ゆるおに 『汝は人狼なりや? 鬼だけど』5日目
FC2ブログ

【メニュー】



『汝は人狼なりや? 鬼だけど』5日目
『汝は人狼なりや? 鬼だけど』第3ゲーム

0日目 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目  



楽天家じゃなくなった 弥風
「朝だ。豪礼の無残な死体が見つかった。現在6人」


ドクター 此紀
豪礼占って『人』よ。
いやー噛み合わされたわー残念だわーまさかここが噛まれるとはねー」

美女 万羽
ハイ白威は『人』よ。
つまり此紀狼確定、蘭香白確定、宣水真確定、右近狼確定、西帝狩人確定、村勝利確定

ドクター 此紀
「あらまあ」

お嬢様 蘭香
「あらまあ……。ですが、かなり健闘なさいましたね。お疲れ様でした」

原宿ロール 右近
「は? ……いやちょっと待って? 万羽、ここで判定騙りして意味ある?」

美女 万羽
「……撤回はないわ。キツネ陣営は死亡。白威は『人』。襲撃死した宣水も『人』。つまり此紀は『狼』。
此紀は偽者。白威は破綻。唯一残った宣水が、あんたに黒を出してる。可哀想だけど、黒確定よ」

サブカル青年 西帝
「…………? ……なぜ此紀様と右近様は、此紀様の黒を確定させに……『蘭香さんの白を確定させに』来たのですか?
残り2縄、狂人死亡。村は此紀様と右近様をきっちり吊りきれます。どうせ負け確定なら、ワンチャン万羽様を襲撃に来るべきだったでしょう。
そうすれば右近様は吊られても、あした『此紀様真蘭香さん狼』を主張して、けして分の悪くないランに入れました。そりゃ万羽様のことは俺が護衛していますが。しかし、なんで最初から諦めて、父豪礼を襲撃したんですか?」

ドクター 此紀
「なぜかしらね?」

酔っ払い 斎観
「? ……???」

原宿ロール 右近
「ちょっと待ってよ! アタシは狼じゃないわ! は!? ……白威真!? ……あれは視点漏れじゃなくて、ケアレスミス!?」

サブカル青年 西帝
「えっその方向から来るのか」

美女 万羽
「ああ……。『厳密には白威は破綻してない』って突き方をするつもりで、この襲撃ってことね。……確かに白威は、判定や内訳が破綻してたわけじゃない。いや『自分の黒が狩人』っていう前提で話してたから、限りなく判定も内訳も破綻してたけど。……初心者特有のケアレスミスの可能性も、まあなくはなかった。それで破綻を宣言した豪礼を襲撃。……」

サブカル青年 西帝
「? ……ああ、つまり右近様は『蘭香さんとのラン』じゃなくて、『俺とのラン』を選んだということですか。……わざわざ? …………あ、いや、蘭香さんは『白威さんケアレスミス』の可能性を考慮してた唯一の生存者か。敵対するより、味方につければ……俺吊りに3票確保できますね」

お嬢様 蘭香
「ヒェッ」

酔っ払い 斎観
「え? らんこちゃん説得ゲー?」

お嬢様 蘭香
「ええっ!!」

ドクター 此紀
「まさか真占い師が口を滑らせて破綻(?)するとはね。ラッキーだったわね西帝。このまま勝てそうよ」

サブカル青年 西帝
「はあ……。まあ……俺は確実に万羽様を護衛してますからね。蘭香さんを説得する方がまだしも勝率が高い、ということですか」

ドクター 此紀
「さあ、ファイト出して蘭香を説得なさい右近。ジャマな豪礼は消せたし、斎観も白威には甘いから、なんとか『あれは破綻じゃなくて真のミス!』って説得できるんじゃない?」

原宿ロール 右近
「ちょ、……ぬあああ。ムカつく、ムカつくわこいつら! 作戦がなんか、なんとなくいやらしい!!」

サブカル青年 西帝
「こちらの台詞ですが……。いやらしいというよりも、かなり狡猾に来ましたね。『蘭香さんを味方にできれば3票』って、その発想はなかったですよ」

酔っ払い 斎観
「これ、どっちかがしらばっくれてるんですよね!? 怖え!」

美女 万羽
「『豪礼を襲撃すればイケる』って、随分ナメられてるわね。……。……白威のあれがケアレスミスだった可能性。…………。……ん~~~……」

サブカル青年 西帝
「……きのうが宣水様襲撃、今日が父豪礼襲撃だった時点で、『狼が狩人生存を確信していること』は、さすがに全視点で見えていると思いますが……」

美女 万羽
「…………。というか。占い師を襲撃するにしても、『白威じゃなくて、宣水を選んだ理由』を考えるべきね。

『此紀―右近』ラインが狼なら。
宣水は『メッチャ強い真占い師』だったから襲撃。スーパー普通の襲撃だけど、……此紀にしては素直過ぎるっていうか、論戦を諦めるのが早い感じはする。そうそう簡単に対抗に膝をつくタイプじゃない。……まあ性格要素だけど。

『此紀―西帝』ラインが狼なら。
宣水は『完璧な援護をしてくれる狂人』だったのに襲撃した。普通はしない。普通ありえない。『だからこそ逆に』を狙ったとしても……そんなのちょびっとした印象稼ぎに過ぎないわ。『宣水本体』を失ってまで得るようなもんじゃない。ただ、此紀はあまのじゃく。……此紀の性格要素だけを見るなら、こっちの方が考えられる、かも」

サブカル青年 西帝
「こ、『此紀様はあまのじゃく』というだけの性格要素で、道連れで狼扱いされてはたまらないのですが」

原宿ロール 右近
「……『今日の襲撃が万羽じゃなかった=蘭香を白確定させた理由』は、……『万羽が襲撃死しちゃうと、西帝が偽狩人だとバレるから』なんじゃないの? ……あれ? ……これ正解なんじゃない?」

酔っ払い 斎観
「ああ。……あー。いや。でも、その考え方は、なんか回りくどすぎるというか……。『らんこちゃんを味方にしたかったから』で充分わかると思いますが」

美女 万羽
「でも、一理はあるわね。あたしが襲撃死したら、西帝はかなり偽目になる。豪礼はまあ……『白威=破綻』を曲げなかったと思うけど」

お嬢様 蘭香
「万羽様が襲撃死ということは、豪礼様が生存ということですから……。……あら? ……『豪礼様は白威さんの破綻を曲げない』のなら、『西帝さんが偽目になってしまうので、万羽様を襲撃しない』という論が、そもそも成立しなくなるのでは? 万羽様が襲撃死しても、豪礼様に『西帝さんは真狩人で決め打つ』と宣言されていたのですから……ちょっとこの生存者のメンツでは、異論を唱えられるとは思えません」

酔っ払い 斎観
「そう思う。まあ、狼がそこをどう思ったかはわからんけども。『万羽様が襲撃死してたら、豪礼パピも考えを改めるかもしれない』と考えたんなら、まあ」

サブカル青年 西帝
「そこで考えを改める男が、きのう白威さんに吊り指定かけるか? ケア吊り安全策がある日だったのに」

美女 万羽
「……ん~~~~~。……3日目の投票で、此紀と右近は宣水に。西帝は刹那に投票してるわけだけど。……ん~~~~。2日目は、此紀と右近が刹那に。西帝は桐生に投票してるわけね」

原宿ロール 右近
「2日目の2択ランで、2狼そろって仲間の狼に投票しないわよ!」

サブカル青年 西帝
「確霊ですし、今回の刹那様はどう見ても、切らればっちこいでした。そもそも、きのう宣水様を襲撃した時点で、『最後の狼になるのは此紀様』という作戦を立てていたわけでしょう。右近様のことさえ切っています。つまり『騙り役がブレインでLW』という陣形で、他の2人は控えのようなものです。今回、刹那様が出力を抑えていたのは、此紀様の足を引っ張らないためだったのかと」

お嬢様 蘭香
「あ、でも、そこは多少ブーメランなのでは……。宣水様が『今回の西帝さんは出力抑えめ』とおっしゃっておりましたわ。『此紀様の控え』、西帝さんもバッチリ該当です」

サブカル青年 西帝
「狩人だから控えてたんですよ。前回、狼からバチバチに狙い撃ちされたので」

お嬢様 蘭香
「いえ、わかるのですが。『狩人の身のひそめ方と、人外の身のひそめ方は似る』……第1ゲームでの刹那おじいさまの言葉ですわ。どちらでも納得できる、という話です」

ドクター 此紀
「控え? 違うわ。『狩人COの伏線』よ。狩人COをするのは刹那と西帝のどちらでもよかった。『沙羅は参加者中、もっとも非狩人目』? 最高の強誘導よ宣水! あれはどう見ても『狩人の非狩人アピール』! 沙羅が狩人と読んだ! 大正解だったわね西帝!」

サブカル青年 西帝
「ああ、狼のノイズなのに、つい『なるほど、刹那様は狩人COをする予定だったのかな? 宣水様に潰されたけどな』と納得してしまう……」

原宿ロール 右近
「狼がうっさいわね! ……でも確かに納得しちゃうわ悔しいけど! なるほど、やっぱり狩人ピンポイント抜き狙ってて、それで西帝は狩人を乗っ取れたってわけね!?」

酔っ払い 斎観
「その場合、次の日の皇ギ姉貴襲撃が不可解なんですが……。そこまで『沙羅ぴっぴ=狩人』を確信してたんなら、あの灰襲撃いらんでしょう」

美女 万羽
「だから確定狼のノイズ聞くのやめなさいよ」

ドクター 此紀
「形勢不利なのかしら右近? あんたたち、ちょっと考えてみなさいよ。
ねえ、白威が破綻したとされる根拠は何? そう、『狩人生存中』という視点漏れ(と見受けられるもの)をしてしまったから!
あらでもちょっと待って? 『白威の霊判定は人』だったんでしょ? つまり、偽者だとしても狂人。これはおかしいわ? 白威視点、『西帝が真狩人か狼か』はわからないんだもの! 『視点漏れ』が成立しない!
つまり白威が狼ではなかった時点で、あれは『視点漏れではなく、ケアレスミスだったことが確定』なのよ! もちろん、真占い師のミスか、狂人のミスかはわからないけどね?」

美女 万羽
「…………!」

お嬢様 蘭香
「万羽様……。バッチリ聞いていらっしゃいます……」

酔っ払い 斎観
「狂人視点、1COの狩人見たら、真だと思うんじゃないですかね。『視点漏れ』成立する気がしますが」

ドクター 此紀
「あら論破されたわ! ゴメンね右近! 宣水が真確定しちゃったわ!」

原宿ロール 右近
「ウッザい……。鉄くらい堅かったくせに、狼確定した途端、紙くらいの強度で、まったくいらねえ援護してくる……」

ドクター 此紀
「不公平は共産主義に反するから、西帝の擁護もしてあげるわ! 宣水は強い? 客観的? それはね、あいつにアジテーションの才能があるっていうだけ! 前述の『沙羅の行動の強解釈』しかり、冷静に聞くと、『それはお前の故意解釈だろ』っていうことも、平然と『客観目線』みたいな顔して言ってるわよ!
ちなみにこういう時、『恣意』という言葉が使われがちだけど、『恣意』は『気まぐれ』という意味よ! たぶん『強いる』に音が通ずるから、このニュアンスでの誤用が広まっているものと解釈しているわ!」

サブカル青年 西帝
「豆知識劇場おっぱじめてきた……。うるせえ……。あと宣水様落としって、此紀様はもう狼確定してるのに、何がどう俺を擁護してるんですか……」

美女 万羽
「まあ……狼劇場は、確定黒の特権だから、ほっときましょう。……あと、沙羅はそんなに馬鹿じゃないわよ。あの行動と理由説明は、完っ全に『襲撃柱』。狩人はあれをやるべきじゃないわ」

お嬢様 蘭香
「ですが……その場合、死者の狩人候補は『桐生さんか皇ギ様』のみ。桐生さんが狩人だったとは思えませんし、これはほぼ『西帝さん=真狩人』を示すと思うのですが……」

原宿ロール 右近
「だっから、白威も言ってたでしょうが! 『狼は狩人狙って抜いてくる』のよ!」

お嬢様 蘭香
「ですから。当時も申しましたように、『それならば沙羅さんを襲撃するのがおかしい』のでは? 右近様の主張と、襲撃筋は噛み合っていません」

酔っ払い 斎観
「西帝が狼だとしても、『真狩人が死んでたのはラッキーハプニングで、対抗が出てきても対応できた』と思うんだが、らんこちゃんが言ってるのはそういうことじゃねえんだよな? 『あの時点で真狩人が死んでたってのは超低確率』って話だよな」

お嬢様 蘭香
「そうです。……『狩人目狙い襲撃』が続いていたのならわかりますが、ただの2回きり、しかも片方は『襲撃柱』の沙羅さんです」

原宿ロール 右近
「桐生か皇ギが狩人だった。そうとしか言えないわよ。……沙羅を襲撃したのは、『白威真なら味方になる』って公言してたからじゃないの?」

美女 万羽
『此紀―西帝』ラインが狼の場合、『狂人の宣水が西帝を完璧にバックアップしすぎてる』っていうエラーもあるのよ。実質、西帝を狩人に仕立てたのはあいつみたいなもんじゃない」

サブカル青年 西帝
「あれは……俺も驚きました。俺が狩人だということを、ほぼ確信していましたよね。……出るにしてもあの日ではないと考えていたのですが。指定ランに名前が挙がったのと、宣水様の説明に納得したので、COしました」

酔っ払い 斎観
「あれは宣水様が占い師でも狂人でも、どっちみち超眼力って話ですからね。真贋要素としてはイマイチ機能しねえ気もしますが。あの時点で実質、西帝は白威の黒でしたしね」

お嬢様 蘭香
「ですが宣水様が狂人ならば、此紀様と白威さんの真贋を見分ける手段をお持ちではありません。……『宣水様補正』をかければ……まあ……あれですけれども……」

ドクター 此紀
「あれは私たちも驚いたわよねえ西帝? 宣水はあの時点で『狩人死亡』を見抜いてたのかしら? 私たちは自信がなかったから、まだ様子見をしていようと思ったんだけれども。真狩人は誰だったのかしら。『克己―東雲:キツネ陣営』が共通認識になってるようだけど、案外、克己がキツネ、沙羅が背徳者、東雲が狩人だったりしてね」

サブカル青年 西帝
「ノイズを承知で聞きますが、皇ギ姉さんを襲撃した理由は何だったんですか」

ドクター 此紀
「8月生まれだから」

サブカル青年 西帝
「無駄な声を発してしまいました。カロリーを損しました。姉さん11月生まれだし

美女 万羽
「狼ノイズを聞くなっちゅうの。……とりあえず、今日は当たり前だけど、此紀を指定吊り。
……GJが出たら宣水真=西帝狩人確定。西帝、頑張りなさいよね。右近以外の全員が護衛対象よ」

サブカル青年 西帝
「はい。……これまでの襲撃筋が気持ち悪いのですが。……なんとしても当てたいところです」

原宿ロール 右近
「出ないわよGJは! せいぜい3択を外した言い訳を考えるといいわ」

酔っ払い 斎観
「……万羽様が当時言ってたように、西帝が狼で狩人CO。らんこちゃんが真狩人で、これに対抗してたら、宣水様は破綻だったんだよな。……宣水様は、いちはやく灰の内訳を確定させてきたからだ。……普通、狂人はこれを避ける。『灰狼2のうち、1人を黒囲いして、1人を狩人扱いする』って、こんな完璧なバランス感覚の狂人がいるか?」

お嬢様 蘭香
「…………。……。……『たまたま完璧になってしまった』、……とか」

美女 万羽
「……。……! ……たとえば。斎観の言った、あの……『西帝が狼で、蘭香が対抗したら、宣水が破綻してた』場面。……あれは……『別に破綻してもいい』と思ってた? 宣水が破綻したところで、まだ狼占い師がいる! ……狼占い師は内訳を知ってる。破綻エラーは起こさない!」

ドクター 此紀
「そうなんでしょうよ。狂人だからこそ、あそこで西帝をブチ当てた。見抜いてたわけじゃないと思うわよ。『西帝が真狩人なら、炙って噛ませるため』。『西帝が狼なら、狩人に仕立て上げるため』。そして『西帝が素村なら、灰の反応を見て、やっぱり狩人を炙るため』。3COの狂人占い師は、自分の破綻なんかまったく怖くないのよ。せいぜい右近が白確定するくらい。私のグレーは『右近以外の全員』! 私は誰でも狼に仕立て上げることができた! 本当は翌日、西帝をSGにする予定だったのよ。宣水が狩人COなんか煽るもんだから、予定が崩れたけどね」

お嬢様 蘭香
「真占い師が不在になっています、此紀様……」

サブカル青年 西帝
「狼ノイズ本気でひどいな。……さすがに、宣水様の動き方の正確さを『偶然』と『スペック』で片付けるのは無理があります。『真占い師だから』でしかありえません。惑わされないでください」

美女 万羽
「とにかく……時間よ。……此紀に投票。西帝、真狩人ならGJよろしくね」


楽天家じゃなくなった 弥風
「投票結果」


得票数:名前→投票先

■5票:此紀→万羽
■1票:万羽→此紀
■0票:斎観→此紀
■0票:右近→此紀
■0票:西帝→此紀
■0票:蘭香→此紀


楽天家じゃなくなった 弥風
此紀処刑。5分間のスマホタイムだ」


5日目終了

6日目へ つづく




スポンサーサイト