ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第3ゲーム 0日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第3ゲーム 0日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第3ゲーム
0日目



ドクター 此紀
「もうそろそろ慣れてきたわよね? 『汝は人狼なりや?』第3ゲームを開始するわ」

美女 万羽
「今回は『初日役欠け』とかにしてみちゃう?」

原宿ロール 右近
「いやん、さすがにそれは厳しい。もう一戦くらいは今まで通りのルールでやりたいわ。まだ縄計算とかをギリギリできるかどうか、って感じだもの」

弱い方のメガネ 白威
「……私だけが初参加ですか。……一応、ネットでルールやセオリーは勉強しましたが、短期と長期でかなり性質も違うので、難しいですね」

中間管理職 刹那
「短期と長期の性質違いがわかっている時点で、問題ないレベルだと思うが。ネットではなく対面なので、中期……というか『ワンナイト』に近いな」

弱い方のメガネ 白威
「一応、予習として、ネットの短期戦を3回くらいやってきました」

酔っ払い 斎観
「真面目か」

サブカル青年 西帝
「お互いダテにメガネはかけてませんね、白威さん」

行き遅れ 皇ギ
「あんたそのギャグ気に入ってるみたいだけど、誰にもウケてないからね」

荒くれもの 豪礼
「……そもそも初心者が多い。問題なかろう」

村のインテリ 宣水
「俺もぼちぼち慣れてきたが、まだ知らんセオリーみたいなもんがたくさんあるらしいな」

ドクター 此紀
「? あんたは元から慣れてるでしょ?」

村のインテリ 宣水
「いや、第1ゲームが初参加だが」

美女 万羽
初参加騙り!!!!!!

中間管理職 刹那
お前のような初参加者がいるか!!!!!!

村のインテリ 宣水
「? 雑誌か何かでリプレイを見て、ふーんと思ったことはあるが。それには『背徳者』って役職は出てこなかったな。細かいルールも少し違ったはずだ。初回のスマホタイムで、セオリーなんかには目を通したぞ」

ドクター 此紀
「ああ、けどまあ……考えてみれば確かに、あんたこういうゲームやるタイプでもないわよね」

サブカル青年 西帝
「もうオリジナル役職で『宣水様』設けませんか? 宣水様を論破できたら勝ちっていう」

荒くれもの 豪礼
「…………誰が勝てるんだ」

チンピラ 東雲
「此紀様に西帝君と万羽様を搭載すればワンチャンくらいあるのでは」

サブカル青年 西帝
「インテルみたいな言い方しないでください」

楽天家 弥風
だからお前らは宣水にビビりすぎだっつってんだろ

中間管理職 刹那
一族のMAGIシステム2つめが来た……」

ドクター 此紀
「3つめは誰よ」

中間管理職 刹那
「まあ、そこはお前だろうが」

美少年 桐生
「あの、すみません、また質問があるのですが。
前回聞いた、狼の『LWCO』というのは、『本当はLWではなくてもやる』し、『本当はキツネが死んでいることをわかっていてもやる』作戦ですよね?」

村のインテリ 宣水
「当たり前の話だな。LWが吊られそうならば、LWCOはやり得だ。村が『キツネ生存中』と信じてくれたら、少なくとも即敗北は回避される。
『実際はキツネが死んでいるのに、生きていると信じさせる』のは、かなり難しいと思うが」

中間管理職 刹那
「その通りだ。だから……まさしく前回も桐生が言ったように、『LWCO』は『狐盾』を狼が発動してくるようなものだ。成立条件は厳しい。村人とて馬鹿正直に真に受けるわけではないからな」

ドクター 此紀
「腹が真っ黒な狼は、『狼2+人3』の状態で、『村人をキツネだと言い張ってLWCO』してきたりするわよ。『嘘告発+嘘LWCO』のコンボね。
ここで村人がアホ面して『そっかーあいつはキツネかー』とか言って村人を吊ると、もちろん『狼2+人2』で狼大勝利よ」

村のインテリ 宣水
「視点を変えると、『狼1+人3』で、吊られそうな村人がウソのLWCOをするという作戦も有効だな。狼と同じで、『自分が吊られたら、GJが出ない限り必ず負ける』わけだから。
特に狩人は、吊られそうなら必ず行うべきだ。ここで吊り逃れをしないと、確実にGJが起きえず、村が負ける。
この日に本物の狼を吊り逃したとしても、GJが出て、翌日『村人狩人』になった時点で、『自分は本当は狩人で、勝ち筋を繋ぐためにウソのLWCOをした』と告白すればいい。もちろん狼も対抗狩人COをしてくるわけだが」

美少年 桐生
「そのくらいなら、4人の時点で狩人はもう『狩人CO』をしてしまえばいいのでは……ああダメですね。吊り逃れたとしても狼を当てないと噛まれるので、結局はGJが出ずに負けます。『GJ』を主軸にするなら、これは違う話ですね。忘れてください」

中間管理職 刹那
「その通りだ。『狩人は必ずLWCOを行うべき』かどうかは……その状況だと、狩人が吊り逃れないと敗北決定なので……まあ、行うべき、かな。そのあたりは意見が分かれるんだが」

グラビアアイドル 沙羅
「……ん。つまり、『狂人』も行う作戦ということだな。たとえば『狼1狂人1村人3』。ここで狂人がLWCO。占い判定や推理により、狂人が狼を特定できている場合、『村人をキツネ呼ばわりして吊るせる』。
翌日は『狂人村人』で狼がPP勝利だ。狼が狂人を『キツネ誤認』で噛まなければ、だが。
……もっとも噛んだとしても、本物のLWは露呈していない。『狼1村人2』で普通の最終日となる」

サブカル青年 西帝
「沙羅さん、伸びがめちゃめちゃ早いな。そうです。ほぼ同じ理論で『キツネや背徳者もLWCOをします』。『キツネの吊り逃れLWCO』については、前回に刹那様が説明されましたね」

美少年 桐生
「うん、覚えてる。ていうか、『キツネは吊られたら負けだから、どんな吊り逃れでもする』っていうのは簡単な話だよね。けど、背徳者がLWCOして、メリットを生む状況は……ええと」

中間管理職 刹那
「一番わかりやすい内訳で説明するか。
たとえば『狼1+人2+背徳者キツネ』で、背徳者がLWCO
まあこの時点でキツネ陣営は『キツネ以外の誰が吊れてもほぼ勝ち』なのだが、狼と人の全員がキツネに3票を集めた場合は負ける。それを避けるために打つ一手だな」

美少年 桐生
「ええと、村人視点、ここでのLWCOは……『本当だとしたらキツネ生存中』。
で、『ウソだとしたら』……あ、というか当たり前ですが、狼からすると、『ウソのLWCO』ということが見えていますね。狼目線、このLWCOをしたやつは『キツネ』に見えるのか。村人はそこまで必死に吊り逃れをする段階じゃないし」

中間管理職 刹那
「そうだ。ゆえに、ここで背徳者がLWCOをするのは『本物のLWをキツネ扱いして吊るため』、もしくは『キツネのふりをして自分が吊られるため』だ。お前が言ったように、後者によって狼の票も操作できる。

繰り返すがキツネ陣営は『とにかくキツネ以外なら、誰が処刑されてもいい』のだから。狼を吊れたら狼全滅で即勝利。人か背徳者が吊られたら、残り生存者4。
ここで狼がキツネ以外の誰かを噛めば、『狼1+人1+キツネ』となり、やはりキツネ勝利
さらに、別にキツネが噛まれても、『狼1+人2+キツネ』のまま最終日に入るだけだな」

美少年 桐生
「…………。ああ! わかりました。この背徳者のLWCOは、『LWのふり』だけじゃなくて、『LWのふりをするキツネのふり』も兼ねている、ということですか!」

酔っ払い 斎観
「ヒュー」

お嬢様 蘭香
「ば、化かし合いの要素が煮詰まっておりますわね……」

中間管理職 刹那
「LWCOは『狼陣営キツネ陣営村人陣営』の、誰でも行いうる。だから、LWCOが起きた時は冷静になるべきだな。ダメ妄信、ダメ思考停止、だ」

酔っ払い 斎観
「LWCOについては……『全陣営がやる』ってことはわかりました。
俺も結構調べたんですが、引き分けなしなら、『キツネCO』は……たぶん起きない? ですよね? 露呈したキツネは必ず殺されるわけですから」

村のインテリ 宣水
「ん? 『LWCO』とほぼ同じ理論で起きるだろ。起きうる状況はかなり限定されるが」

ドクター 此紀
「その通り。起きなくはないわ。
狼2+人3+キツネ』で、キツネCO『狼は2匹残っている、ここで自分を吊ると狼勝利になるぞ』と言うわけね。『狐盾』の中身をすげ替えただけだから、『狼盾』と呼べるわね」

お嬢様 蘭香
「? 『狼は、残り狼数を把握している』のは、当然わかるのですが……キツネが残り狼数を確信する方法は……ああ、確霊下なら可能ですわね」

サブカル青年 西帝
「他にも方法はあるよ。たとえば占い師が2COで、『死者のうち2人に黒判定を出している占い師』と、『生存者のうち2人に黒判定を出している占い師』なんかがいたとする。
キツネが前者に占われている場合、呪殺されていない時点で前者が偽者。つまり後者の占い師の判定が正しくて、キツネ視点『生存者に狼が2匹いる』ということが確定する」

美少年 桐生
「あ、それはそうだ。キツネは『自分を占って呪殺を出してない』っていう時点で、ニセ占い師の特定が可能だね」

ドクター 此紀
「そうよ。……話を戻すわ。

狼2+人3+キツネ』、ここでキツネCOが起きたとする。
ここでキツネを処刑すると、翌日はGJが出ない限り『狼2+人2』で狼勝利になってしまう。
だからキツネの主張する『2狼生存』を信じる場合、村はキツネをキープせざるを得ない。
ここで人を吊ると、『狼2+人2+キツネ』で、狼勝利からのキツネ勝利

ただし、人ではなく『狼を吊れたなら』、この時点で『狼1+人2+キツネ』になる。そして、狼がここで人を噛むと、『狼1+人1+キツネ』になり、結局は狼勝利からのキツネ勝利
だから、狼がここで噛むのは、必ずキツネ。これで最終日を『狼1+人2+キツネ』に持ち越せる。
狼はキツネを吊れば人を噛んで『狼1+人1』で勝利。キツネは狼を吊れば勝利

酔っ払い 斎観
「はい? ……それ狼勝利になるかキツネ勝利になるかって話で、どのみち村は勝てないじゃないっすか。どうせ負け試合が決まってるなら、キツネCOの時点でキツネ吊って狼勝利にしたら、早く終わるだけいいのでは? ……俺が何か勘違いしてますか?」

ドクター 此紀
「いえ、ほぼ『狼勝利キツネ勝利かの二択』で合ってるわよ。
けど、例によって、GJが出れば村勝利もワンチャンある……というか、この場合のGJチャンスは『キツネCOのあった翌朝』と『翌々朝』で2回だから、ツーチャンあるのよ。

キツネCOから狼吊ってGJで『狼1狩人1+人2+キツネ』で、キツネ吊って『狼1狩人+人』で狼吊って村勝利よ。

『GJ』という希望がチラつく以上、村は『キツネCOからの、キツネキープ』を選択肢に入れなければいけない。ここでキツネを吊ると、確実に狼に負けてしまうのだから」

グラビアアイドル 沙羅
「……『狼がウソのキツネCOをした場合』は……ああ、これも有効だ。キツネが生存中ならばキツネを吊り、そうでなければ人を吊り、人を噛んで狼勝利
なるほど。宣水の言ったように、『LWCO』と同じ意図で起きうるな」

チンピラ 東雲
「引き分けなしのルールなんで、LWCOとかキツネCOとか起きると、まあ絶望感が濃いですが。引き分けありのルールなら、わりと気軽に全陣営が採用する進行ですね」

中間管理職 刹那
「そうだな。まあ村が『狐盾』という極悪戦法を用いる以上、狼やキツネが同じことをしてきても、文句を言えるはずもない」

行き遅れ 皇ギ
「っていうか、なんか基本的に全部GJ頼みじゃない?」

中間管理職 刹那
「『狐盾』はどの陣営が発動するにせよ、『村が敗色濃厚』な状況でしか起きえないので、もうそこに賭けるしかないんだ。『全陣営、勝ちを諦めない』という前提なら、どんなに細い勝ち筋でも、それを捨てることはできないからな。
前回も説明したが、『完全な狐盾の条件に、狩人の確実な死亡が含まれる』のは、つまりそういうことだ」

サブカル青年 西帝
「『どんなに細い勝ち筋でも捨てない』なら、たとえ1COの確定占い師が襲撃死していたとしても、『狩人は生きているかもしれない……そうなら類を見ないクソ狩人だが……それでも生きているかもしれない!』と望みを託すべき、ということですね。しかしこれを言い始めると、実質『狩人の確実な死亡』は確認不能ですよね」

中間管理職 刹那
「センシティブな部分だな。つまり『完全な狐盾』は成立しえず、『99%の狐盾』で手を打ってくれ、ということになる。投了を禁止するわけではないが……本気で遊ぶからこそ、ゲームは面白い。なるべく全陣営、最後まで頑張ってほしいところだ」

ドクター 此紀
「そのあたりは好みもあるけどね。『道理を外れて勝ち汚い』のはどうかと思うし。最初の『狐盾』の説明のときに想定した、『人柱をチラつかせておいて、狼柱が出なかったら人柱吊りを撤回』っていうケースとか、私は好きじゃないわ」

チンピラ 東雲
「そもそも『狐盾が嫌い』ってプレイヤーとかも結構いますよね」

美女 万羽
「『村陣営が何かを騙るのは禁止』っていうルールのところもあるわよね。あたしはこれよくわかんない。宣水が言ったけど、『4人の日に吊られる狩人』は、村のためにはLWCOしなきゃいけないでしょ?」

サブカル青年 西帝
「いえ正直、俺も村側の騙りってあんまり好きじゃないですね。一気にパターンが増えるので、煩雑というか、ゲームなのに『面白さを犠牲にして、勝利のためにしんどい思いする』という感じになりがちというか」

チンピラ 東雲
「そのへんはどうなんだろうなあ。狼陣営もキツネ陣営も、勝利のためには何でもするのに、村陣営だけ行動が制限されるってのも変な気がするし」

村のインテリ 宣水
「罪人はあらゆることを行うが、聖者であるためには厳正さが必要、って話かも知れんな」

ドクター 此紀
「ああ、それしっくり来るわ。『村騙り禁止』のルールは、そういう解釈をすると飲み込みやすいわね。もっとも実際は、『下手に村騙りをやられると、内訳がゴチャゴチャになって崩壊する可能性がある』から嫌われるんでしょうけど」

中間管理職 刹那
「俺のハウスルールでは村騙り大解放だがな」

行き遅れ 皇ギ
「『村騙り禁止』だと、『村人が狩人のふりをして、狩人のかわりに噛まれる』みたいな戦法もダメってことになるの?」

サブカル青年 西帝
「そのあたりもジャッジが難しいからなあ……。刹那様は『禁止したところでやるやつはやつから、そもそも禁止事項をあまり設けない』というタイプのゲームマスターですが、本当にそうなんですよね」

グラビアアイドル 沙羅
「『投票を遺言に使うことの可否』なども論じられるようだな。過去のゲームからするに、刹那はこれも大解放しているようだが」

中間管理職 刹那
「西帝の言う理由で、俺はあまり禁止事項を設けない。先ほども言ったように、まあ投了も禁止はしていない。4人の日に狩人が黙したまま吊られて敗北、ということを選んでも、別に責めるプレイヤーはいないだろう。万羽や宣水は『LWCOしろよ』と思うだろうが、このあたりはプレイヤーの考え方の問題だからな」

お嬢様 蘭香
「『そこで狩人は必ずLWCOすべき』と考えるプレイヤーでおられるのに、『聖者は厳正であるために村騙りをしてはならない』という解釈も併せてスッと出てくるのが、宣水様の怖さという気がいたしますわね」

美女 万羽
「そのへん、怖いと思うか、懐が広いと思うかは、こっちの心の鏡っていう気がするけど」

弱い方のメガネ 白威
「ああ、今の一言だけで、万羽様のことも侮ってはいけないということがわかりました……。心してかかります」

酔っ払い 斎観
「ゲームなんだからそんなに構えんでも。……とも言えないのがこのゲームなんだが」

楽天家 弥風
「もういいだろ、ルールも前回と同じなんだから。さっさと始めろ。配役を送る。ゲーム開始。5分のスマホタイム」


0日目終了

1日目へ つづく




スポンサーサイト