが、豪礼様あたりはキツネの可能性も無くはないですよね。占い師5COならローラー完遂はない、と見切ってきたとかで。さっき沙羅さんも言ってましたが」

酔っ払い 斎観
「霊確しなかったってことは、えーと、ライン戦ってやつになるのか? 占い師と霊能者がチームに分かれるやつ」

原宿ロール 右近
「んー、共有トラップ両解除がちょっと痛いわね。ニセ占い師がニセ黒出し放題だわ」

中間管理職 刹那
「それは悪かった。両方が出れば、せめて2COに抑えられるかと思ったんだが」

サブカル青年 西帝
「いえ、ニセ黒はどんどん打ってもらった方が情報になると思いますが。ひよられる方が面倒です」

酔っ払い 斎観
「えーと。宣水様は占い師4COの時点で、霊能者伏せ進行を推奨しておられましたよね。なのに即対抗なさったのは、矛盾してませんか?」

村のインテリ 宣水
「占い師は3人になったろ。それでも偽霊能者が出てこなけりゃ伏せてるつもりもあったが、神無がスライドしてきたからな。狩人が神無鉄板で占い師を食われたら目もあてられねえ。俺は前回、灰襲撃を食らってるから、黙ったまま食われて、結果1COになっちまう神無が妄信される危険もあると思った」

美女 万羽
「ま、そのへんは超もっともね。でも正直、霊能者は真贋判断しんどいと思うわよ。霊ローラー安定だと思うわ」

チンピラ 東雲
「宣水様は偽者でもボロなんか出さないタイプでしょうし、神無様は寡黙ですしね。宣水様はローラーで轢いちまうのはもったいないところですが」

グラビアアイドル 沙羅
「そうだな。宣水は1日生かしておきたい。悪いが、神無を先吊りしたいな」

美少年 桐生
「そうですね……それでよろしいかと思います。ローラーに入るなら情報量の少ない方からで」

トップブリーダー 神無
「異論はない」

村のインテリ 宣水
「確定しなかった霊能者はボロ雑巾だからな。まあ贅沢は言わん。占い師の情報でも増やしておくか。此紀、克己、豪礼。参考までに、俺と神無の正体をどう思ってる?」

ドクター 此紀
「神無が6人目の占いCOを経てから霊能にスライドするのは、キツネや狼では考えにくい動きね。真、あるいは身の軽い狂人か背徳者。宣水は霊伏線を張るのが早かったわね。こっちは『真・狼・狂人・背徳者』全部あるわね。霊対抗って、つまりローラーされに来てるわけだから、キツネだけは切れるわ」

原宿ロール 右近
「キツネは切って、狼切らないのはなんでよ。狼だって『ローラーされに来る』のはおかしくない?」

ドクター 此紀
「人放置狙い、残り狼の誤認狙い、狂人占い師を破綻させずにライン戦に持ち込むこと狙い。ローラー派が少なけりゃライン戦に入るもの。ちなみに『狂人占い師の破綻を防ぎにきた』なら、まず占い師には狼がいないってことになるわね。
ここでローラーされたら、キツネなら即敗北だけど、狼なら『ああ人放置作戦は失敗だ、残った仲間ガンバレ』で済むもの。抱えてるリスクの重さが違うわ」

まじない師 克己
「宣水も神無も、キツネは切れると思うよ。ローラーの順番は『神無→宣水』で良いだろう」

荒くれもの 豪礼
「霊能者なぞローラーすれば同じことだ。……強いて言うなら、神無は真と背徳者の目が高い」

酔っ払い 斎観
「その結論から言う癖、なんとかしてくれ。そのココロは?」

荒くれもの 豪礼
「真のスライドに文句をつける気はない。偽者が占い師の座を捨てる理由は『真占い師襲撃の促進』だ」

チンピラ 東雲
「相変わらずいい目持ってらっしゃいますね。もっと具体的に言うなら『占い師からスライドすることでいちばん得をする偽者』が背徳者ってことですね。……狂人なら真誤認襲撃を受けても、真占い師の信用に傷をつけられるんで、まあ構いませんが、背徳者で襲撃されるとご主人様に痛手ですからね。
キツネにとっての真占い師は、信用度がどうこうなんて関係なく、『ターゲッティングされた時点で死ぬ兵器』ですからね。背徳者なら占い師を降りて、襲撃を真占い師にあてる可能性を上げた方がいいっすね」

美少年 桐生
「背徳者の仕事は『キツネを庇うこと』『占いや処刑を消費すること』そして『真占い師を狼に噛ませること』ということですね。……霊能者の内訳が『背徳者』なら、ローラーせずに放置したいところですが」

ドクター 此紀
「駄目。さっきも言ったけど、宣水には『それ狙いの狼』の目があるわ。ひとりなら石橋を叩くけど、仲間がいれば捨て石にもなる男よ。出てきた理由が『灰襲撃警戒』である以上、自分の発言力もわかってる。霊能者を放置はできないわ」

美女 万羽
「此紀に賛成。狼があるっていうよりも、宣水を妄信しちゃう村人が多いようなら、宣水を先吊りしてもいいと思うわ。『宣水から神無の黒判定が出て、ローラーいったん停止』みたいなことになるかもしれないし」

お嬢様 蘭香
「あら? ローラーを停止することなどあるのですか? 全員を処刑するからこその『ローラー』なのでは?」

中間管理職 刹那
「さまざまな事情で起きうる。……が、今回はよりによって、多弁の横綱と寡黙の横綱が対抗だ。あまり欲をかくべきではないだろう。順番については、俺は神無を先吊りすべきだと思うが」

原宿ロール 右近
「共有者はローラー推奨? トラップ両解除状態で霊ローラーに入ったら、いよいよニセ黒乱舞からの混戦でしょ。ライン戦に誘導してもいいと思うけど?」

サブカル青年 西帝
「俺もラインを見たいですね。神無様の寡黙は、占い師とラインが繋がればカバーされるわけですし。神無様は狼でもキツネでもなさそうですから、霊能者を先吊りするなら宣水様派です」

チンピラ 東雲
「ん? 西帝君は『ローラーしたくない』と『宣水様を先吊り』を同時提唱か? つまり神無様決め打ちを考慮してんの?」

サブカル青年 西帝
「前半は正解で、後半は保留です。神無様に処刑を使うのはもったいないという論旨です。神無様を真で見ているというわけではなく、『神無様に限り、偽者でも放置でいいのでは?』という意味ですね」

村のインテリ 宣水
「悪くねえ視点の持ち主がいるな。……此紀は『神無は狼もキツネも薄い』『俺を放置はできない』と言ってたな。西帝提唱の『神無を放置』についてはどうだ? また、『俺を占う』という対処法についての考えは?」

ドクター 此紀
「冷静な男ね。……神無の放置は考えてもいいと思ってる。あんたを占いで対処するつもりはないわ。占いは第一にキツネ、第二に潜伏狼に使いたいから、悪いけど霊能者保護のためには割けないわね」

美女 万羽
「霊能者吊って、対抗から黒判定出るとめんどくさいのよね、さっきも言ったけど」

中間管理職 刹那
「その面倒を避けるため、ローラーを行うなら『黒判定の出なさそうな方』を先吊りすべきではないのか? 要するに神無だが。お前は宣水を先吊りしたいと言ったな」

美女 万羽
「宣水は中身がなんでも声がでかいし、偽者なら強い誘導かけてくるでしょ。それに惑わされたくないってこと。神無が白濃厚でも、宣水が黒判定出して来たら、神無黒あるかもって考えちゃうでしょ」

酔っ払い 斎観
「万羽様にしては弱気に感じられる発言ですね。誘導に惑わされるタイプではないと見受けておりましたが……」

行き遅れ 皇ギ
「ねえ、わかんないんだけど、なんで霊能者の黒判定がそんなに面倒なの? 残った方が本物なら『狼が吊れた』って朗報だし、残った方が偽者でも『偽者なら嘘の判定も出し放題』っていう、当たり前の話じゃないの?」

中間管理職 刹那
「霊対抗の黒判定が面倒、ということについては……いくつかの理由が重なる。
まず『通常、狼はあまり霊能者を騙らない』という前提により、『霊能対抗への黒判定』はあまり出ない。よって、偽者も出さない。だからこそ黒判定が出た時点で、『これは本当なのではないか?』という考えを呼び、つまり『残っている霊能者が本物で、すでに1狼を始末できた』という結論になる。
こうなると、残った方の霊能者を吊りたくはない、という欲も生まれるものだ。残り狼数の誤認も起きうるので、キツネ処理にも影響してくる。それらの可能性を考慮し続けるのが、ぶっちゃけスゲー面倒くさい」

チンピラ 東雲
「たまに聞く意見ですが、俺はそのへんの嫌悪感情はちょっとわかりませんね。霊能者が対抗に黒判定出してきたら、それこそ情報が増えて美味いと思うんですが。あと『残った方を吊りたくない』って、単に村が希望的観測を妄信して、ラクなほうに流れたいだけじゃないっすか。別に霊能者のせいじゃないでしょ」

美女 万羽
「ていうかね。『残った方の霊能者、ローラー吊り切りされたくなくて必死じゃん』って思っちゃうわけ。しかもまんまと『ローラーを一時停止』って流れになったりしたらサイアクでしょ。一時停止って言いながら、その霊能者の声が大きかったら、結局決め打ちに流れることが多いし」

チンピラ 東雲
「いえ、だから、その流れがわからねえんですよ。『霊能者に狼入り、もしくは先吊りした霊能者が本物だった』っていうオマケ情報に感謝しながら吊りきりゃいいだけでしょうに」

中間管理職 刹那
「個人の言い分としては東雲の方が正しいんだが、俺や万羽は『冷静な村人ばかりではない』という、村進行視点での話をしているわけだ。『霊ローラー中に対抗から黒判定が出たら一時停止』自体は、メジャーな部類の作戦だし、実際に有効なこともある」

ドクター 此紀
「『どうせローラーする霊能者から情報が出てきても、ノイズになる』と判断するタイプもいるってことでしょ。本当に霊能者に狼入りだとしても、それは村が推理すればいいことであって、不確定情報を混ぜたくないんでしょう。こういうタイプは統一占いとかも好きね」

荒くれもの 豪礼
「……万羽は、すでに宣水を偽者だと確信しているような言い方だな」

美女 万羽
「あたしが宣水の偽を確信できるケースって、『宣水とあたしが狼仲間』か、『あたしが背徳者で宣水がキツネ』じゃない。これであたしが宣水を吊ろうとする理由はゼロでしょ」

ドクター 此紀
「ん、……」

サブカル青年 西帝
「…………」

中間管理職 刹那
「……ところで共有者から改めて言っておく。狩人は狼にバレないよう、透けに気を付けるように。指定吊りの際など、必要だと判断すればCOを問うこともあるが、原則としてそれまではCOしないでくれ」

チンピラ 東雲
「基本すね。ローカルルールによって狩人COについての認識はかなり違うみたいですが、共有者の指示には従うべきでしょう」

ドクター 此紀
「グレランだと『狩人っぽいところを外さなきゃ』っていう理由で票がブレるし、霊ローラー安定だと思うわよ。キレイな進行をしたいわね」

お嬢様 蘭香
「ちなみに、グレランをしたい方はどのくらいいらっしゃいますの?」

美少年 桐生
「俺はグレラン派です。霊能者を吊っても無駄になると思うので」

村のインテリ 宣水
「ローラーには『投票情報を封殺』ってデメリットがあるんだよな。票の動きから判断材料を増やすために、グレランもいいと思う。まあローラー対象からの意見だから、聞き流してくれていいが」

サブカル青年 西帝
「グレランでも構いません。神無様は放置した方が得だと思いますし、急いで宣水様を吊らなければいけないとも思いません。……」

美女 万羽
「え? あんたがそれ言うの? あんまりひよるイメージなかったけど。ふーん……」

原宿ロール 右近
「グレランって、むしろイケイケ方針なんじゃないの? ひより作戦はローラーの方でしょ?」

まじない師 克己
「霊能者はローラーすべきだと思うよ。狩人を保護して、さらに狩人の保護枠を狭めた方がいい。まあ、確定していない霊能者を護衛する狩人はいないだろうけれど」

チンピラ 東雲
「霊能者を単体で判断するのは難しくても、占い師とライン繋がりゃあ面白いのか。グレランもなくはないっすね。……ああ、でも豪礼様と神無様とかが繋がっても困るな……」

酔っ払い 斎観
「ローラーでいいと思う。神無様には申し訳ないですが」

トップブリーダー 神無
「構わん」

中間管理職 刹那
「俺が襲撃されたときのために蘭香へ明言しておく。『今夜、霊能者吊りになった場合、必ず残った方の霊能者も吊れ』。ただし、これはローラー完遂を確約しているわけではない。俺が生きていた場合は、また考えを変える場合もある。狼は襲撃先をよく考えることだな」

お嬢様 蘭香
「了解いたしましたわ」

グラビアアイドル 沙羅
「キツネの目星がまったくつかない。占い師には呪殺を頑張ってほしいところだな」

行き遅れ 皇ギ
「あんた、白アピールが変にうまいのよね。あたしが占い師なら沙羅占いだわ」

荒くれもの 豪礼
「占い先はもう決めた。予告はしない」

楽天家じゃなくなった 弥風
「そろそろ時間だ」

中間管理職 刹那
「指定はしない。各自、吊りたいと思うところへ投票を行なうように」


楽天家じゃなくなった 弥風
「投票結果だ」


得票数:名前→投票先

■6票:神無→宣水
■0票:刹那→神無
■0票:豪礼→神無
■6票:宣水→万羽
■0票:此紀→宣水
■2票:万羽→宣水
■0票:克己→神無
■0票:皇ギ→沙羅
■0票:斎観→宣水
■0票:右近→神無
■1票:沙羅→宣水
■0票:東雲→神無
■0票:西帝→宣水
■0票:蘭香→神無
■0票:桐生→万羽


楽天家ではなくなった 弥風
「最多得票数が神無と宣水。サイコロ振って奇数だったから神無処刑な。5分間のスマホタイム」


1日目終了

2日目へ つづく




スポンサーサイト